家族で着物

 一家4人で着物を着て、鎌倉の鶴岡八幡宮へ行ってきました。

Img_012300.jpg
神苑ぼたん庭園にて。通りすがりの方が撮ってくださいました。



Img_012397.jpg
着物といっても、4人4様、テイストはさまざま。


Img_012221.jpg
夫は、草履は鼻緒のところが痛いのでゼーッタイにイヤ、と拒否。履物はサンダル(笑)。


Img_012299.jpg
上の娘ははんなりした小紋に道行コート。下は半幅帯ですが見えないので、正統派お出かけ風。


Img_012387.jpg Img_012386.jpg
下の娘は大正ロマン+今風に。銘仙にアンティーク長羽織、半幅帯にはレースをあしらい、足元はブーツ。


Img_012186.jpg
わたしはバブル時に大流行した大島紬でいつもの昭和コーデ。羽織で見えませんが、洒落袋で二重太鼓を結びました。




 予定通り、着付け教室を開催し、みんな自分で着ました。

Img_011901.jpg
半幅帯講習会の図(笑)。


 みんなで着物を着られて、と~っても楽しかったです^^。



 着物初心者の一年は、これでおしまい。 初心者、卒業!

 ブログ更新も、ひとまずこれで終了します。



 いつもブログを読みにきてくださるみなさま、ありがとうございました。伊達締めと帯締めの区別もつかないところから始めて一年間、着物を着続け、こうして曲がりなりにも家族全員で着物を着られるまでになりました。

 どんどん増えていくアクセス数や拍手の数で、たくさんの方々に見守られていることを感じていました。それがブログ更新、ひいては着物を着る大きなモチベーションになっていました。

 応援してくださった皆様に、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。



 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

着物でクリスマスコーデ2

 クリスマスコーデで出かけてきました。

 ・・・といっても近頃忙しいので遠出はできず、行き先は近所の商店街。貯めた福引券で歳末福引を7回ひき、いつもの和食屋さんで定食を食べてきました。

Img_121610.jpg
近所のショッピングモールといえども、この時期は華やか~。

 本当は「サンタと写真を撮ろう大会」に、相当参加したかったのですが、整理券ゲットに時間がかかりそうだったので断念><。夫に「なんでそんなのに参加したいんだ」と不思議がられましたが、英語を喋るホンモノのサンタなのよ~。サンキューとか言ってツーショット撮りたいじゃないの。 

 ちなみに福引は全て赤玉。ポケットティッシュを7つ貰ってきました。去年は13回ひいたけど、全部ティッシュだったな・・・(遠い目)。

 帰りに買い物をし、また2回分の福引券を貰ったので、次回に賭けます!


 本日の装い:

Img_121548.jpg Img_121522.jpg
着物:結城縮らしき幾何学柄の紬
帯:九寸名古屋帯(茜色)
半襟:オフホワイトの縮緬
帯揚げ:グリーンの縮緬
帯締め:白い三分紐
帯留め:クリスマスツリー型の貝の箸置き


 帯留めと帯揚げはクリスマスコーデ・パート1と同じ。クリスマスカラー(赤・緑・白)にこだわりました。

 草履の底が高いので、着物をいつもより長めに着たら、おはしょりが短くなってしまったので、中途半端に出るよりはいいかと思い、帯の下に隠しました。

 最近こういう着方がマイブーム。写真は手で隠れてしまっていますが、おはしょりが見えないほうが、却ってお腹がスッキリ見える気がする。


 下着は、肌襦袢の代りにユニクロの長袖インナー(袖口から見えないように、ひじまでたくし上げ)、裾よけの代わりにリップルのズボン下を履いて行ったら、暖か~~♪ 暖かすぎて、ランチのときには羽織を脱いでいました。


 最近、乾燥しているからか、また静電気に悩まされ始めました。ポリの長襦袢がフワフワと、翻った着物の裾から出てきてしまう。

 でも今読んでいる「きもの365日」に

きものを着たときは膝がコンパスになる(p.51)


と書いてあったので、早速実践してみました。洋服のときのように足の付け根から動かさず、膝から下だけを動かして歩くと、着物の裾が翻りにくいのだそうです。

 そしたらホント! 今日は裾があまり翻らず、長襦袢がはみだしてきませんでした!!

