12月の着物体験

 毎月恒例の鎌倉、12月は建長寺から天園ハイキングコースに入り、瑞泉寺まで巡ってきました。珍しく家族が4人揃い、皆で山の中を約2時間歩きました。足場が悪いので、洋服で行って正解でした。

建長寺の紅葉
建長寺の紅葉。

半僧坊の紅葉
半僧坊の紅葉。みな足を止めて上を眺めていました。

瑞泉寺
瑞泉寺。紅葉だけでなく、季節はずれのいろいろな花が咲いていました。

鎌倉のモミジ



 12月はなんと、着物を6回も着ました。

Img_4c8734.jpg Img_4c8732.jpg

 アラブ文化講座一週目は、信州紬に洒落袋、アンティーク羽織、自作のモミジ帯留め。大好きなアイテム尽くしの取り合わせ。下半身はリップルのズボン下で暖か^^。上半身はババシャツを着ていかなかったら、腕が冷えました。

 アラブ文化講座二週目は、クリスマスカラー(白・赤・緑)を意識しました。韓国白大島に半幅帯をパタパタ結びに。前週の経験をふまえ、長袖のヒートテックを着ていき、快適でした。本当は、箸置きで作ったクリスマスツリー型の帯留めもしていったのですが、行く途中で落としてしまいました。

 また、ボリュームを出したくてわざわざ長い帯を選んだのに、なぜか帯に余裕がなかった。なぜ?!と思ったら、胴に三周巻いてました(笑)。出掛けに時間がなかったので、やり直しはせず。


Img_4c8822.jpg Img_4c8825.jpg

 左はスペイン語多読オフ会、右はアラブ文化講座三週目。着物と羽織は同じもの。帯回りだけ変えました。

 スペイン語多読オフは、キューバ料理に合わせて南米っぽい帯をチョイス、帯から取ったターコイズブルーを効かせ色に。

 アラブ文化講座はオリエンタルな帯を中心に、小物をピンクに統一。雨で寒かったので、ウールのショールをプラス。この日のポカは、帯留めの上下が逆だったこと。ああ~~。せっかくの帆船が~!

 羽織紐はいずれもこちらの作家さん(ヤフオク)のもの。ワイヤーを使っているので丈夫。安心して使えます。


Img_4c8904.jpg Img_4c8906.jpg

 左は学校主催の国連アラビア語デー・イベント。いつもより少し改まった感じにしようと、江戸小紋に引き箔の名古屋帯。でも帯締めで画龍点睛を欠きました。カジュアルすぎましたね。礼装用でよかったかも。行き帰りは道行きコートにショール。雨だったので濡れてしまった。

 右は夫と買い物に。羽織は昨年買い、今年やっと裄を出したもの。本当はあともう一センチ出したかったのですが、アンティークなので縫込みが少なく、これが精一杯。丈が長くて古風なところがとても気に入っています。帯留めは、落としてしまったクリスマスツリー型の箸置きをもう一度購入。今回は金具を瞬間接着剤でガッチリ接着。



 アラビア語の講座は毎週、とても楽しいです。着物で行くと先生方も喜んでくださり、イベントでは「ぜひ着物で」という先生のご要望で、普段は着物を着ないのに、着物を着ていらした発表者もいました。こうして着物仲間が増えるといいな^^。

 着物仲間がいるって、本当~~~にシアワセ!! 人の着姿を見ると着こなしの参考になるし、情報交換もできます。たとえば、いつも友達のお太鼓がとても決まっているのでコツを尋ねると、長めの帯枕を使っているとのこと。早速真似っこすることに。

 帯枕のロングタイプにもいろいろあって、長さも仕様も様々。じっくり選んで、裏にボール紙がついていない25センチのにしました(→コレです)。早速使っていますが、お太鼓の形がきれいに決まって感激~!

