今年の決算

 今年一年、着物にはずいぶんと楽しませてもらいました。

 もうすぐ今年も終わりなので、今日は今年一年を金銭面から振り返って見たいと思います。



 今年はよく着物を買いました。年間の着物関係への出費は概算で約22万円。総予算は24万円だったので、一応予算内。ただし、商品券や溜めたポイントで買ったものもあります。

 1月に決めた目安を守り、質より量を優先して揃えました。オークションを利用することが多かったです。

 買った枚数は、着物・帯、帯締めともに20~30本。帯揚げを12枚くらい。その他、前結び用帯板とか美装衿など、着付け用品も買いました。

 予め「着物は一枚1万円、帯は一本五千円まで、その他の小物は2000円くらいまで」と決めたとおり、一番高かった着物は7000円、帯は4500円くらい。帯周りの小物は、2000円をわずかに超えたものがいくつかあります。最後に買ったカレンブロッソの草履は別格で約2万円。今年最大の和装出費でした。

 ちなみに一番安かった着物は520円、帯は110円でした(※ 以上、金額はすべて送料・諸費用込み)。

 着物は、一枚あたりの金額を抑えて枚数を揃え、正絹、本麻、木綿、ウール、ポリエステル、人絹、混紡など、一通りの素材を試すことができました。袷、単衣、夏着物を揃え、大島紬や小千谷縮、久留米絣など、有名産地モノも一応試せました。

 帯や小物などは帯・小物一覧表を作り、それに沿って色を揃えたので、一通りのカラーコーディネートが楽しめました。




 今後は着物はもう買わず、むしろ減らそうと思っています。

 どんどんいいものが欲しくなり、あとから買いなおす羽目になるかと思いきや、意外とそうでもなかった。素材のお験しや一時しのぎに買った数枚を除くと、けっこう気に入っているものが多いので、今後も引き続き愛用するつもりです。

 すぐシミをつけたり汚したりのうっかり屋のわたしには、せいぜい数千円くらいの着物が分相応。何万円もする着物を買ってしまったら、中古であれ新品であれ、とても怖くて着られないと思うので(特に洗えない絹物)、今後も礼装用以外、一万円以上の着物には手を出さないことにしました。


 一方、帯のラインナップにはちょっと不満が残る。色を揃えることに必死のあまり、見切り発車で買ってしまったものもあり、整理が必要。色は一通り揃ったので、今後はじっくり腰を落ち着けて気に入ったものに絞って買い足し、充実させていきたいと思います。

 帯周りに関しては、帯締めはだいたい揃いましたが、帯揚げはもう少し色のバリエーションが欲しい。また、一番欲しいのは帯留め。小物は2000円の予算では厳しいと実感したので、予算をもっと広げて、気に入ったものをじっくり揃えていきたいと思います。





スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

絹紅梅

 絹紅梅を4本の半幅帯に合わせました。

Img_122261.jpg Img_122269.jpg Img_112242.jpg Img_112236.jpg
帯はいずれも半幅。

 これも真冬の夏ごっこの一環です。実は最近、小千谷縮のみならず、絹紅梅も手にいれたんです^^。

 これ、すごいんですよ。オークションでなんと、100円でした。今までで最安値。状態もよかった。衿汚れがうっすらあったほかは、きれーいな状態。衿もベンジンで拭いたらきれいになりました。

 ただしサイズが小さく、対丈でしか着られませんが。

 でも裄は充分出せる。裄さえ出せれば、わたし、おはしょりが取れなくても気にしまヘン。

 すごいですねえ。ただ唯一、着丈さえ諦めれば、たった100円(送料込み420円)で、欲しかった絹紅梅が、状態にも妥協することなく買え、裄にもこだわれるんだー!



