スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半幅帯の角出し風

 昨日の自己流・半幅帯の角出しメモ:

Img_107931.jpg



 巾着結びと違うのは、たれを巻く回数が一度多いことと、タレ先を折り上げないこと。

 巾着結びのようにヒモで閉じないので、手先が外れやすいと思い、三重仮紐に手先を一度からげて、予防策を講じました。三重仮紐は、帯揚げで隠しました。

 手先をゴムで結んでリボン形にしたり、幅半分にしても、また雰囲気変わるかなー?


tunodashi.gif

追記: 10/29 00:58 ※ すみません、上の図、間違えました。正しくはこれ↓

tunodashi.gif


追記: 10/29 11:19 ※ すみません、やっぱり違った。正しくはこれ↓

tunodashi.gif


スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

半幅帯の巾着結び

 外は寒いけれど、家の中ではまだ単衣が快適。相変わらず麻襦袢+単衣で過ごしています。

Img_102079.jpg
今日の半幅帯は、いつもとちょっと違った結び方に挑戦してみました。

 この帯結び、ネットで見つけたんです(※ 「いろいろ半幅帯結んでみました」← リサイクル屋店長さんのブログのようです)。巾着みたいでかわいい~~

 結び方は書いてなかったので、完成形から推測し、自己流で結びました。複雑な形の割に、意外と簡単で、帯も、普通の360センチの長さので足りました。



 結び方メモ:

1.手先を50センチとり、胴に帯を二回巻く。

2.胴帯を半分に折上げ、手先を上にして一度結ぶ。(※ ここまでは文庫と同じ)

3.手先で羽根、たれで巾着を作る。

4.手先を横一文字に置き、たれを広げて下から上に余裕を持たせて二回巻く(①・②)。

5.余ったタレを折り上げて少し見せる(③)。

6.二重に巻いたタレとタレの先を五枚一緒に紐で結ぶ。


kinchaku.gif
(クリックすると大きく表示されます)

kinchaku2.gif


 自己流なので、元祖とは多少違うかもしれませんが、これでも充分カワイイ^^。娘たちが浴衣を着るときとかに結んであげよう^^。


 ※ ・・・あ、今突然思いつきましたが、巾着の中で、手先もヒモで結わえると、リボンみたいになってますますかわいいかも~! お手本にした画像も、そうしている気がする。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

パタパタ結び

 本日の自分撮り:

Img_102060.jpg Img_102069.jpg
10月3日、4日と、続けて二日、同じ着物と帯の組み合わせ。帯留めだけ変えました。

 年初に買った秋柄の帯が、やっと使える季節になった~! 嬉しい^^。


 帯結びも二日続けて「パタパタ結び」。ここ数日、この結び方にハマっているのです。・・・といっても、自己流、テキトーですが^^;。

Img_102066.jpg
後ろ自分撮りに挑戦~! 背中に手を伸ばして撮りました。
無理な体勢で撮ったので、少しブレてしまった

 この「「パタパタ結び」に似た結び方で、「カラテア結び」というのもあるようです(※ リンクは画像比較)。どこが違うのか、わたしには区別がつきませんが、こちらにはお家元がいらっしゃり、免許皆伝っぽいので、とりあえずわたしのはパタパタ結び(の亜流)ってことで^^。


 振袖の変わり結びに使う三重仮紐を使いました。これ便利! 工夫すると、これひとつで様々な結び方が楽しめそう。でもうっかりすると帯の隙間から見えてしまいそうなので、帯揚げで隠しました。

 帯締め・帯揚げをすると、半幅帯でも、グッと重厚感が出ますね。特にこの帯は、わたしが持っている半幅帯の中で一番いい帯。金糸が入ってて豪華だし、帯幅が広く、長さもあるのでボリュームが出る。

 お若い方がよく締めていらっしゃる帯結びなので、わたしなどにはヘンかな、と最初は思いましたが、いろいろな帯で試してみたところ、光沢や重厚感のある帯を使えば、わたしの年齢でも充分いける気がしました。コンサートやカジュアルなパーティなど、華やかな場にも向きそう~!

