スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昭和の戦争と平和」カラーで綴る昭和史

 今ついに、群ようこ著「きもの365日」を読んでいます。そこにテレビで放映されたNHKスペシャル「昭和の戦争と平和」についての記述があり、ネットで探してみたらyou tubeにあったので、見てみました。


 ・ 「昭和の戦争と平和」カラーで綴る昭和史 No.1No.2No.3No.4
 ・ 「昭和の戦争と平和」 BGM (ダイジェスト版)


 8割以上が戦時中の映像で、着物に関する映像はごくわずかでしたが、ここでは着物についてのみ記します。

 「きものの花咲くころ」や江戸東京博物館の特別展示で、戦前の着物女性の写真は見たことがありましたが、映像、しかもカラー映像で見るのは初めてでした。

 でも気付いたことは同じ。今とは少し着物の着方が違う、ということです。

 今は、帯は下を締め、気持ち上をゆるくしたじょうご型が推奨されているけれど、戦前の画像・映像では、帯の上がきつく、みぞおちがへこんで、その上に胸が乗っている。帯自体もクタッと波打っていたりする。

 お太鼓も、今は割と四角い印象ですが、昔のお太鼓は、てっぺんがとんがって五角形だったり、カマボコ型だったり。



 以前は、こういうのを見て、昔の着付けはアバウトだったのね、と解釈していましたが、実はそうではなく、当時はそういう着方が主流だったのでは、と思えてきました。

 なぜならば、お太鼓がとんがるのはともかくとして、意図せずしてたまたまきれいなかまぼこ型になってしまう、ということはないと思ったからです。


 そもそも全身シルエットの目指すところが違う気がする。

 今は、着物はなるべくまっすぐ直線的に着るものとされていて、補正を使ってまでも、胸とおしりの間のくびれを埋めようとする。それに引き換え、昔の着方は曲線ぽい。

 中原淳一の描く着物姿もそうですよね。女性の体が持つ曲線が強調されている。



 どうしてこういう違いがあるのか。考えてみたら、「シワ」の捉え方の違いでは、と思えてきました。

 今はとにかく「シワ」を嫌う。なるべくシワができないように着付け、衿には衿芯、帯には帯板を入れる。ウェスト補正をするのもひとえに、帯にシワを作らないためだと思います。

 着物は平面的に仕立てられているのだから、その形を尊重して、なるべく平面的に、シワを作らないようにしましょう、というのが今のスタンスなのかな? 折り紙の姉さん人形みたいな形が美しいとされている。


 一方、中原淳一の絵の何が魅力って、着物に寄るシワですよね。布に寄るシワが、包み隠されている女性の丸みを想像させる。だから少女の絵であっても、なんとなく色っぽいのだと思います。

 今にも衿がずり落ちそうな細い肩、ゆるくズレた帯・・・。足先まで布で覆ってはいても、中には華奢な体が隠れていますよ、とほのめかしている。それはイラストだからではなく、そもそも当時はそういう着方が主流だったのでは、と映像を見て思いました。

 それに比べると、今の着方は貞操堅固ですね。アンティーク着物の本を見ても、今のモデルさんは今の着方で品行方正に着ている。映画もそう。舞台が戦前であっても、今の映画は今の着方。

 でも昔の着方も色っぽくていいな、と本物の昔の映像を見て思いました。折り紙の姉さん人形は、折り紙だから、曲線なんて作りたくても作れないのであって、生身の女はもともと丸っこいのだし、丸っこく着ても良いのでは。

 もっとも、腹が丸い、という事態は避けたいですが(笑)。

 

 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

ハロウィーンコーデ

 今日はハロウィーン。ハロウィーン気分に浸りたくて、「ハロウィン 着物」で画像検索してみました。

 さすが、橙色と黒が多いですね。そこにちょこっと紫も。カボチャやくもの巣など、ハロウィーンアイテムを使った着こなしも多いですが、オレンジ(というよりは橙色)に黒をあわせると、それだけでハロウィーンぽい。赤と緑なら、デザインがどうであれクリスマスにしか見えない、というのと同じですね。

 逆に、ハロウィーンアイテムを使っていても、色が橙×黒でないと、パッと見、ハロウィンには見えない。わたしも先日、ちょこっとハロウィンを取り入れたつもりでしたが、ウーン、今から思うと、ほんとに「ちょこっと」でしたね・・・。

Img_107909.jpg

 近くでよーく見れば確かに、ハロウィンを意識してるな、って分かるんだけど、遠目で見ると全然分からない。黒っぽい帯に小物を橙色で入れてみたんですが、分量が少なすぎましたかね。(※ そもそもなんで半襟がこんな色なんだ!)