 なにか一つでも、人と同じこだわりを捨てると、こんなにもモノは安く手に入るんですね。特にファッションはそう。流行に乗ることさえ諦めれば、服は中古でいくらでも安く買える。着物なんて、色柄さえ選ばなければ、親戚からいくらでももらえるもんね^^。

 たぶん、ファッションに限らず、なんでもそうなのでしょう。いつも人と同じものを追い求めていると、人並みのものは揃えられても、それ以上のものは手に入れられない。大金持ちならいざ知らず。

 一方、人の欲しがるものを欲しがりさえしなければ、自分の欲しいものはたいてい手に入る。なんたって、人と競争しなくて済むんだもの。効率が良い。

 でもその「人の欲しがるものを欲しがらない」というところが、実は意外と大変。どうしてもみんなが持っているものが欲しくなる。みんながいいというものが、自分もいいと思えてならない。また、人と違っているのは不安。

 たとえば、対丈で着るのがいけないとは、どの着物ルールにも書いていないけれど、それでもみんなおはしょりをとって着てるんだもの、自分だけおはしょりがないのは、何か不安、というようなことだと思う。

 でもそこを超えさせてくれたのが、この100円という金額と、洗ったら10センチも縮み対丈で着るしかなくなった木綿絣の経験なわけで、そういう意味でもこの100円の価値は大きい。




 ところで絹紅梅。

Img_120861.jpg
こういう生地。

 この着物に触れてみて初めて「天女の羽衣って、こういうんだ」と分かりました。まるで羽根みたいに軽い。そして薄い。紗や絽よりも薄くて軽い。

 それに透ける! いままで絹紅梅にもさんざ憧れてきて、一度中古屋さんの店頭で現物を見たこともあるけれど、綿紅梅の印象が強かったからか、浴衣っぽいカジュアルな素材だと思っていて、こんなに透ける繊細な生地だとは、自分で着てみるまで気付きませんでした。

Img_120873.jpg

 こんな着物があることを、肌で確かめられて、とてもラッキーでした^^。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

久留米絣

 初めての木綿着物に大喜びしていたのもつかの間、二枚目の木綿着物を手に入れました。

Img_119041.jpg
コレです。便宜的に「木綿絣第二号」と命名。


 入手コストは3000円。安いと思って買った先日の木綿絣第一号の1500円が、なんだかやけに高く感じる(笑)。今回のは身丈といい裄といい、ジャスト・マイサイズ。裄出しの必要もないし、状態も良好。洗濯ノリでバリバリだったりもしないので。本場久留米絣とのことです。


 木綿の着物はこれまで、探してもなかなか見つからず、見つかったとしても意外と値が張り、手に入れられなかったのです。だから先日の第一号を見つけたときは「一期一会!」と思い、賭けに出たのですが、ご縁があるとなると、立て続けに二つもやってくるのだから、世の中って分からないですね。



 とまれ、木綿絣が二つあると、比べられて楽しい。

 今回の第二号はとても柔らかく、綿ブロードを少し厚手にした感じの手触りです。ザックリ・ゴワゴワした先日の第一号とは違い、普通に木綿。糸の太さや模様の織り出し方はそっくりですが、触感が全く異なります。

 二号が久留米絣であるならば、一号はまた別の地方の木綿絣で、だから風合いが異なるのでしょうか。それとも、第一号も洗濯を繰り返し、糊が完全に落ちきれば、こんな風に柔らかな風合いになるのかな?

Img_119042.jpg
Img_119044.jpg
近影。上(藍染)が第一号、下(黒地)が第二号。




 しかし、こう写真に撮り、改めてよーく見直して笑っちゃったのが、縦糸と横糸のズレ加減です。

 一号も二号もズレズレ!!


 一号の例↓

Img_119053.jpg Img_119050.jpg
左は合っているところ。右がズレている例。
四角一個分ズレて、四角がほとんど四角になっていない(笑)。



 二号の例↓

Img_119061.jpg Img_119057.jpg
左は合っているところ。右がズレている例。
十字がT字になってしまっている。


 ちなみに、二号のほうが一号よりもズレる量がマシに見えるのは、二号のほうが模様が大きいからであって、ズレている量は変わらないと思います。

 これって、たまたまうちのが二枚ともズレ幅が大きいのか、それとも木綿絣というのは平均的にこれくらいズレているものなのか。どっちなんでしょう?