 ただ慣れない歩き方だったので、すごーく疲れました。明日は脛が筋肉痛かも・・・。

 あと、この歩き方でも全く裾が翻らないわけではないので、裾の補強用につけた豹柄のテープが丸見え(汗)。「隠れたオシャレ」と言い逃れるには厳しいものがあるので(笑)、何か対策を講じないと。


 あと、問題は帯です。この帯は前結びで結ぶとと~っても結びやすいので、いつも前結びで結ぶのですが、なぜか帯だけ下がって前結び用の帯板が上から見えてしまう(下の写真参照)。

Img_121538.jpg
帯揚げと帯の間の黒いのが前結び用帯板

 きっと帯幅が狭すぎるのだろうと思って、帯を少しずらして締めてみるものの、それでもダメ><。何度引き上げても、すぐまた帯だけ下がってきてしまう。

 でも今日なぜだか分かりました。この帯、ポリでしかも塩瀬だから、滑って落ちやすいんだと思います。下が着物ならいいけれど、下も滑りのいい前結び用帯板だから。

 でも逆に、滑りがいいから、前結びがしやすいんですね。後ろに回すとき、スルスル回せるから。

 じゃあ今後どうすればいいのか。対策はまだ立っていませんが、とりあえず原因が分かってすっきり~! こういうときに行き着く結論はとかく「わたしがヘタだからいけないんだ><」でしたが、わたしがヘタだったんじゃなかったんだ。ただ単に、帯板と帯の相性だったんだ~。

 これからは、曖昧に自分のせいにしていじけてないで、科学的に原因を究明したいと思います。




 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

きものでクリスマス

 きものでクリスマスディスプレイ中の山手西洋館へ行ってきました。

 わたしはこのイベントが大好きで、毎年欠かさず12月に訪れます。今年はもう9年目です。



Img_121274.jpg Img_121286.jpg
帯周りに赤と緑を使い、羽織も深緑のクリスマスコーデで行きました。
夫も赤いシャツに緑のセーターとズボンでクリスマスコーデ。




Img_121164.jpg Img_121151.jpg Img_121102.jpg
一番印象的だった、外交官の家。「スウェーデンのクリスマス」。
お菓子がたくさん ヤギもクッキー^^。


Img_121204.jpg Img_121228.jpg Img_121218.jpg
ブラフ18番館。「ノルウェーのクリスマス」。
手編みのオーナメントがいかにも北欧で、素敵でした。


Img_121305.jpg Img_121332.jpg Img_121339.jpg
ベーリックホール。「オランダのクリスマス」。
前衛的で不思議なオブジェがたくさんありました。


Img_121401.jpg Img_121358.jpg Img_121409.jpg
エリスマン邸。「チェコのクリスマス」。
ナチュラルな素材をふんだんに使い、森の中にいるようでした。


Img_121360.jpg Img_121363.jpg Img_121362.jpg
山手234番館。「フィリピンのクリスマス」。
この館は毎年一風変わってる。過去には「パプアニューギニアのクリスマス」なんてのも


Img_121368.jpg Img_121370.jpg Img_121373.jpg
イギリス館。ここは毎年「イギリスのクリスマス」。


Img_121383.jpg Img_121381.jpg Img_121384.jpg
山手111番館。「イタリアのクリスマス」。


 本日の装い:

Img_121084.jpg Img_121066.jpg
着物:タテソの白大島(韓国産?)
帯:九寸名古屋帯(緑色っぽい金糸)
半襟:オフホワイトの縮緬
帯揚げ:グリーンの縮緬
帯締め:赤い三分紐
帯留め:クリスマスツリー型の貝の箸置き

 先日考えたクリスマスコーデにしたつもりが、トナカイのオーナメントをつけわすれるわ、胴帯の前模様は出さないつもりが、出してしまうわで、クリスマス度がだいぶ下がってしまった

 着付けはだいたい上手くいったかな、と思いますが、半襟を出しすぎました。


 ちなみに羽織はポリの既製品。

 バッグは、オニュー クリスマスプレゼントに、夫から貰いました。

Img_121267.jpg
草履と色や材質の雰囲気がぴったり。
見た目は小ぶり、でも収納量は抜群。
マチが広いので、一眼レフだって入っちゃう。

 ちょっとアレレ?な点もありますが、とりあえずクリスマスコーデ(自称)が無事着られました^^。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

着物で試験 part2

通訳案内士の試験に着物で行って来ました。着物で外国語関係の二次試験を受けにいくのは、7月に次いで、これが二度目です。

Img_125012.jpg
迷った末、結局大島紬で行きました。
草履はもちろん、カレンブロッソのカフェ草履~!


