スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統芸能の宴

 伝統芸能を見に行ってきました。能と狂言と、長唄と日本舞踊が一度に鑑賞できました。

2017_Img_5241.jpg
場所は、国立能楽堂でした。

2017_Img_5246.jpg

 わたしの席は写真の右端。橋掛かり(袖と舞台を繋ぐ通路をそう呼ぶらしい)のすぐそば。一般的には良い席ではないのかもしれませんが、役者さんがすぐそばで見られて大満足でした。

 能は「融(とおる)」という演目でした。幽霊の話だそうですが、セリフが全く聴き取れず(古い日本語)、話の筋がさっぱり分かりませんでした。

 狂言は有名な柿山伏で、あらすじを知っていたからか、セリフもほとんど聴き取れ、とても面白かったです。

 能はわたしには格調高すぎるかなー。狂言くらいがちょうどいい^^。

 長唄は「鶴亀」、日本舞踊は「月の煌々」という創作舞。二人の赤獅子の舞でした。

 一度に4つもの伝統芸能が鑑賞できて、大満足でした。 

2017_Img_5300.jpg
ロビーには様々な展示物が。

2017_Img_5307.jpg
エキゾチックなものも多かったです。

2017_Img_5222.jpg
これはヨルダンの寄木細工。

2017_Img_5254.jpg
アラブのコーヒーポットを鑑賞中。
友だちに撮ってもらいました。ヤラセ写真です^^;


 お客さんも着物姿の方が多く、目の保養になりました。

 そうそう、2年前のアラブ・チャリティー・バザーで、パレスチナの刺繍帯を売っていた方が、また素敵な刺繍帯で見にいらしていました。思わずお声がけしてしまいました。この日はシックな紬をお召しでした。着物が抑えた色目なので、帯の刺繍が引き立っていました。写真を撮らせてもらえばよかった;;


 【今回の装い】

2017_Img_4816.jpg
紋なしの訪問着
軽めの綴れ袋帯
平織りの帯締め

 能楽堂! 伝統芸能! ということで、ちょっと格調高めに訪問着。帯は綴れ帯ですが、少し軽め。

 でも他の着物姿の方を見ていたら、紬、小紋、訪問着など千差万別。特に「こう」という決まりはないんだな、と思いました。ただ「きちん」として見えればいい。紬でも髪をきちんと結い上げていると、カジュアルには見えない。要は洋服同様、「特別な日だからおめかししてきました」という気持ちが伝わる装いであればいいんだ、と分かりました。

 上に道行コートを着ていきました。舞台鑑賞は午後で、午前中は友だちと新大久保のコリアンタウンを散策。お昼は韓国料理を食べました。割と温かい日で、ヒートテックとズボン下をはいていたので、寒くはなかったです。



 実は能も狂言も、生で見たのはたぶん初めて。伝統芸能って、なかなか見に行くチャンスがないので、今回はお誘いをいただき、見ることができてよかったです。

2017_Img_5214.jpg

 




 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

浅草へ

 着物仲間と三人で、浅草界隈と馬喰町呉服問屋街を散策してきました。

2017_Img_4669.jpg
↑生まれて初めてきびだんごを食べました。


 それぞれ午前中に仕事を終え、浅草のモンブランというハンバーグ屋さんで待ち合わせ。人気のお店のようで、行列ができていました。

2017_Img_4566.jpg

 混み出す寸前から友達が到着し、順番待ちをしてくれたので、待たずに済みましたが、あと5分遅かったら30分待ちだったかも。

 わたしはロシア風ハンバーグ、友達はそれぞれオランダ風、イタリア風のハンバーグを注文しました。それぞれ全く味が違い、どれもおいしかった。他に和風、メキシコ風、フランス風と、全部で6種類ありました。全部食べてみたい。

2017_Img_4562.jpg

 そのあと長谷川草履店へ。有名な草履屋さんなんですってね。台も鼻緒もたっくさんありました。綿入りのフカフカの草履が、足が疲れなくて良いそうです。(全部友人の受け売りです(笑))

 そのあと仲見世を歩き、たんす屋さんへ。ここでわたしは着物を一枚購入。詳しくは最後に書きます。

 「 あづま」という和菓子屋さんの店頭できびだんごを立ち食べ。昼食を食べたばかりでお腹がいっぱいだったので、友達が買ったのを一本だけもらいました。これが桃太郎がサルやキジにあげた「きびだんご」かーー! いままで「きびだんご」と聞いて、みたらし団子を想像していたわ(笑)。

2017_Img_4666.jpg

 そのあと、地下鉄に乗って馬喰町の問屋街へ。ほとんどは「会社」という感じで、通りは閑散としていましたが、小売をやっているお店が何軒かあり、小物を購入。

 そのあと、もう夕方だったので、夕食にしようと、馬喰町で見つけたアジアンレストランへ。わたしはカレーセットを頼みました。マイルドなバターカレーがすごく美味しかったけど、お腹がいっぱいで、とても全部は食べ切れなかった。

2017_Img_4672.jpg

 ここでなんと、5時から9時まで4時間ねばっておしゃべり。夕食時のお客として、一番に入り、最後に出てきた(笑)。

 楽しかったーーー。本当に楽しかった。老舗の草履屋や呉服問屋なんて、一人だったらなかなか入る勇気がない。友達が誘ってくれたおかげで、得がたい経験ができました。

 あと、なんといってもおしゃべりが楽しかった。二人とも、わたしより一回りも若いし、全く違う世界を経験しているので、いろいろ面白い話が聞け、世界が広がりました。アラビア語と着物という接点がなかったら、きっとこんな風につるんで浅草を歩くこともなかっただろうな。

 昨年から更年期障害で心身共に不調で、着物を着る回数も減っていたし、着ても写真を撮ったり、ブログにアップする気力がありませんでしたが、今回は久々に、ブログを更新したいという気持ちになりました。食べ物の写真ばかりですが、お許しあれ。


 【今回の装い】

2017_Img_4674.jpg
ポリエステルの羽織
きもの英の小紋
帯は正絹の八寸名古屋
白珊瑚の帯留め

 雨が降っていたので、帯以外ポリエステル。でもすぐ止んだ。傘も折りたたみにすればよかった。傘をたんす屋さんに置き忘れ、途中で戻りました。友達二人は天候の変化を読み、二人とも折りたたみ傘。さすが~!

 前日冷え込んだので、防寒対策ばかり考え、着物の下に長袖のTシャツとズボン下を履いていきました。そしたら行きの電車の中は暑かった~~! でも夕方また寒くなったので、結果的にはこのくらいでちょうど良かったかと思うのですが、10月からズボン下なんて履いていて、冬を乗り切れるんだろうか。


 【購入した着物】

2017_Img_4570.jpg
購入した着物の柄のアップ。ポリエステル。

 値段と洗える素材、そしてこの色柄が一目で気に入って購入。裄を直さずに済むサイズだったのも購入の決め手。友達には、「いかにも好きそう~~!」と言われました(笑)。

 実際、こういうの、大好きで、似たような着物をすでに持っています。

2017_Img_4569.jpg
藍大島

 この大島、色柄がとても気に入っているのですが、裄が短く、直さないと着られないので、購入してからもう2年も放置したまま。なので手っ取り早く、裄を直さず、どんな天候でも気にせず着られる着物が欲しかった。

 ポリ着物は天候を選ばず着られるので、やはり便利ですね。


 
 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。