 まあ若くないんだし、この程度が奥ゆかしくていいんじゃない?とも思いますが(てゆか、どうしていつも年齢ばっかり気にするんだろう?)、画像検索の結果みていると、「わーん、わたしももっと思いっきりハロウィンすればよかったよー」とも思えてくる。

 といっても、オレンジ色の着物なんてものは持っていないので、着物はこれとして、せめて帯をオレンジにすればよかったかも。

 たとえばこんな感じ↓

Img_040271.jpg Img_040274y.jpg


 すいぶんと前~に家で撮った写真を引っ張り出してきたので帯回りが寂しいですが(左)、これに帯揚げやら帯締めなどをあわせたら、もっとハロウィンぽくなったのでは??(右)

 ウン、そうだ、来年はそんな感じで行ってみよう。



 ちなみに、画像検索で見つけた中で、特に素敵~~~♪と思ったのは、こちらのページ

 おちゃらけておらず、しっとりとしているのに、なおかつバッチリ、ハロウィンなところがいい。特に、帯揚げの色の効かせ方に惚れました。着姿もきれいで、背景もいいですよねえ・・・(うっとり)。



 思わずリンクを辿って、ブログ拝見しちゃいました。

 ・ みわはの着物日記

 ハロウィンコーデのみならず、わたし、この方の着こなし、全般的に、すっっっっごく好きかも~~~~!!!! 特に色使い。着物の色が好き。帯の色の合わせ方も好き。着姿も美しいーーーー! 写真全体の完成度が素晴らしい! しかも大きく見せてくれる。

 特に「着物で花めぐり」。ご主人も着物を着ていらっしゃいます。わー、うちの夫にも着せたい!

 他にも、お茶のお稽古で着物、古い町並みで着物、更に、外国でも着物を着ていらっしゃる! 素敵~! 素敵~! こういうの、大好き! 大好きすぎて、鼻血が出そう・・・。

 まだほんの一部しか拝見していませんが、また大好きなブログが一つ増えてしまった^^。

 ハロウィン、万歳!


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

リサイクル着物店店員さんのブログ

 またしても良いブログを見つけてしまいました。

 着物つれづれ。

 というブログです。元リサイクル着物店に務めておられた方のブログのようです。「着物を着たいと思ったら」というカテゴリの内容が非常に濃く、「そう、それが知りたかったの」と思うようなことがいろいろ書かれていました。

 しかし、

こうした文章を書くにあたって、心がけたのは、”文字ばかりで一見読みづらい文章にすること”。

というのが面白いですね(※ ブログ休止のお知らせより)。でも、記事が長めで、あまり写真はないものの、実際には読みづらくはありませんでした。



 特に気に入った記事を二つほどあげてみます:

 自分の中の着物の定義 ―――「ちゃんとした」着物と「ちゃんとしていない」着物

 この記事はすごく好き。「高級かどうか」ではなく「使えるかどうか」が着物を選ぶ基準という、わたしみたいな人にはとっても「わかる~!」って感じだと思います。むしろ高価だったという事実が使う妨げになる。これも分かる~!

 あと、

紬、特に大島は雨に強いんです。

の一文は心強い。降雨確率20%でさえ、紬を着る勇気が出ないわたし。でも着ないのは、それはそれでもったいないですよね。思い切って「雨用大島」を一枚作るとするか。


 仕草と体型と気候と着物 ―――現代日本人には着物は難しい?!

 着物の歴史に詳しい記事です。お侍が袴を履いていた理由が面白い。なんかよく分からないけど、護身の一種だったのかな?

着付の先生はしきりに「昔の人は」と言いますが、私からすると、
「じゃあ、その『昔の人』っていつの人よ?!」
と聞き返したくなります。

これにも笑ってしまった^^。一把一絡に「昔の人は」と括れるほど、歴史というのは均一ではない、とわたしも最近歴史に興味を持って気付いたので。


 まだまだ他にも興味深い記事がありましたが、とりあえず二つだけ挙げてみました。



 リサイクル着物店の店員さんというのを、わたしはけっこう信頼しています。普通の呉服屋さんより、知識・経験の豊富な方に遭遇する率が高いので。この辺は、普通の本屋の店長より古本屋のおやじのほうが概して目が利く、というのと同じ理屈でしょう。

