スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き抜き結びで8通りの帯結び

 タレだけ色が違う帯に憧れていました。たとえばこういうのとかこういうの。紅型の帯にはよく、タレだけ鮮やかな色の無地というのがありますよねー。そういうのに憧れていましたが、まだ持っていません。

 また、昼夜帯とかリバーシブルの帯で、タレだけ裏を出す、というのをよく本で見かけて、あれはどうやって結ぶのだろうと、ずーっと知りたいと思っていました。結び方の名前が分かるといいんですけどね。結び方の名前が分からないと、検索をどうかけていいのかも分からない。

 でも頑張って調べ、やっと分かりました。「引き抜き結び」という結び方をすると、帯の両面が使えるらしい、と。

 早速、やってみました。リバーシブルの帯は持っていないのですが、裏も使えそうな袋帯を1本持っていることを思い出したんです。

Img_122215.jpg Img_122207.jpg
① こういう帯です。裏は紺色の細いストライプ模様。



 引き抜き結びの参考にさせていただいたのは、はんなりくらぶ(ひぐまさん)の「帯の傷まない引き抜き結び」。引き抜き結びの結び方は他にもいくつか見つけましたが、このページが一番わたしには分かりやすかった。

Img_121000.jpg Img_120997.jpg
② 早速やってみました。

 見事、タレだけ裏が出て、違う色になりました! 良く見ると、実はお太鼓模様も上下逆になっていますが、幾何学柄なので、気にならない。この帯は柄がうるさいので、これくらいのほうが、すっきりしてていいかも~!

 面白いのは、このひぐまさん考案の結び方だと、前帯の模様も変わることです。一見、ここも帯の裏が出ているように見えますが、実はこれは六通帯の柄のない部分。すっきりしているので、帯留めが目立つ^^。

 帯留めを目立たせたいときは、柄のない部分をわざと出せばいいのですね! 目からウロコ!! 前柄がうるさすぎて帯留めが目立たない~!という悩みがこれで解消されました。



 尤も、前柄を出したいときもある。そんなときはひぐまさんの「引き抜き結び」に、中ざくらさんの「簡単帯結び」を応用すると、

Img_121014.jpg Img_121017.jpg
③ お太鼓のタレには裏が出て、前帯は柄が出る~~!


 逆に、お太鼓は普通で、前帯だけ六通の無地場を出したいときは、中ざくらさんの「簡単帯結び」に、ひぐまさんの「引き抜き結び」の、胴帯の巻き方だけ応用すればいい。


 つまり、この二つのやり方を組み合わせると、お太鼓二通り×前帯二通り=四通りの結び方が可能になるわけ。 

 更に、前柄つきの昼夜帯なら、裏返しにしてそれの倍の組み合わせがある。つまり、

1本の帯で八通りの結び方が可能!!


お太鼓 たれ 前帯 写真
表    表  柄あり ①
表    表  柄なし    
表    裏  柄あり ③ 
表    裏  柄なし ②
裏    表  柄あり ④
裏    表  柄なし
裏    裏  柄あり
裏    裏  柄なし




Img_121022.jpg Img_121027.jpg
④ たとえばこんな結び方もできてしまう^^。

 こんな柄の出し方は、実際に出番があるとは思えないけれど、でもこんな可能性もあるんだと思うと、なんだか楽しい^^。



 まだ結び慣れないので、あっちがゆるみ、こっちがゆるみ、うまく締められませんが、練習して、上手に締められるようになろう~!




スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃって二重太鼓Ⅱ

 先日締めたお太鼓、実はちょっとヘンな結び方をしていました。

Img_120927.jpg
名づけて「なんちゃって二重太鼓Ⅱ」(笑)。


 以前にも「二重太鼓には短し、一重太鼓には長し」な中途半端な長さの帯のために、「なんちゃって二重太鼓」を考案したのですが、今回はその改良版^^。


Img_123002.gif

 この帯は4メートル近くあり、長さ的には二重太鼓でも行かれるのですが、お太鼓柄からタレ先までの長さが短く、二重太鼓にすると、お太鼓柄がうまい場所に出ないのです。さりとて、一重太鼓にすると、折り返し部分が長く、どうにも収まりがつかない(涙)。