 着物で行ったから面接試験で有利だった、なんてことは、今回も全くありませんでしたが、廊下ですれ違った試験官と思われる外国人女性がニッコリしてくれたので、着物で行ってよかった、と思いました。

 日本人は、やれ容姿がどうの、着付けがどうのと、小うるさいですが、外国の方はもう、着物姿というだけで純粋に喜んでくださる^^。それが嬉しい。



 本日の装い:

Img_120921.jpg Img_120929.jpg
着物:泥大島
帯:塩瀬の名古屋帯(クリーム地に椿)
半襟:ベージュの縮緬
帯揚げ:紅色の縮緬
帯締め:細め・厚めの平組

 草履が高めなので、裾は床ギリギリに着ました。

 帯揚げ、珍しくうまくいったーーー!! このくらいの出方がわたしの理想^^。縮緬は滑らないので締めやすいですね。

 先週の予行演習の時よりも、全体的にきれいに着られた気がします。特に最近お太鼓のコツがやっとわかり、20分あれば、帯まで締められるようになりました。

Img_120981.jpg

バッグはまたしても娘に借りました(別のバッグ)。「娘に借りる」という技(?)を思いついた今、わたしにはバッグがたくさんあるぞ!

 羽織は毎度おなじみのチリ紙交換(古っ!)。この羽織は印象が強すぎて、下にどんな着物を持ってきても羽織の印象しか残らないのですが、いいの。大好きだから~ 2月の終わりに買ってから、半年以上も秋の到来を待ち続け、やっと着られた羽織です。



 実は、試験直前の一週間、ストレスからまた間食に走ってしまい、しかもカーヴィーダンスをサボってしまい、6~700gほど、体重がリバウンドしてしまいました。

 お腹が丸い・・・。

 久々に下腹収納ベルトに頼ろうかと思ったくらい。でもこのベルトはトイレが少し不便なのが玉にキズ。試験前後に余計な心配を背負い込みたくなかったので、やめておきました。

 でもこうして写真を見ると、やっぱりお腹が出てるなあ~。お腹が出てると、おはしょりがペプラムみたいに広がっちゃうんですよね カッコわる


 試験が終わったので、これからまたダイエットに励みます。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

予行演習でラーメン

 今度の日曜日は通訳案内士の面接試験。着物で行こうと思っています。

 その予行演習をしていたら、「せっかくお太鼓を結んだから、どっかに食事にでも行こうか」と夫が言うので、家族でラーメンを食べに行って来ました。

Img_120854.jpg
何の変哲もない、家系ラーメン(笑)。

Img_120719.jpg

 早速、カフェ草履を履いて行きました^^。すごくラク~~~!! 底に弾力性があって、カツンカツンしない。



 本日の装い:

Img_120714.jpg Img_120703.jpg
着物:ぼかし地の江戸小紋
帯:塩瀬の名古屋帯(クリーム地に椿)
半襟:オフホワイトの縮緬
帯揚げ:夕焼け色のぼかし
帯締め:細め・厚めの平組

 試験には、紬よりも柔らか物のほうがいいかな、と思ったのですが、まだ迷っています。柔らかもののほうがちゃんとして見える一方、着付けが難しいーーー!!

 よもや着物の着付けが悪くて試験に落ちる、ってことはないと思うけど・・・。


<< 反省点 >>

 タンスから久々に出したので、後ろの裾がシワクチャ(汗)。

 下前をもっと奥まで巻きつけたほうがいいかも。身幅が広く、太って見える。

 もっさりしたおはしょり、帯の中に隠してしまったけれど、これは悪くなかった。

 帯揚げが出すぎでカッコワルイ。もっと一生懸命押し込めないと。

 袖のフリから長襦袢が出てきがちなので、ピンでとめるべし。

Img_122253.jpg

 帯締めは↑(藤色)と迷ったけれど、濃いほうで正解だったかな。


Img_120739.jpg

 菊模様の羽織、帯の椿とケンカしちゃうかな、と思ったけれど、遠目で見ると、そんなに気にならない。菊はもう終わりだけれど、写実的ではないし、羽織はこれでいいかな?  



 やはり予行演習って大事ですね~。いろんなことが分かります。



 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