 長さにこだわったものがもう一つ。着物用ハンガーです。これもロングタイプといっても長さは様々で、二つ持っているのですが、使いやすさがまるで違う。エンジ色のはアームが短めで(126センチ)、フックにも安定感がない。使うたびにイライラするので、アームが141センチで、フックに安定感のあるオレンジ色のをもう二本買い足しました(→コレ)。

 道具って大事ですねえ。ちょっと普通より寸法が長かったり、ほんの少し使い勝手に気を配って作ってあるだけで、すごく便利に快適に使える^^。

 あと、 友達にヤフオクのウォッチリストを見せてもらったのを機会に、またまたオークション熱が再燃。ヤフオク、去年よりも良いものが手頃な価格で買える気がする。早速いくつか買ってしまいました。



 今年は28回着物を着ました。毎月最低一度は着物を着られたことに満足しています。

 着物ではありませんでしたが、鎌倉にも毎月欠かさず行きました。鎌倉って広いですね。毎回違うルートを選んで歩いたのに、まだ有名どころすら回りきれていません。今年行かれなかったところはまた来年行こうと思っています。

 すごく頑張って着物を着ていた昨年に比べると、今年は着付けが手早くなり(特に帯結び)、精神的な気負いも減りました。着物を着るか着ないかで悩まなくなりました。自分なりのペースがつかめた気がします。

 また、昨年は手当たり次第いろいろ試しましたが、今年は自分の好みや似合うものが分かってきて、自分なりのスタイルができつつあります。

 なんとなく、一生着物を着続けられそうな気がしてきました!(今更(笑))

 

 月にたった一度の更新にもかかわらず、読みにきてくださるみなさまに、心より感謝申し上げます。

 来年もまたこのペースで更新を続けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年をお迎えください。


横浜・山手のイチョウ
横浜・山手のイチョウ。



スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

11月の着物体験

 11月の鎌倉は、月末に荏柄天神社と報国寺へ行きました。

Img_4b8008.jpg
報国寺の銀杏は圧巻。枝垂れるような、独特の枝ぶりでした。

Img_4b8005.jpg
どこからどこまで行き届いた、きれいなお寺ですねえ。
駅からずいぶん遠いのに、さすがに参拝客がたくさんいました。


Img_4b7996.jpg
荏柄天神社はとってもかわいい。

Img_4b7994.jpg
交差した二本の大木をくぐって入るところも素敵。
有名な大銀杏は残念ながら、まだ色づいていませんでした。


 帰りに鶴岡八幡宮にも寄りました。

Img_4b8034.jpg

Img_4b8041.jpg
国宝館の前の銀杏がきれいでした。


 11月は健康上のトラブルで、4回あったアラブ文化講座のうち、二度も欠席。着物を着たのは二度だけでした。

Img_4b7966.jpg
一度目は、洋生地で祖母が縫った着物に名古屋帯。羽織は単衣。
着物が地味なので、華やかなオレンジ色の帯、帯揚げを合わせました。

Img_4b7968.jpg
二度目は、藍大島に名古屋帯。羽織は袷。

 この着物、柄合わせのアバウトさから、奄美大島の大島紬ではないと思っていたのですが、先日、これとよく似たテイストの大島紬を着物に詳しい方が着ていらして、昔の大島紬は柄合わせが今のようにカッチリしておらず、カスリ具合が大きかったとのこと。

 今まで「ニセ大島」なんて呼んで、ゴメンね。


Img_4b8025.jpg

 銀杏はきれいでしたが、鎌倉の紅葉は12月に入ってからが本番。12月はまたモミジを見に行こうと思います。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

10月の着物体験

 10月は二度着物を着ました。

 一度目は鎌倉へ。東慶寺と浄智寺に行きました。色とりどりの実が見られました。

空色のノブドウの実
色とりどりの野ブドウの実。東慶寺にて。

オレンジ色のピラカンサの実 黄色いピラカンサの実
どちらもピラカンサ(トキワサンザシ)。株によって色が違う。浄智寺にて。

紫色のコムラサキの実 黒いヤブミョウガの実
左:コムラサキ、右:ヤブミョウガ。

緑のマンリョウの実 赤いマンリョウの実
どちらもマンリョウ。赤くなる前と後。

 花もきれいでした。

Img_4a7833.jpg
なんと朝顔がまだ咲いていた! 実はアジサイも咲いていました。

ワレモコウ Img_4a7796.jpg
花寺・東慶寺はさすが、秋も百花繚乱。




Img_4a7898.jpg Img_4a7752.jpg
着物は久留米絣に、琉球風の博多献上に合わせ、カジュアルに。
木綿の着物を外に着ていったのは初めて。滑らなくて、着付けがしやすいですね^^。