 確かに、染めと織りの過程で縦糸と横糸が多少ズレるからこそ、カスリが生じるわけであって、全くズレてなかったらそれは絣でもなんでもありませんが、しかし、あの人間技とは思えない大島紬の精緻さと比べると、なんともおおらかというか、大雑把というか・・・(笑)。これが、絹モノと木綿の着物の違いなのかなー?と思ったりもして。

 木綿着物はやはり、紬と比べても、一段と普段着なんだなあ、と納得したのでありました。




 ちなみに、久留米絣の久留米市といえば、松田聖子の出身地というイメージしかなかった(あと藤井フミヤとブリジストン)ので、聖子ちゃんが久留米絣着ている画像とかないかな、と思って探したのですが、残念ながら見つかりませんでした(※ これはひょっとしたら久留米絣かも?)。

 でもその代わり、こんなページを見つけた! 久留米絣を着た女性ばかり十数人が一堂に会しています。圧巻ですねえ~。

 あと、久留米絣の振袖も! 奄美大島では近年、大島紬を着て成人式を迎える新成人が増えているというから、久留米市でもあるかな、と思って検索かけてみたら、本当にあった! いいですねえ~。素敵!

 なんだかすっかり久留米気分(どんな気分だw)に浸りました。着物っていいな。着物を通して、いろんな世界がどんどん広がります。

 

 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

賭け

 近所のリサイクルショップがきものフェアをやるというチラシが入ってきたので、参戦してきました。

 うちの近所では着物姿なんてほとんど見かけないので、着物フェアなんてやったって、さぞかし閑散としているだろうと思いきや、意外や意外、けっこう他にお客さんがいたので驚きました。

 品揃えもまずまず。500円均一のウールコーナーから5万の泥大島まで、数百枚ありました。値段は・・・特に安くはなかったかなー。 

 でも1000円均一の着物がドンと無造作に積み上げられているコーナーがあって、ここは楽しかった。知らない方と意気投合し、着物の山を右から左へと一枚一枚移しながら、物色しました。

 こういう山は、一人では物色できない。誰かが手で押さえていないと、着物の山が崩れてくるので。一緒に見てくれる人がいて助かりました。

 この1000円均一の山はポリ着物と、難ありの絹物、喪服が積み上げられたコーナーで、相方さんは見事にわたしと狙うものが一緒(笑)。つまり、状態が良好で色柄のきれいなポリエステルと、状態は悪いが正絹の逸品に手を止める。特にポリはお買い得だったと思います。状態・色柄・サイズに関係なく、ポリは一律1000円だったので。

 結局その山では一枚も買いませんでしたが、相方さんが選んだものの中には、心惹かれるものが何枚かあったなー。かなり百戦錬磨な方のようで、選ぶときの手際の良さといい、一瞬で見分ける才といい、最初、業者さんかと思った。率直にそう尋ねたら、違う、とのお答えでしたが。

 わたしはネット愛用者だけれど、こういう人との出会いがあるから、リアルなお店も捨てがたい。


 

 わたしが購入したのは以下のものです。

Img_118262.jpg
絣着物一枚、半幅帯1本、三分紐4本。

Img_118280.jpg


 三分紐は1本100円~200円だったので、4本購入。なんとなーく薄汚れている気がしたので、家に帰って速攻、エマールとワイドハイターで洗い、アイロンをかけました。

 洗った結果、他はきれいーになりましたが、水色のだけはいまいちきれいにならず、なんとなーく古びた感じなので、気が変わらないうちに捨ててしまおう。もともとリスク込みだからこそのこの値段、2割5分の廃棄率というのは、まあまあの歩留まりですかね。おまけに正絹の帯締めを洗う、という経験ができたのだから、万々歳です。


 Img_118290.jpg

 一方、着物と帯は木綿かも、と思って買いました。着物1500円、帯500円。

 帯は遠州木綿じゃないかな、たぶん。特別安くはないけれど、前から試してみたかった素材なのでゲット。

 着物は洗濯ノリがバリバリで、素材がよく分からない。この値段だとウールかなあ、と思いましたが、木綿という線に賭けて買ってみました。ウールは持っているけど、木綿の着物って着たことないので。それに万一、久留米絣だったりなんかしたら、儲けものだし(笑)。

 先の相方さんの目を信じた、というのもあります。わたしがこれを試着していたら、「それ、手織り?! 値札いくらっ?!」と興奮ぎみに聞かれたので(それが最初の会話だった)、ひょっとしてこれは掘り出し物かも、と思った(笑)。手織りかどうかなんてわたしに分かるわけないけれど、少なくともウールじゃなさそうだぞ、と。





 でもさっき水につけたら、その途端、昔懐かし~い匂いが・・・。ウール??

