スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月の予定

 2013年の正月、初めて自力で着物を着ました。まだお太鼓が締められなかったので、半幅帯を結びました。

 毎日着物を着続け、苦手なお太鼓も、最近やっとサマになってきました。2014年の正月は、ぜひお太鼓を結びたいと思います。

 それから、娘二人にも着物を着せようと思っています。・・・というか、自分で着てもらう。できないところは手伝うけれど、できるところは自分でやってもらう。娘二人を相手に、着付け教室を開催するつもりです。帯も、半幅を自分で結んでもらう。わたしにとっても娘たちにとっても大チャレンジになりそう


 上の娘にはピンク色の小紋、下の娘には黒い銘仙。そしてわたしはクリーム色の大島紬を着ようと思っています。

 3人3様バラバラだけれど、それぞれが一番似合う普段着物です。


 実はなんと、夫にも着物を買っちゃったんだー 夫は背が高いので中古は諦め、プレタを買いました。羽織も一緒に。着付けは、「プレジデントの『男読本』は返しちゃったし、あらあらどうしよう?」と思っていたら、なんと愛読の石田本に男性の着付けも載っているのを発見(今まで知らなかったって、どういうこと?)。これを見ながら、夫の着付けも手伝おうと思います。


 これでカンペキ 一家4人でみんなで着物 毒を食らわば皿まで(?)の勢い すごいよね。今どきこんなの、なかなかないと思う!


Img_02x.jpg Img_30x.jpg Img_19x.jpg Img_38x.jpg


 これが実現できたら、着物初心者を卒業できるかな?

 誰かが体調を崩して行かれなくなったり、悪天候に祟られることなく、無事実現できることを願っています。

 無事みんなで着物を着て初詣に行かれたら、写真を撮ってブログに載せ、それをもって卒業証書としたいと思います。




 ではみなさま、どうぞ、よいお年を!


スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

やりかけたこと

 今年やろうと思っていてできそうにないこと:

 1. 着物の仕立て。阿波しじらの反物を単衣に仕立てる予定でしたが、まだ洗っただけ。

 2. 最近買った小千谷縮絹紅梅の裄直し。夏までには出します。

 3. 収納整理。たんすに入りきらない季節外の着物が、たんすの上に山済み。

 これらは急務ではないので、夏までにボチボチやります。




 何が何でも今年中にやらなくてはならないこと:

 1.銘仙の裄出し。正月に娘に着せる予定なので、絶対やらないと!!


 今むちゃむちゃ忙しいのですが、なんとかヒマを見つけて、これだけはやります!


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

自分なりのスタイル

 素敵!と思えるブログに出会うたび、「あら、こういうのもいいわね」と、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ~。

 わたし、気が多いんだと思う。素敵なブログや本を見ると自分との違いそっちのけで憧れてしまい、真似したくなる。

 でもやっぱり、キャラとか、年齢とか、容姿とか、いろいろあるじゃないですか。「人がやって素敵なことは自分が真似してもやっぱり素敵」なんて保障はどこにもない。なので、自分のスタイルは、やっぱり自分で探さなければならないのであります。ウン。

 自分のスタイルが決まると、余計なところで悩む必要がなくなり、もっとシステマチックに着物を選んだり着たりできるようになって、その分、余裕が生まれるのでは、と期待しています。



 今日は、自分の定番が固まってきた部分と、まだ迷ったり分からないこと、矛盾を孕んでいる部分を点検してみます。


 固まってきたこと:

・ 裄の長さ
 これだけは最初から頑固にこだわり、全部自分でマイサイズに直しています。


・ お太鼓の結び方
 まだ完全には固まっていないけれど、このやり方の前結びをすることが多くなった(動画は二重太鼓だけれど、一重太鼓も)。


・ 着物
 普段着物が好き。紬や小紋。ウールや木綿、麻など、洗える天然素材のものも好き。


・ 半幅帯
 博多小袋帯が好き。軽くて薄くて結びやすく、季節を選ばないから好き。あんまりカジュアルになりすぎないところも好き。
Img_106506.jpg


・ 三分紐
 こういうタイプ↓が、薄くて結びやすく、緩みにくくて使いやすいと分かってきた。しかも洗うとますます柔らかく、締めやすくなる。色数豊富で比較的安価なので、これからはこれで色を揃えていくつもり。
Img_119040.jpg


・ 半襟
 ベージュなど、淡い色無地が一番無難と最近分かってきた。真っ白は顔が黄色く見えてしまうし、柄物や刺繍は着物合わせが難しいので。素材は、伸縮性のある縮緬がきれいにつけやすい。



 まだ固まっていないこと:

・ 裾の長さ
 どのくらいの長さに着たらいいのか分からず、日によって裾の長さがバラバラ。


・ 衿の角度
 半襟の角度、半襟を出す量、衣紋の抜き方など、同じに着ようと思っても仕上がり具合は日によってまちまちだし、そもそもどの程度を目指したいのかも、よく分かっていない。


・ 名古屋帯
 三分紐+帯留めというスタイルが好きなのに、持てる名古屋帯はどれも柄がうるさすぎて帯留めが活かせない。数はけっこうあるのに、使う帯はいつも決まっている感じで、何か揃え方を間違えたとしか思えない。


・ 帯揚げ
 ペラペラの綸子はシワになりやすく、きれいに結びにくいので、縮緬か、綸子でも少し厚手のものを選ぶとよいことが分かってきたが、まだ帯揚げの色の利かせ方がよく分からず、いつもなんとなく帯や着物と同系色を持ってきてしまう。


・ 草履・下駄
 普段着物にはどの程度のグレードの、どんな形を履けばいいのかが、根本的に分からない。下駄と草履の使い分けもよく分からない。

 

 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

脱・アスファルト化

 以前、「アスファルト化して都会のカメレオンを目指す」と書いたんですが、やっぱりアスファルト計画、やめることにしました。

 都会に紛れる色を目指すの、や~めた!