 加えてリサイクル着物店の店員さんは着物好きな方が多いし、リサイクル着物店のほうが、まだしも店員さんの金銭感覚がまとも。


 売る側の言い分もあり、買う側にとっては耳の痛い話もありますが、そういうことも含めて、本音が読める貴重なブログだと思います。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

きものんの着付け動画

 心がほっこりする着物動画(you tube)を見つけました。

・ 『きものん』着物の着方

 このほかにも、「二重太鼓の結び方」とか、「名古屋帯の結び方」とか、31もの動画をアップされているようですが、何か癒される感じで、全部見ました。気に入ったものは何度も見ています。

 この方、女優さん・・・なのかな? アナウンサー出身で、こばやしあきこさんとおっしゃる方です。公式ウェブサイトとかブログも複数お持ちの様子。

 この着付け動画のどこが魅力って、とにかく声と話し方が素敵なんです。京都の方のようで、どことなくイントネーションが京風。それに声がとてもきれい!!

 「鈴を振るような」とか「玉を転がすような」という形容がありますが、それはこういう声のことを言うのだと腑に落ちました。ほんとにまさしく玉を転がすような、鈴を振るような、華やかでまろやかな、もう、ほんっっとに素敵なお声なんです。その声で京都風味な言葉を話すのだから、たまらない~~!!

 実はわたし、着物にハマり始めた頃から京都弁にもハマり、実は京都弁の会話集まで持っていたりします^^。

Img_106503.jpg
旅の指さし会話帳 KYOTO」。


 ついでに沖縄(ウチナーグチ)も^^。

Img_106502.jpg
旅の指さし会話帳 沖縄」。

 ・・・って、関係ないですが(笑)。

 このシリーズの出版社のサイトでは、無料で京都弁の音声のダウンロードもできるので、それをiPod touchに入れて、電車の中とかで聞いたりもしています。もうビョーキ^^;。

 ・・・あ、ちなみにこの音声を、京都出身の友達に聞かせたら、いつも標準語しか使わない彼女が、突然釣られて京ことばになってしまい、すっごく可愛かった^^。思わず、萌えました(笑)。

 とにかく京都弁、大好きなんです。京都の柔らかなイントネーションが好き。それを玉をころがすような声で話されたら・・・。萌えます!! 女でも!!




 ・・・というわけで、声を聞きたくて、何度も動画を見ています。

 動機は不純ですが、動画を見れば、やはり着付けの勉強になります。

 この方の着方で一番新鮮だったのは、下前の折り上げ方です。おはしょりのところの。わたしが知っているのと左右が逆! 衿先のほうを残し、右に向かって折り上げる。これは下前の衿が安定しやすくていいな、と思いました。

 但し、欠点も。結果として、上前のおはしょりより、下前のおはしょりの出ている部分が短く、不揃いになってしまうんです。でもこばやしさんはそれを全く気にされていないご様子。え、それでもいいの?って、目からウロコでした。

 あと、着物の背中心はなんとなく、首の付け根から床まで、背中の背中心にくるようにするのがきれいな着付けだと思っていたのですが、こばやしさんによれば「背中心のラインが、下(腰ひもより下)は、右側のお尻くらいにきていると、きれいだといわれています」だそうで、これも目からウロコでした。

 帯も、名古屋帯の結び方は、お太鼓が相当傾いでいて、「ええっ?! 大丈夫?」と思ったのですが、出来上がってみると、多少傾いでいるものの、そんなに違和感ナシ。お太鼓の傾ぎをそんなに気にすることはないんだ、と気付きました。

 帯揚げの結び方もそう。結び目をギュッと結び、そんなに形を神経質に整えないので、雑誌の着付けのようにきれーいではない。でも、全体として、とてもきれいな着姿なんです。



 なんだかこの動画見ていたら、わたしは本質ではないことにこだわりすぎているかも、と思いました。そしてその分、一番の基本がおろそかになってしまっている気がしました。

 おはしょりの長さだとか、左右が完全に水平かどうか、そういうことより、全体としてピシッとしていることが一番大事なんだ、と気付きました。

 9月の終わり、自分の着付けに少し満足できるようになったのは、この動画の影響も大きいです。着付けの技術は大して変わっていない。ただ意識が変わったんです。細かいことにこだわらなくなった分、基本に気持ちをかける余裕が生まれました。

 着付けには様々な流派がありますが、どんな着方でも、きれいな着姿はきれい。それは、細部は違っていても、押さえる基本は一緒だからなんだな、と思いました。

 今まで、人からダメ出しされないように、ヘタクソと思われないように、あそこを気をつけて、ここを気をつけて・・・と、人の目ばかり気にしてビクビクしながら着ていた着物。それは違うのよ、とはんなりした京都のイントネーションで教えてもらったような気がします。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

