FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留袖再び

 次女の結婚式がありました。ジューンブライドです。二年前の長女のときと同様、半年前に入籍を済ませ、とっくに新生活を始めているのですけれど。

2018_Img_0413.jpg

 場所は、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル。グリーンと自然光たっぷりの素敵なチャペルでした。牧師さんが西洋人なのはお約束(笑)。

2018_Img_7906.jpg
ベールダウン。


 式が終わると中庭に出て、ウェディングベルを鳴らします。これがこのホテルのウェディングの呼び物の一つ。


2018_Img_0459.jpg

2018_Img_0488.jpg
胸元がシェルの形のウェディングドレスを着、生まれ育った港町横浜のウェディングベル。



2018_Img_0570.jpg
披露宴も「海」がテーマ。実は高校も大学も海に関係があるのです。

2018_Img_0636.jpg
メニューも新郎新婦紹介も賛美歌も、ホテルの外観になぞらえて全てヨットの帆型。
ナプキンの折り方も帆掛け舟のよう。

2018_Img_0693.jpg 2018_Img_0674.jpg
料理も横浜らしく中華。右は1歳のお孫ちゃん(長女の娘)用。


2018_Img_0542.jpg 2018_Img_0584.jpg
お孫ちゃん、一日中ハイテンションでご機嫌でした。
ドレスが違うのか分かりますか? 孫も白からピンクへお色直し^^


2018Img_1120.jpg
新婦のお色直しはこんな感じ。
お孫ちゃん、さすがにハッスルしすぎて疲れきり、眠ってしまいました。

2018_Img_0274.jpg
留袖で勢ぞろい。左から、妹、母、わたし、長女。
わたしと母の留袖は和匠。妹と長女はFrouFrou

2018Img_1139.jpg 2018Img_1147.jpg
左はわたしの留袖です。前回と全く同じのをレンタルしました。
右はまだ20代の長女の留袖。若い人の黒留袖というのも却って華やかさが強調され、なかなか良かったです。



2018_Img_7896.jpg

2018Img_1133.jpg


 「ママ、何かわたしの結婚式について要望ある?」と次女に聞かれたとき、「なるべくお姉ちゃんのときと違う雰囲気にして」と答えました。そのクセ自分は前回と同じ留袖。矛盾していますね。


 古典的な雰囲気が好みの長女は隠れ家的式場で披露宴、都会的な雰囲気の次女は大メジャーのホテルで披露宴。それぞれ個性を生かした結婚式でした。

 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

フィリピン×着物×レスポ

 セブから今年も友だちがやってきました。元わたしの英会話の先生です。

2018Img_7025.jpg



 実は昨年3月にも来日し、一緒に一日を過ごしました。そのときも記事を書いたつもりだったけど、どうやらアップしそびれていた模様。家で着物を着せてあげたので、今更だけど、アップします。

2018Img_7026.jpg
昨年の写真です。夜遅く、15分しか着付けの時間がとれなかったものだから、いまいちな着付け(汗)。
でもよく似合っててカワイイ^^。



 さて、今年は二日続けて一緒に過ごし、友だちの「いきたいところ、見たいものリスト」に沿って、初日は秋葉原、二日目は銀座へ行きました(昨年は原宿と渋谷)。

 秋葉原ではソフマップ・ヨドバシカメラ、アッキー、ガンダムカフェ、AKB48カフェ、メイドカフェなどを巡りました。秋葉原、外国人率、高っっ! 日本人より外国人のほうが多いんじゃ・・・。

 しかもやたら物価が高い。観光地価格っぽい。外国人はパスポートを見せれば免税にはなるんですが(5000円以上)、値引き幅の大きい他の場所で買ったほうが、消費税を払っても安い気がする~。

 ガンダムカフェとAKB48カフェは店の前で写真を撮っただけですが、メイドカフェには入りました(わたしも初めて!)。

 んー・・・、あんまり感じはよくなかったですねー。ボッタクリっぽい。飲食代とは別途に入場料お一人様500円かかる(しかも入店する前は分からない)。飲み物と自撮り以外の写真は撮影不可で、どうしても撮りたい場合は一枚800円。その他くじ引きが一回600円とか、セット価格が5000円とか、まあ高い高い。ここもやはり半数以上が外国のお客さんでしたね。わたしは入場料と飲み物以外断りましたが、断るたびにメイドさんにムッとされてしまった。