草履はオニュー。二足目のカレンブロッソです。
一足目よりも鼻緒をきつめにすげてもらいました。



二度目は、月末にアラブ文化講座へ。
この日はクラスで3人、着物。休み時間に写真大会をしちゃいました^^。

Img_4a7935.jpg
着物は袷の大島紬。帯はザックリした八寸名古屋。
夜の帰りは寒く、単衣の羽織が重宝でした。
この日も草履は二足目のカレンブロッソで。二回目ですっかり足に馴染みました。


シュウメイギク
東慶寺にて。シュウメイギク。

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

9月の着物体験

 9月は2度着物を着ました。

 一度目は16日、今期最初のアラブ文化講座へ。講座の前に日本橋で開催されていたアートアクアリウムに寄りました。

Img_496247.jpg
金魚・水槽とアートのコラボレーション。
きれいだったけれど、1000円の入場料はちと高い気が・・・。

Img_496251.jpg
絹紅梅に博多帯、絽の帯揚げと夏用帯締めで夏物仕様。


 二度目は21日、バレエの発表会へ。

Img_496439.jpg
これも同じ絹紅梅。絽の帯揚げ、帯締め、帯と、帯周りを紫系統で統一。

 今年の残暑は厳しいほうではありませんが、まだ単衣を着る気にはなれませんでした。実際、麻の襦袢に絹紅梅でちょうど良い感じ。

 薄物を9月に着るのはルールどおりではありませんが、ルールを気にして暑さ・寒さを我慢するより、自分自身が快適なものを着ることにしました。


 鎌倉へは24日、彼岸花と萩を見に、洋服で。小雨が降っており、花の色が鮮やかでした。

Img_496284.jpg
英勝寺の彼岸花。若干見頃を過ぎていました。もう2、3日早いほうがよかったかもしれない。

Img_496345.jpg
鶴岡八幡宮の裏手。ここはちょうど見頃でした。

Img_496413.jpg
萩で有名な宝戒寺。赤は少なく、白が中心。黄色もありました。

Img_496304.jpg
英勝寺の赤萩。

Img_496340.jpg
浄光妙寺の赤萩はとても色が濃く、鮮やか。

Img_496393.jpg
宝戒寺の白萩。落ちた花で地面が真っ白。さすがに圧巻でした。

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

8月の着物体験

 8月は、月の終わりの30日になって、やっと着物を着ました。駆け込みのノルマクリアでしたが、着てよかったです。涼しい日で過ごしやすく、なおかつ雰囲気だけは夏で、楽しい夏の思い出ができました。



 今回はサルスベリを見に、鎌倉駅周辺のお寺を3つ回りました。

Img_486005.jpg
最初に訪れたのは本覚寺。大木の枝ぶりが見事でした。


Img_486054.jpg
Img_486107.jpgImg_486069.jpg
お次は本興寺。様々な色のサルスベリが見られました。

Img_486148.jpg
Img_486134.jpgImg_486138.jpg
妙本寺。大きなお寺だなあ~~!!
ノウゼンカズラがまだ咲いていて、タチバナが、花と実をつけていました。


Img_486128.jpg
Img_486155.jpg
そのあと本興寺脇の「谷口屋」でカキ氷とアイスを食べました。
カキ氷はモモ味。市販シロップの作り物っぽい味ではなく、美味しかったです。
しかもシロップが沈殿することなく、上のほうまでしっかり味がついていて不思議~。


Img_486167.jpg
着物は、小千谷縮に沖縄っぽい文様の博多半幅帯をあわせました。
帯留めはギョク。着物と色がピッタリ。
麻の着物は風通しがよくて、本当に快適ですね。しかもザブザブ洗える。

 雨上がりで涼しく、また午前中にササッと行って帰ってきたというのもあり、全く汗ばむこともなく、快適そのものでした。

 浴衣姿の夫は、何を思ったか、下にヒートテックの上下!! いくらなんでも8月にヒートテックはないでしょうと思い、ズボン下だけ脱がせましたが、シャツはそのまま^^;。でも快適だったようです。


Img_485997.jpg

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