 そういう場合は「帯枕の下に入れてしまう」とと良いそうですが(※ 七緒vol.29 p.42 大久保信子先生談)、これがなかなか入らないのですよ、わたしには

 なので、「なんちゃって二重太鼓Ⅱ」。今回はちょっとお太鼓が小さめに出来てしまったけれど、けっこう大きさの調整も効くし、帯枕を背負う時点で下線の位置が決まってしまうため、一重太鼓、二重太鼓、なんちゃってⅠ号よりも崩れにくい。これからは、中途半端に長い帯はこうやって結ぼうと思います。



 お太鼓って、ちょっと前までは、もうイヤでイヤで、ものすごくイヤで、ほんっとに気が重かったのですが、最近急に、自分なりに結べるようになってきました。

 結び方が正式かどうかにこだわらず、パッと見、形がきれいならそれでいいや、と割り切ったんです。そしたら、お太鼓が怖くなくなりました。

 一年かかってやっと、なんとなくお太鼓がお太鼓らしい形になってきた、と思う。システマチックに結ぶので、あと何分あれば締められるか、時間が読めるようにもなってきました。

 着物を着始めてちょうど一年。つい最近までなかなかお太鼓がうまくいかず、来年の正月になってもまだ結べなかったらどうしよう?と不安でしたが、なんとか滑り込みで、間に合いそうです^^。




テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

今日も銀座結び

 銀座結び練習、続行中。

Img_102087.jpg
木曜日に結んだ銀座結び。
以前より、らしくなったと思う。

 後ろ自分撮りも上手くなった! 手の角度が分かってきて、成功率が上がった。

 後ろ結びで結んでいますが、銀座結び、お太鼓よりはだいぶラクですね。わたし、帯枕がキライなんです。帯枕を使わないだけで、何か気分がいい^^。



 ちなみにこの日は、外気温16度、湿度87%(!)。わたし的にはポリの長襦袢+袷でちょうどよかったです。・・・というか、袷でも寒くて、途中で羽織をはおりました。

 そろそろ袷でいいかなー? もうポリの単衣は洗濯機で洗ってしまい、絹物は洗いに出そう。今月末まで、たんす屋丸洗い1890円のセールをやっているので、忘れないうちに持って行こう。

Img_102088.jpg

 帯揚げはいつもと違ったやり方。you tubeの「3分で作れるお太鼓♪」という動画を参考にしました。基本的には切らない作り帯で作るお太鼓結びの動画ですが、帯揚げの処理がすばらしい! 最初に余分な長さを折りたたんでしまい、それから幅を折って、帯に入れ込むだけ。

 この動画は、呉服売り場の若い店員さん(たぶん)が、制服の上からいきなり金銀綴れの帯を装着、というのが何か面白く、手さばきの良さと、手先の美しさにもホレボレ。お気に入りの動画がまた一つ増えました。

 自分でやると、動画のようにはいきませんが、まあまあの仕上がりかな? しばらくこの帯揚げ処理を練習しようと思います。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

初めての銀座結び

今日の◎:

 朝、なんだか寒く感じ、麻の長襦袢では寒い気がして、ポリの長襦袢を着ました。何でだろう? 日中の最高気温は19度。いつもと変わらないはずなのに・・・。湿度が低いのかな?

 結果、今日はポリ襦袢でも全く不快ではなかった。理屈より、体のほうが、着たいものを知っている、ってところありますね。自分の感覚に素直に従って正解でした。

Img_102080.jpg

 ちなみに着物は厚手の単衣。袷に近い暖かさだと思いますが、これでも寒いくらい。そろそろウールを出してもいいかな、と思いました。



今日の○:

 帯結びは、朝のうちは半幅でしたが、昼過ぎに銀座結び(角だし?)に挑戦~。初めて銀座結びが形になりました。挑戦は初めてではないものの、写真を撮ろうと思う程度に、形になったのは初めてです。