2018Img_6992.jpg


 二日目の銀座は、これも友だちのリストに則り、銀座和光、ユニクロ、GU、東急プラザ、有楽町ガード下グルメ街、銀座6、東急プラザなどを巡り、観光客っぽく、いちいち写真を撮りました。友だちは特に和光の時計台が気に入っていました^^。

2018Img_7051.jpg
歌舞伎座はリストになかったけど、わたしが無理やり連れて行った^^;
歌舞伎の切符売り場に並んでいたのは外国人ばかり。日本人はタダで入れる5階がお気に入り(笑)。我らももちろん5階へ。

2018Img_7057.jpg
こんなの前からあったっけ?
顔の部分小さくて、少し後ろに下がらないと、顔全部は写らない・・・(悲)。


 銀座も物価が高いので、GUとユニクロ以外はウィンドーショッピングに徹するほかはないのですが、銀座は街全体が洗練されているので、待ち歩きが楽しい^^。

 ソフトバンクの柴犬や、競走馬のオブジェを冷やかしながら写真を撮ったり。あちこちで試食をつまんだり、ユニクロでわたしとお揃いのパーカーを買ってあげたり、スタバで甘いコーヒーを奢ってもらったり。友だちはうちの娘と同い年。文字通り、親子ほどに年齢が違うのですが、気が合うので、一緒にいて楽しかったです^^。




【今回の装い】
2018Img_6941.jpg
着物:藍大島
帯:博多献上の白い半幅帯
帯締め:藤色の夏用丸ぐけ
帯揚げ:ターコイズブルーのちりめん
半衿:ひめ吉さんの気球の半衿


 これは一日目に着ていた着物です。二日目も着物を考えましたが、全く違った印象のほうが面白いかなと思い、敢えて洋服にしました。

2018Img_9875.jpg

 成功だったと思います。和装と洋装では髪型も変えていたし、あとから写真を見ても、ガラリと印象が違い、面白い。バッグはどちらもレスポートサックですが(笑)。

2018Img_9867.jpg
一日目はガイドブックを持っていく都合上、スモールトートにしました。

2018Img_7014.jpg
裏地とバッグのブルーをリンクさせたつもり。




 ところで先週、実はもう一人、やはりフィリピンから来た別の友達とも会いました。

 彼女もわたしの英会話の先生。長野に滞在しているので、松本で合流。雨だったし、遠路だったので、着物は着ていきませんでした。

2018Img_6677.jpg
あいにくの雨でしたが、一緒に松本城を観光しました。

2018Img_6664.jpg 2018Img_6669.jpg
着物や浴衣を着てみたいと言っていたので、娘の古い浴衣をおみやげに持って行きました。
本当は着せてあげたかったけど、時間がないので断念。

家族連れで来ているので、ご主人やおこちゃまにもおみやげを持って行きました。
下駄や扇子、腰紐なども忘れずに入れました。



 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

パレスチナの刺繍

 夫が風邪をひき、一緒に家でのんびりしているうちに、ゴールデンウィークもあと二日。やっと風邪が治ったようなので、赤レンガ倉庫のパレスチナフェスタに行ってきました。

 お目当てはパレスチナの刺繍です。

2018IMG_9054.jpg
着物の帯。10万円台。

2018IMG_9063.jpg
クッション。15000円くらい。

2018IMG_9055.jpg
小物は2000~3000円。

2018IMG_9064.jpg
コースターは1000円から。

2018IMG_9069.jpg
カードは500円だったような・・・。(覚えていない)

2018IMG_9067.jpg 2018IMG_9053.jpg
パレスチナVS日本の民族衣装。

2018IMG_9057.jpg 2018IMG_9058.jpg
どちらも刺繍がビッシリ。

2018IMG_9071.jpg 2018IMG_9070.jpg
クロスステッチ中心ですが、中にはクロスステッチでない刺繍も。

2018IMG_9059.jpg

2018IMG_9060.jpg
刺繍以外のものもありました。


2018IMG_9050.jpg 2018IMG_9066.jpg
刺繍は素敵すぎて勿体なすぎるので、お土産にはできず、他のものをゲット。
左は木のブローチ。金具をつけて帯留めにするつもり。800円。
右はナッツ。100円。殻つきのアーモンドって初めて見ました。