 土曜日に、娘に白・白コーデを着せて思ったんです。これ、ユーレイみたい、って。特にバックが竹林だったりすると、「写ってはならないものが、写ってしまった写真て感じ」(娘曰く)。

 下の写真は横向いているからまだいいんですが、こっち向いてると、けっこう怖いです(笑)。

Img_095714.jpg


 曖昧模糊としたグレーがかかった淡い色で全身をまとめ、都会の保護色に同化すれば、着物姿でも集団に埋没して、目立たないのでは?と思ったのですが、それは初心者の浅知恵でした。

 影が薄すぎて、逆に目立つ(笑)。それがよーく分かりました。

 やっぱり何を着ていても、着物は着物っていうだけで、目立つ。悪あがきはやめて、そういうものだと思うことにしました。

 そんなに目立ちたくなきゃ、洋服を着ればいいのよ、ウン。




 あと、娘に着せてみて、こういうコーディネートは、若くてスラッとした子だから似合うんだ、と分かったのも理由の一つ。わたしが着ても似合わないと思いました。

 一般的には、若い人は明るい色で、年をとったら地味な色、みたいに思われているけれど、実際は必ずしもそうとは限らない。このユーレイルックは、地味な色ですが、わたしより娘のほうが似合うと思う。

 娘が着ると、この色だからこそ、清楚でかわいかった。ま、清楚すぎて、幸薄そうですが(笑)。でも似合っていたとは思います。


 わたしが同じ着物を着るのなら、帯はもっとパンチのある色を持ってきたほうが、全身が引き締まり、痩せてみえるかな、と思いました。

 スタイルのいい人は、せっかくのプロポーションを帯で区切ってしまっては勿体ないけれど、スタイルの悪い人は、柄だの色だので、シルエットを霍乱したほうが、プロポーションの悪さが目立たない気がする。


 ・・・というわけで、アスファルト化はやめて、これからは、自分の似合う色や、帯と着物の組み合わせを探そうと思います。

 

 

 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

帯・小物一覧表

 以前、きもの一覧表について書きましたが、実は、帯や小物についても一覧表を作っています。

Img_1178.jpg
コレです。

 こういう表があると、帯、帯揚げ、帯締め、それぞれなに色を持っているか、何色が欠けているかが一目瞭然。空欄部分の色・アイテムを探すようにしてます。

 着物を買い始めたとき、無作為に買っていて気付いたら、帯から小物から赤系ばかり、ということがあったので、その反省から、なるべく違った色のものをシステマチックにそろえていかれるよう、こういう表を作ったのです。

 
 具体的には、無彩色(白・黒)、三原色(赤・青・黄)、中間色(緑・橙・紫)とアースカラーの欄を作ってあります。それぞれの系統の中から、自分に似合いそうな色を書き入れてもあります。たとえば緑系なら鶯色や抹茶色、黄色系なら辛子色、というように。

 まあこれは袷の時期だけのもので、夏については作っていないんですけど。

 あと、色だけに注目していたら、趣向が似たようなものばかり集まってしまった。名古屋帯はほとんどが八寸のザックリした紬っぽいもの。なんと、オーソドックスな塩瀬の染め帯が一本もない(汗)。塩瀬でも、引き箔や刺繍の帯ならあるんですが。

 なんでそうなっちゃったのかしら?と不思議でしたが、こんな記述に出くわしました。

(染め帯は)季節感を楽しむ部分が多く、着る時期が限られるせいか、初心者にはちょっとこなしにくいところがあります。

(「森田空美の知的きもの入門」p.48より)


 なるほどー、それでかー。塩瀬の染め帯は季節限定のものが多いから、それで手が出しにくかったのかー! それならそれで仕方がない。初心者は、色で変化をつけることに専念します^^。


 最近は、着物だけでなく、帯もアスファルト色が流行りのようで、呉服屋の店頭でも、ネットでも、通販のカタログを見ても、白っぽい色の着物に黒っぽい帯、もしくは黒っぽい着物に白っぽい帯という組み合わせばかり。合わせやすくて失敗はないだろうけれど、さすがに色の組み合わせが2通りしかないんじゃ、つまらない。

 着物は当面アスファルト化しようと思っているわたしですが、帯や小物には色を持ってきて、色の取り合わせをいろいろ試してみたいと思っています。

 「帯に派手なし」って言うし^^。そういう言葉って、ほんとに心強い。勇気百倍です^^。


Img_0763.jpg
帯締めラインナップ。
なるべくいろんな色を集めているつもり。
でもやっぱり好きな暖色系に偏ってますね^^;。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。