パン屋のきよみさん

 とっても気に入っているyou tubeの着付け動画です。

普段着物 長襦袢の着付け【毎日♪着物でパン屋のきよみさん】

普段着物 着物の着付け【毎日♪着物でパン屋のきよみさん】

普段着物 半幅帯の帯結び【毎日♪着物でパン屋のきよみさん】

 一番最初に知ったのは、半幅帯の帯結びで、ずいぶん前から何度となく拝見してます。特に参考になるのが、帯締めの結び方。わたしにとっては他のどんな動画より分かりやすく、いつも参考にさせていただいています。

 長襦袢編と着物編を知ったのは最近ですが、その丁寧な着方に心打たれました。ヒモ一つでも、グシャグシャにしない。手早いけれど、きちんとしてる。ピッピッって感じです。


 着付けも、細かいポイントを話しながら見せてくれるので、分かりやすいです。

 それってすごい才能だと思う。できることと人に教えられることは違うからです。わたしは日本語ネイティヴで、いちおう日本語ペラペラだけど、外国人に日本語が教えられるかっていったら、教えられないもの。「どうしてそういう言い方をするの?」と聞かれても、答えられない。意識的に日本語を喋っているわけじゃないからです。

 それと同じで、毎日のようにご自身で上手に着物を着ている方だって、必ずしも、人に着物の着方を教えるのが上手とは限らないと思うの。だから、教えられる人ってすごいな、と思うのです。たぶん日頃から、意識的にポイントを押さえながら着物を着ていらっしゃるのでしょう。

 でもこれ、わたしも見習おうと思います。バスの運転手さんの「右よし、左よし」みたいに、意識的に確認しながら着るの。


 あとすごいな、と思うのは、動画を見る限りでは全く補正をしてらっしゃらないっぽいこと。

 それでどうして着崩れないんだろう?と不思議でしたが、自分で真似してやってみたら分かりました。たぶん、腰ひもをウェストの一番くびれたところにかけるからですね。

 あと、お腹が出てないから、補正が必要ないのかもね。ウラヤマスィ~! ウェストがキュッと締まった着物姿って素敵だな、と動画を見るたび思います。あくまでわたしの好みですが、着物もやっぱり胴にメリハリがあったほうが、華奢で女らしい気がする。

 着崩れさえしなければ、わたしもわざわざ補正なんてしないのだけれど・・・。

 わたしは着物の丈が短めの着物を着ることが多いので、腰ひもの位置は、腰骨ギリギリにかけることが多く、補正で寸胴にしないと、腰ひもがせり上がって着崩れてしまうのです。それにお腹出てるしね。腰ひもって、えてして丸い腹を迂回したがるのよ

 ・・・そういうわけで、個人的事情により、全部真似できるわけではないんですが(悲)、きよみさんのキャラが好きで、よく拝見しています。



 なんと最近、ブログも発見~! 「毎日♪着物でパン屋のきよみさん」。5年くらい前から更新されているようです。

 毎日ピシッと着物を着て、携帯で写真を撮り、パン屋に出勤。それをこの方は5年も続けてこられたんですね。

 たぶん、それがきよみさんの生活の「型」なんでしょうね。仕事と家庭を両立させるだけでも相当忙しいだろうに、増して着物なんて、と一見思えるけれど、逆に着物を着ることが、生活の型を維持するペースメーカーの役目を果たしているのではないか、と思いました。

 「これ」と決まった型があると、暮らしがシステマチックになり、テキパキと効率よく時間が使える。一つ型を作り、一度作った型はそう簡単に変えない、迷わない。それが限られた人生の時間を効率よく使って物事を成し遂げる秘訣なんじゃないかと最近よく思うのです。

 ただ問題は、その「型」を作るまで。迷ったり悩んだり、試行錯誤したり、ターイヘン。

 わたしは今、延々とそれをやっているわけだけれど、きよみさんの着付け動画とブログを拝見していたら、生活も着付けも、要所要所で「右よし、左よし」みたいな感じで意識的にピッピッと確認していけば、テキパキと、しかも美しく仕上がるのかな、と思いました。

 人間は人それぞれだから、自分のやり方は自分で探すしかないけれど、こういう、一つ一つ着実にこなしていく人の生き方、やり方は、とても参考になります。人生に関しても、着付けに関しても。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。