 一時間しかいられなかったので入場料の2000円がちょっと痛かったけど、難民支援の募金と思うことにします。友達や知り合いにも会えたし。

 5月6日(日)まで。詳細はこちら


【本日の装い】
2018IMG_9052.jpg
着物:白大島
帯:狩猟文様の赤っぽい八寸名古屋
帯締め:マスタード色の三分紐
帯留め:ロシアみやげの黒いブローチ
帯揚げ:レモンイエローの綸子
半衿:ひめ吉さんの気球の半衿

 いい陽気でした。ユニクロのブラトップの上に直接ポリの長襦袢でも日中は暑かった。夕方一時、肌寒く感じたので、夏羽織くらい持って行ってもよかったかな? なくても困りませんでしたが。

 日焼け止めと日傘は必須。折りたたみの日傘を持っていったので、屋内でも邪魔にならず、ラクでした。あんまり折りたたみ傘って好きではないんだけど、今後はもう日傘も雨傘も折りたたみ傘にしようと思う。必要ないときはバッグに傘を収納できるのはやっぱり便利。傘をなくす心配をしなくて済んでラク。


2018IMG_9068.jpg
もちろん、今回もバッグはレスポ。このバッグのおかげで、最近全く出番のなかったレモンイエローの帯揚げとマスタード色の三分紐が活躍しました。今回はどうしてもこの色が必要だった。もう処分しようかと思っていたけれど、とっておいてよかったです^^。

 きれいな赤や黄色はわたしの得意な色ではないのですが、黒に囲まれてワンクッションあるのが良いのか、違和感ありませんでした。帯周りも黒い帯留めでバッグとリンク。

2018IMG_9051.jpg
下半身の自分撮りに挑戦してみた^^。
着物の赤い裏地がバッグの柄に負けていない。

 白大島は春に一番映える。今年も一度着とかなきゃと思っていたので、着用チャンスがめぐってきてよかったです。

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

花田苑の花嫁衣裳

 次女が結婚しました。長女のときと同様、入籍と同居開始と式とハネムーンの時期が全部バラバラ。入籍は1月、同居開始は2月、結婚式・披露宴は6月で、ハネムーンは7月の模様です。

 そして4月の今日は、写真の前撮りに行ってきました。結婚式ではウェディングドレスとカラードレスしか着ないので、今日は色打ち掛けを着ました。新居を埼玉に構えた関係で、場所は越谷の花田苑です。

 三年前の長女の前撮りのときはちょうど秋の紅葉の真っ盛りで、しっとりとした写真が撮れましたが、今回は新緑が美しく、色鮮やかな写真が撮れました。

2018Img_9147.jpg ほとりに寄り添う 番傘と

2018Img_9084.jpg 2018Img_9487.jpg ハートロープ かめはめ波
番傘やロープ、くす玉、センスなど小道具を使って。

番傘ではっちゃけ
ポーズが楽しいと、緊張がほぐれて自然といつもの笑顔に。

スタッフさんたち カメラマンさん
今回お世話になったのは華雅苑(かがえん)というスタジオです。写真データをくれること、同行者にも写真を撮らせてくれることなどを条件に若夫婦が選びました。


【本日の装い】
2018Img_6233.jpg
着物:泥大島
帯:ざっくりした織の八寸名古屋
帯締め:サーモンピンクの三分紐
帯留め:自作(天然石の千鳥
帯揚げ:茜色の鹿の子絞り
半衿:ゆめ吉さんのうさぎの半衿(廃番)