Img_102082.jpg
後ろ自分撮り。背中のほうにうーんと手を伸ばしてiPodで撮りました。

 とりあえず、三角っぽくなりました。でも、こんな感じでいいのかどうかは分からない。そもそもこの帯結びの実物を見たことがあまりないので、どういう形がいいのかがよくわからないのです。

 自分のがどういう形になっているかも、写真で見てもよく分からないし・・・。トルソーがあると、こういうとき便利なんだろうなー。自分で締めた帯を、いろんな角度から観察できるから。今度娘のボディを借りてやってみよう。

 ちなみに、参考にしたのは、こちらのyou tube。手持ちの本にも角出しの結び方が載っていましたが、銀座結びと角出しとでは違うんだかなんだか(??)、さっぱり分からなかった;; ネット上にもいろんなやり方が載っていますが、このyou tubeのやり方が一番簡単そう、と思えたので、これを見ながらやりました。

 一番簡単といいつつも、やはりわたしには難しかったですが。実は9月ごろからこの動画、すでに何度も見ているんですが、見てると簡単そうに見えて、いざやってみると、やっぱり一度じゃできなくて、何度も巻き戻しながらやりました。


 最終的に、とりあえず形になったので、達成感はあります。銀座結びの画像検索と比べてみると、なんとなく違う気もしますが(??)、練習を続けて、少しずつ改善していこうと思います。



今日の△: 

 昨日(10月22日)まで3日間、「きものサローネ」というイベントが日本橋であったようですね。一昨日きものカンタービレの記事で知り、わたしも行こうかな?と考えはしたものの、スペイン語の宿題が出ていたので、行きませんでした。

 でも今日見たら、他のブログも、きものサローネの記事が多くてビックリ! 着物ファンがこぞっていくような(しかも着物で!!)、そんな大イベントだったんだー!と気付き、慌てて公式サイトを見て、行けばよかったー!・・・と後悔。あああ、一代の不覚! 大量の着物姿を見逃してしまったとは・・・!!


 でもきっとまた来年やりますよね? そんなに人気なら、やるよね??? 来年はぜひ行ってみたいです。

 今年しそびれたこと、すでにたくさんある。そういうのはみんな、来年拾っていけばいいよね。来年また同じ失敗を繰り返さないように、今年やったことは、よかったこともダメだったことも、後悔も失敗も疑問もぜーんぶ、ここに書いておきます。




 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

いつもと違う前結び

 裄だしを終えたのがそもそも夜だったので、夜中にやっと、祖母の絽を着ることができました。

Img_092040.jpg Img_092042.jpg

 左は通年使える半幅帯、右は一度しまった名古屋帯の夏帯をまた出してきました。帯揚げも絽。

 帯留めは、夏に自作して使い損ねていたガラスの魚模様。これも夏の心残りだったので、すかさず投入。

 半襟以外は、盛夏仕様(笑)。



 帯結びはちょっと前にいつもとは違う前結びの動画(You tube)を見つけたので、今日はそれを参考に、前結びで締めました。

 いつも参考にしている前結びの動画と一番異なるのは、帯(手先とたれ)をからげないこと。

 帯をからげない分、長さが稼げ、短い帯や、前柄の位置の悪い帯でもこの前結びなら結べるんじゃないか、と思いました。

 その特長を生かし、長めの名古屋帯を二重太鼓にしてみました。

Img_095970.jpg
折りジワはひどいけれど、一応、二重太鼓^^。


 長すぎてどうしていいか分からず、いつもユルユルにしか結べなかった帯が、初めてキュッと結べました(形は悪いけど)。




 ・ 着そびれた祖母の絽の小紋

 ・ 使いそびれたガラスの帯留め

 ・ うまく結べなかった夏帯


 自分撮りまで終えたら、もう真夜中だったけれど、これで、やっと夏の宿題を終えた気分。

 これからは秋に気持ちを向けよう。


 でもこの着物、暑くなく寒くなく、着心地がいいのでビックリ。真夏にポリエステルの絽はムアッと蒸しましたが、今の季節はとっても快適。着心地で言ったら、この着物は、今の時期の着物なのかな、と思いました。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。