 ガッカリ・・・。賭けに負けてしまった。

 しかも。この絣、地色が紺なんですが、何度水を替えて洗っても色落ちが止まらず、水はどす青黒いわ、濡れた着物に触れただけで、手まで真っ青。更に、何度洗っても洗濯のりが落ちきらず、アイロンをかけると、ベタベタ手にくっついてくる。

 もおーーーー!! なんてメンドクサイものを買ってしまったんだ!!

 糊のベタベタが気持ち悪いので、アイロンは断念。現在、そのまま洗濯機の中に放置中--;。あーもー、どうしよ、これーーー!!

  買い物、特に中古購入にリスクはつきものとはいうものの、今回は完全に、賭けに負けましたです;;





 でも、これも経験。今年の着物予算はすべて、手元に残せるものを買うというよりは、経験代と思っているので、よしとします。

 ・・・って、こうして経験ばかりが増えていくわけですが(汗)。

 今年中になるべくいろんな経験をして、失敗という失敗は一通り洗い出し、来年以降は手堅く行こうと思っていますが、まだまだいろいろありそうですねえ。世の中、思いも寄らない顛末が待ち受けているなあと、改めて思いましたとさ。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

十日町紬

 久々にリサイクル着物屋に立ち寄りました。

 買ったのは半襟一枚だけ。でもそのあと紬を一枚試着させてもらいました。地色は金色とベージュのグラデーションで、ところどころ変わり織(刺繍かも?)があり、あと何て言ってたかな、栗繭だったかな?、横糸の色が所々茶色になっている、素敵な着物でした。

 ところが店員さんに産地を尋ねたところ、ちょっと慌てた様子で申し訳なさそうに「あっ、産地っていう意味では十日町あたりのもので、特別いい物ってわけでは・・・」という答えが返ってきました。

 その返答にこっちも慌ててしまい、「あっ、十日町紬、大好きですっ!!」となんだかやけに力強く断言してしまいました。実を言うと、十日町紬だけが特別好き、ってわけではないのですが。

 もしこれが大島紬や結城紬だったら、この質問はもっと歓迎されたのだろうかと思うと、なんだか十日町紬がかわいそうで、だから思わず肩入れしてしまったのです。産地に序列があることが、なんだか切なかった。

 確かに、気の遠くなるような手間や、古くから培ってきた歴史などには価値があると思うし、手間や歴史の程度により、価格や評価が変わるのも分かる。でもできれば「これは十日町で織られたものなんですよ」と、誇らしげに説明して欲しかった。

 もしかしたらこの店員さんは、有名な産地の紬でないと知った途端、お客が興味を失う場面に何度も遭遇してきたのかもしれませんね。だから産地を訊かれて困ったのかも。

 でもお客は、店員の対応を見て学習するのです。「これは○○紬なんですよ」と誇らしげに紹介されれば、それはきっといいものに違いないと思い、自信なさげに紹介されれば、さほどいいものではないと理解する。

 こうして店員はお客に、お客は店員に感化されながら、相互作用でモノの序列をつくっていく。



 わたしが「十日町紬」に初めて出会ったのは、別の着物リサイクルショップの店員さんのお召し物について尋ねたときです。その店員さんは、袖の模様を広げて見せ、「これは十日町紬です」と教えてくれました。それがわたしの十日町紬に対する印象を決めました。あれから半年たった今でも、その生地の風合いを覚えています。銘仙のようにかすれた菊の模様が素敵で、その日、それと良く似た菊模様の羽織を買って帰ったことも。

 その最初の印象を、わたしはこれからも持ち続けたい。だからもう、今日の出来事はここに書いて消化してしまおうと思います。



 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