スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三渓園の花嫁衣装

 先日、長女が結婚しました。

 最近の結婚って面白いですね。二ヶ月前にすでに入籍し、一緒に暮らしていますが、結婚式、披露宴、ハネムーンはまだまだ先。昔は一日でこなした行程を、一年がかりでゆっくり、一つ一つこなしていくのが、今どきのスタイルのようです。

Img_5b1656.jpg

 結婚式・披露宴は春に洋館で、万事洋風に執り行うようですが、先日、紅葉のきれいな時期を見計らって、横浜三渓園へ和装の結婚写真を撮ってきました。

Img_5b1522.jpg IMG_5b1858.jpg Img_5b1868.jpg

 写真、着付け、ヘア・メイク、貸し衣装など、全部が込みこみのプランでした(ミジュ・ビジューのロケーション撮影)。申し込みは横浜店でしましたが、衣装は、点数が豊富な東京店まで出向いて選びました。

 色打掛はオーソドックスな赤がかわいかったのと、袖が十二単衣風になっていて豪華なところに、娘もわたしも一目ぼれ。金、黒、ピンク、紺色など、5、6点試着しましたが、迷わずこれに決めました。

Img_5b1561.jpg IMG_5b1591.jpg Img_5b1621.jpg IMG_5b1782.jpg

 色打掛はちょっと遊び心を入れたので、白無垢はごくごくオーソドックスな鶴の柄を選びました。清楚な感じでよかったと思います。白いので、どんな柄でもどのみち写真では全然分かりませんが(笑)。


 この時期の三渓園は紅葉がきれいなので、結婚式や成人式の前撮りスポットとして大人気。ほかにも何組もの新郎新婦や、成人式のお嬢さん、雑誌の撮影と見られる着物モデルさんがいて、他の方の着物ウォッチングも楽しかったです。

 また、通常の入園者の方々が娘たちにお祝いの言葉をかけてくださり、嬉しかったです。

 写真はプロのカメラマンが撮ってくれましたが、家族も一緒について行き、好きに写真やビデオを取らせてもらえました。わが家は夫、次女、わたしの全員が参加、新郎のお母様と妹さんもいらっしゃり、5人で新郎新婦を囲み、写真を取りまくりました。その数、全部で2400枚! 「一人や二人、ご家族が同伴されることはあるけれど、両家が一斉に写真を撮りまくるケースは初めて」と、カメラマンさんがウケまくってました(笑)。

Img_5b1481.jpg
見よ、このパパラッチ隊!

 本当に楽しい一日となりました。結婚写真撮影なんて新婦側のお遊びに、嫌な顔をせず付き合ってくれた新郎と、一緒に楽しんでくださった新郎のご一家に感謝です。



 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

卒業式

 下の娘が大学卒業を迎えました。

Img_533700.jpg

 着物と袴はレンタルしました。

 なぜか今、袴は買うより借りるほうが高いのですが、お姉ちゃんのときもレンタルだったし、成人式の振袖は妹のお下がりだったので、今回は本人の希望でレンタルにしました。

 色柄を決めたのは11月。大手貸衣装屋を二軒まわり、とことん試着して写メを撮り、後日、家族会議で決めました(笑)。

 「地味!!」という夫の反対もありましたが、これに決めてよかったと思います。友達と色がかぶらずにすんだし、なにより清楚で、本人によく似合っていました。

 足元は大正風に編み上げブーツ。ブーツの場合、通常もう少し短めの袴を合わせるようですが、娘のこだわりで、身長を5センチ高く申告。長めの袴を用意してもらいました。


Img_533505.jpg Img_533508.jpg

 髪型はこんな感じ。レンタルショップに髪も着付けもやってもらいました。髪飾りはヤフオクでこの出品者さんから購入。

 しかしずいぶん衣文を抜いてくれたなあ。人によって衣文の抜け方がものすごく違っていて、上から眺めると面白かった(父兄席は二階だった)。

Img_533657.jpg

 あと自慢は、袴につけたこの花。これ、実はダイソーで108円(笑)。袴と着物が桜モチーフなので、桜で纏めました。

 当日、女子卒業生の約9割が袴。みたところ、上下一式レンタル組と、手持ちの振袖利用組が半々くらい。袖の長さを見れば、レンタルかどうかすぐわかる。色とりどりで華やかでした。




 さて、わたしも着物を着ていきました。

Img_534215.jpg Img_533769.jpg

 ネットで新たに購入したクリーム色の訪問着に鳳凰柄の袋帯を合わせました。行き帰りは、防寒・塵除け用に道行を着ていきました。

 草履はオフホワイトのカレンブロッソ。一応礼装用も持っていきましたが、結局履き替えませんでした。歩きづらいのと、キンキラキンなので。披露宴とかならともかく、周りも地味だったので、むしろカレンブロッソのほうが色や雰囲気が合っている気がしました。