 羽織なしでちょうど良い陽気でした。むしろ暑いくらい。日傘と日焼け止めを持っていって正解でした。

 帯揚げは半衿用に切った端切れ。したがって幅が狭く、長さも短い。でもこれくらいあれば充分。却って扱いやすかったです。

 帯留めは三羽いるのですが、帯の前柄を邪魔したくなかったので一番主張しない一羽だけ。

2018Img_1709.jpg

 相変わらずレスポートサックにハマっています。どうです? この帯とのピッタリ感。娘に「帯に合わせて新しいバッグを買ったの?」と言われましたが、答えは「いいえ」。「新しいバッグに合わせて帯を選んだ」が正解。

 そんなにたくさん帯を持っているわけでもないのに(名古屋と袋帯を合わせて10本くらい)、バッグに合う帯を探すと必ず見つかる。我ながらすごいと思う。好みがはっきりしているので、色やテイストが自然と合ってしまうのです。

2018Img_9607.jpg
洋服なら、こんな風に合わせます。
すごく気に入っている組み合わせ。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

同窓会へ

 大学のサークルの同窓会へ行ってきました。

2018Img_2991.jpg

 すいません、これは去年の同窓会の写真。今年は昨年と同日だったにも係わらず、ソメイヨシノはすっかり終わっていたので、おしゃべりに夢中でうっかり写真を撮り損ねました。


 15人集まりました。楽しかったー。なんかみんな若い・・・! 生き生きしてる。わたしが一番年下のはずなんですが。

 独身の人、既婚の人、離婚した人、子どものいる人、いない人、孫のいる人、フルタイムで仕事している人、専業主婦の人と、もう人それぞれ人生様々なのですが、みんなそれぞれ自分の人生に納得して生きている感じが伺え、なんだかわたしも、自分は自分でいいのかな、って思えて元気が出ました。


 着物を着ていきました。着物はわたしともう一人。学生時代当時から学園祭で皆で着物を着ていたりしたので、洋服だった人もみなとても喜んでくれました。「今はお勤めしているから無理だけど、定年退職したら和服生活しようかな」と言っている人もいました。

 去年は雨だったこともあり、着物を着ていかれなかったので、今年はお天気でよかったです。桜はすっかり葉っぱになっていたけれど、八重桜とハナミズキがきれいでした。ああ返す返すも、なぜ写真を撮らなかったのか・・・。せっかくカメラを持っていったのに。


【本日の装い】
2018Img_6111.jpg
羽織:チャコールグレー
着物:祖母が縫った洋生地の単衣
帯:引き泊の名古屋帯
帯締め:紫色の三分紐
帯留め:リモージュのブローチ
帯揚げ:インド更紗(紫色のストライプ)
羽織紐:アメジスト×淡水パール

 前の晩にあーでもない、こーでもないと、悩みに悩みましたが、その甲斐あって、とても気に入ったコーデが出来上がりました。

 ポイントは紫。お弁当持参、お菓子持ち寄りで荷物が多かったので、レスポートサックにラシットのトート(雑誌の付録)をプラス。着物と羽織とレスポをスモーキーブラウン基調にし、紫色を挿し色にしました。

2018Img_1555.jpg

2018Img_1617.jpg
洋服だとこんな感じ。



 ところで先日、いいものを購入。

2018Img_1591.jpg
 帯留め金具です。川崎のチネチッタで見つけました。

 ブローチを帯留めにするための帯留め金具は他にも持っていましたが、どうも使い勝手が悪かった。これはすごく収まりが良いです。

 このお店、ネットショップもやってるみたい。おびどめやWARGO ブローチ用帯留め金具-小。これはオススメ。大もありましたが、小を購入。帯留め金具に関しては、大は小は兼ねない。小こそが大を兼ねるので。

 この帯留め金具を買ったおかげで、リモージュのブローチが初めて帯留めとして生かせました。

2018Img_1599.jpg


 ちなみにもう一人着物だった友だちは、はっきりした緑色の色無地に、大きな赤と緑の水玉が入った黒い半幅帯。はんなり系の人だと思っていたので、その思い切ったコーデに驚きました。リバーシブルの帯の裏側には白いプードルが。家でプードルを飼っているのだそうです。

 着物生地を黒と白と二枚縫い合わせて作ったリバーシブルのバッグも見せてくれました。持ち手は真田紐。わたしも真似っこしちゃおうかなあ。

 着物に関する情報交換もできてよかったです。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。