 ひだをもう少し長めにして、おしりを隠したり、帯枕を入れて高さを出したりと、いろいろアレンジしてみてもいいかも^^。



 半幅帯は、同じ結び方でも帯によって、また同じ帯でも結び方によって、表情が変わるので、「この結び方は若い人用」などと決め付けず、TPOや気分によって、ボリュームを出してみたり、控えてみたり、様々な帯と結び方の組み合わせを探していきたいと思います。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

粋で大人な文庫結び

 先日のデパート、実は3万円の浴衣が並ぶ浴衣コーナーでも、素晴らしいものを発見したんです。


 それは、店員さんの帯結び。呉服売り場だから、和装の店員さんも多かったのですが、そのうちのお一人が、見たことのない形に半幅帯を結んでいた。

 とっても粋な感じがして素敵だった!!

 どういうふうに結ぶんだろう? それがもう、気になって気になって、行きつ戻りつした挙句、思い切って尋ねました。そしたら、「ただ普通に文庫に結び、片方の羽根を巻き帯に入れるだけです」ですと。

 なんでもこれは、踊り(日本舞踊?)をやる人がよく結ぶ結び方だそうです。


Img_063708.jpg
すぐやる課^^。早速わたしも結んでみた^^。

 なるほど、カーンタン!!

 ただ、バランスが難しいですね。店員さんの帯はこんなカジュアルな浴衣帯ではなく、もっとシックでモダンな帯。それに上の羽根の出し方ももっと少なかった。こんなおきゃんな感じではなく、もっとずっと粋だった。

 同じ帯結びでも、帯の持つ雰囲気とちょっとしたバランスで、表情が変わってくるから難しい。けど面白いですね^^。

 安定していて崩れにくく、文庫結びより大人っぽいので、重宝しそう。もう少し研究して、定番にしたいです^^。



 しかしデパート、なかなか侮れない(笑)。どうせ買えるような値段のものは売ってないしと思い、これまであまり近づかなかったけれど、たまに行くと、いいことあるな^^。

 他の店員さんの話では、この方はよく、ご自身で考案された結び方もしておられるそうです。店員さんの帯結びをウォッチするだけでも、そごうに足を運ぶ価値、あるわー、と思いましたとさ(笑)。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

半幅帯カルタ結び ボリュームアップ作戦

 初めてきもので外出した正月、帯結びはカルタ結びでした。

Img_5870.jpg

 カルタ結びって半巾帯結びの中でも一番簡単だし、ペタンコなので着ていてラク。ただボリュームがないので、いかにも簡略な感じがして、柔らかものの着物にはちょっと役不足と感じます。

 とはいえこの簡便さは捨てがたいので、同じカルタ結びでも、もう少しボリュームが出せないか、工夫してみました。

Img_7419.jpg Img_7420.jpg
ナナメ後ろから見たところと、真後ろから見たところ



 羽根を左右二枚づつ出してずらしてボリュームを出してみた^^。手先も出しました。太鼓になる部分もに丸みを持たせ、ペタンコ感を解消。手先を一度下にグッと引いてからまた元に引き戻すことでゆるみを持たせました。カルタ結びの域を超え、ほとんど創作帯結び^^。マイオリジナルです。

 ゆるみがあると羽根が固定されないので、帯締めは必須。帯揚げも使って華やかさを出しました。もう少し帯揚げで引っ張り上げてタテにも延ばしたら、もっとボリュームが出せたかも。小さめの帯枕使ってもよかったかも~。


Img_5852.jpg → Img_7429.jpg
帯揚げと帯締めが揃うと、前も華やか。


Img_7247.jpg Img_7229.jpg

 でもやはり、名古屋帯の貫禄には敵わないですね。第一この半巾帯は帯幅が狭い。・・・少しずらして締めて、帯幅を広く見せたらどうかな?? 色も能天気すぎるので、次回は帯も替えてみよう。



 また工夫してみようと思います。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。