 着物姿の母親は全学でわたし一人。他には誰も着物を着ていませんでした。洋装もごく普通のスーツの方が多かったです。仕事の合間にちょっと立ち寄りました、という感じ。大学のカラーでしょうか。


 平日でしたが、夫も長女も仕事を休み、家族4人で末娘の卒業を祝いました。お天気も良く、キャンパスには早咲きの桜が咲いていて、晴れやかな一日でした。
 
Img_533647.jpg


 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

振袖写真を撮りました

 次女の成人式の後撮りを機会に、写真館で家族写真を撮りました。普通は前撮りするでしょうけれど、うちは振袖の仕度が揃ったのが、成人式ギリギリだったので、後にまわしたのです。

 お世話になったのは、横浜・本牧にある「日本フォト企画横浜スタジオ」。注文した写真のデジタルデータがもらえることと、スタジオ内でスナップ写真を撮らせてもらえるのが魅力で、ここにしました。

 先日成人式を迎えた下の娘と、成人式に振袖を着なかった上の娘に振袖を着せ、わたしも嫁入り前に親に誂えてもらった飛び柄の小紋を着ました。

Img_8216.jpg

 下の娘の振袖と帯は、わたしの妹(本人から見れば叔母)のお下がり。帯締めなどの小物は本人が選んで揃えました。すべて成人式のときと同じものです。

 長女の振袖と帯は、最近購入したもの。わたしの振袖は似合いそうになかったので。中古を買うことで、次女とバランスをとりました。でも長女には選ぶ楽しみがあり、申し分ないものが手に入ったので、結果的には次女が割を食っちゃった。あ、でも小物はほとんどが、元から家にあったものです。

 ともかく、長女と次女で全く違った雰囲気になり、親としては満足です^^。



 着付けとヘアメイクは、写真とセット。スタジオでやってもらいました。わたしも別途、着付けをお願いしました。親子3人で一緒にヘアメイク、着付け。楽しかったですよー!! すんごい楽しかった!! これ、娘のいる人には絶対オススメ♪

 しかも、プロの技を間近で見られる♪♪ 補正の仕方とか、じっくり観察しちゃった。胴回りの補正は3人とも同じでしたが、胸部の補正は体型によって違うんですね。胸に渡した紐にひっかけた二つ折りのタオルで胸全体を補正したり(胸のない人用)、三角形に折ったタオルをいれたり(中くらいの人用)、補正は入れなかったり(胸のある人用)と、3人3様でした。

 帯揚げ・帯締めも、上の娘と下の娘とで違いました。

Img_8456.jpg Img_6312.jpg
下の娘の帯締め・帯揚げ。ちなみに右は、成人式のときの。
帯締めはいずれも華やか~! 帯揚げもたっぷり出して。

Img_8455.jpg
上の娘の帯締め・帯揚げ。
帯締めは妹より落ち着いた感じの変わり結び。帯揚げの出し方も少し控えめ。


Img_8272.jpg Img_6272.jpg
襟元は妹も姉も、十二単風^^。でも姉のは色が渋いので、お姉さんぽい。


Img_8228.jpg
ヘアも違いますねー。妹は可愛らしく、姉は大人っぽく。


 帯はどちらも、「三重紐」とかいう便利グッズを使って作っていました。最近の変わり結びは「○○結び」というような名前がついておらず、帯の柄行やバランスを見ながら、即興で仕上げていくんですと。ただ長いだけの帯がアッという間に形になっていくの。見てると楽しかったです^^。




 さて、わたしもきれいに仕上げていただきましたよ。

Img_8480.jpg Img_8489.jpg
どうだ! 演歌歌手みたいでしょ(笑)。

 さすがプロ、ビシっっと着付けてくださいました。ちなみに上の写真は、着付け後、6時間以上経過したときのもの。ごらんの通り、どこも着崩れなし。しかも意外と苦しくない。自分じゃ絶対こんなふうに着られないから、脱ぐのがもったいなくて、家に帰り着いても2時間くらい、着たままでいました。

 ちなみに使ったヒモは全部で3本。一本は胸の補正固定用、もう一本は長襦袢用、もう一本は腰紐。コーリンベツトは使わず、伊達締め二本。別に変わったことはしてないみたいなのに、なんで崩れないんだろう??


Img_8422.jpg
髪も大満足! どこぞの奥様みたい~! ←自分で言うか(笑)。
逆毛を立てて上に膨らませてくれたので、面長に変身^^。


Img_8268.jpg
頭のてっぺんから見たところ。
後ろにもつけ髪を入れたので、頭に奥行き。


 馬子にも衣装、髪形っていうけれど、髪型って大事ですね。髪と着付けがきっちりしてると、わたしでも奥様になれちゃうんだー。容姿のせいだと今まで親を恨んでいたの、筋違いだったわ。自分の努力が足りなかっただけね。

 でも美容師じゃあるまいし、こんな髪、自分で一体どうやって作れと? 自分じゃとても無理、無理。いつもの自分と落差がありすぎて、どっからとりかかったらいいか、わからない。

 ・・・というわけで、せっかくの髪も、今後には繋がらないのであった・・・。


 でもきれいにしてもらう贅沢も、たまにはいいかな^^。自分で自分を見直すので。夫の両親も呼び、みんなで写真を撮ったあと、食事をして帰ってきただけですが、とても楽しい一日でした。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

雪の成人式

 14日、次女が成人式を迎えました。Img_6387.jpg

Img_6523.jpg

 天候はまさかの雪。温暖な横浜では珍しい本格的な雪に、交通事情は混乱。会場付近の路上では、スリップして動けなくなった車があっちにもこっちにも立ち往生し、おまわりさんが数人がかりで押して動かしていました。

 この分だとさぞかし成人式の出席者は少ないだろうと思いきや、なんのなんの、みんな頑張って振袖着てきていました。入場の列が雪の中、長いこと!! 横から吹き付けるような雪の中、みんな何十分も並んで入場していました。


Img_6420.jpg

Img_6421.jpg

 意外だったのは、男の子の袴姿が珍しくなかったことです。スーツ姿だと女の子の振袖に負けてしまいますが、堂々とした体格の袴姿の男の子、カッコイイ^^。金やら赤やらの派手~な袴姿もいましたね。地味な袴は新撰組みたいで精悍~! たぶん呉服屋やレンタルショップがダイレクトメールで呼びかけるのでしょうが、この傾向、好きだなあ~!!



 女の子は色とりどりの振袖に思い思いの大きな髪飾りで、会場近くのホテルのロビーはまさに百花繚乱でした。何百人、下手すると千人以上の大人数が一斉に振袖って、圧巻ですね。ああいう中で目立つというのは、いかなる方法をもってしてもほぼ不可能ですが、一人ひとりよく見ると、みんなそれぞれ自分なりの好みや個性で着飾っていました。

 雪だったので、特に足元は個性的(笑)。実利をとって足元がスノーブーツ、という子もいれば、頑張ってぽっくり履いてた子も。ホテルのロビーで大きな着ぐるみスリッパみたいなのを履いてる子も見かけたな。出番待ちの楽屋かい?!(笑)

 着物に関しては、やはり実利をとって振袖の上から透明のカッパ着てた子も(笑)。着物用の雨コート着てた子も何人か見かけました。そんなものを持っているということは、よく着物を着るご家庭なのでしょう。でもほとんどは、雪であっても、振袖+肩に白いショールというスタンダードないでたちでした。

 あと一人すごい子がいたな。昔の花魁みたいに、背中が半分みえるくらいに大きく衣紋を抜き、デコルテのタトゥーを見せてた子。吹き付ける雪の中、どんなにか寒いだろうに、その格好でショールもなし。究極の「伊達の薄着」ですね^^。そこで背中丸めていると台無しなんだけど、全く寒がっている様子を見せず、堂々と胸を張って歩いていました。あっぱれです。



 さてところで、うちの子の振袖。

 いろいろ見た挙句、結局、妹の振袖を利用し、小物だけ新調しました。具体的に購入したのは、髪飾り、帯締め、半襟、草履・バッグ。髪型や帯結びも違うので、見慣れた振袖なのに、新鮮でした。

 着付けは、ベテランの方にお願いしました。髪も着付けもなさる方なので、トータルに纏めてもらえました。


Img_6272.jpg
本人の一番のこだわりポイントは、衿元。
優しい色の刺繍半襟と、手持ちの伊達衿を三枚重ねて。
着物に合った春らしい色味でまとめました。


Img_6287.jpg
帯結びは超絶技巧の変わり結び。
今は変わり結びが主流ですが、飾り紐まで使っているのは珍しかったかな。
何かに使えればと着付け師さんに預けた浴衣用の飾り紐が活躍しました。


Img_6312.jpg
帯締めは、今風の先の割れたのを凝った結び方に結んで。
帯揚げの結び方にも凝る予定でしたが、帯締めの結びにポイントを絞るため、あえて普通に。


Img_6355.jpg
髪飾りはつまみ細工のかんざし。
着物の色と同系のピンクで、伊達衿同様、葉っぱの黄緑が差し色になっています。
長い髪は右側にまとめて垂らし、そこにもつまみ細工の花をいくつか散らして。


Img_6387.jpg
思わぬ雪が、素敵な背景に。
日ごろの行いの成果?!(笑)



 実は長女のときは、振袖も着せず、成人式にも行きませんでした。ちょうどわたしが忙しかったのでテンションが乗らなくて、本人の意思に任せたら、そういうことになってしまったのです。

 まあそれでも問題はありませんが、やっぱりやっておけばよかったかな、と今にして思います。振袖を着るのはいつでもできますが、大人数の中に混じって着られる機会は他にないので。ああいう一大イベントに参加するっていうのも、いいと思うのよねー。



 写真館に次女の写真を撮りに行くときには、長女にも振袖を着せて撮る予定です。そのときは、わたしも訪問着を着るつもり。夫にも着物か袴を着せようかなあ??



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。