スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使突抜一丁目」 通崎 睦美

天使突抜一丁目―着物と自転車と
天使突抜一丁目―着物と自転車と
通崎 睦美 淡交社 2002年刊

 着物姿の女性が自転車に乗っている表紙の写真があまりに衝撃で、手に取りました。なんと足元は下駄!

 和装に自転車というと、大和和紀の「はいからさんが通る」で主人公の紅緒さんが袴姿で自転車に乗っているシーンがあった気がします。でも袴と着物では大違い。わたしも着物で自転車に乗れないかと一瞬考えてみたことはありますが、「どう考えても無理でしょ」と、試してもみないうちに諦めました。

 でも表紙はただのイメージかと思いきや、本の著者は本当にこんな感じに、いつも自転車で京都の町内を走り回っているのだそうです。危険なのでは?と思いきや、

着物に自転車は結構目立つし、それに気付いた車は、たいてい車の方から避けてくれる


から、案外安全なのですと(笑)。


 ちなみにこの本の著者である通崎睦美さんは、マリンバ奏者です。でももしかしたらアンティーク着物コレクターとしてのほうが、有名かもしれません。「はじめてのアンティーク着物」という本にも、この方の特集記事が載っていました。

 着物コレクターといっても、たんすにしまいこむのではなく、着るコレクター。実際この本には、アンティークな着物をお召しの写真が京都の町並みを背景にたくさん挿入されています。

 通崎さんは京都生まれの京都育ち。お琴ではなくマリンバを弾く人だろうが、髪型がざんぎりのおかっぱだろうが、男物を着ていようが、帽子をかぶっていようが、ラーメンを食べていようが、袖から腕が丸見えになっていようが、自転車に乗っていようが、絵になる。それは京都の価値観、京都の言葉、京都の文化の中で育った人の持つ雰囲気のせいでしょうか。

 それとも、写真を眺めるこっちが「この人は京都の人」という先入観で見るから、そう見えるのか。

 ・・・理由は分かりませんが、とにかくカッコイイ。


 ただし、真似はできないですね。「こういうのもアリなんだー」と驚きつつ、それでもやはり、わたしには着物で自転車に乗る勇気はない。京女のという肩書きはおろか、きものを着るのに何の正当性も持たないわたしにしてみれば、身近に感じて参考にさせてもらうより、遠くから眺めて憧れるくらいがちょうどいいような気がします。

 唯一お手本にさせてもらうとするならば、裄丈くらいでしょうか。

 アンティークモノって、丈が短いものが多い。裄も短い。そこがアンティーク着物の最大のネックですが、通崎さんはおはしょりもとっているし、どの写真を見ても裄丈が体に合っている。

 相当小柄な方なのか、それともサイズが合うものを選んで着ているのか。一体どんなマジックがあるのだろうといぶかりつつ読み進めていったら、最後のほうに種明かしがありました。「お抱え和裁士」がいるのだそうです。きっとその方に、裄も直してもらっているのでしょう。

 素敵な柄の着物を見ると、つい裄丈を妥協して欲しくなりますが、やっぱり寸法が合ったものって素敵。この本の写真を見ていてそう思ったので、寸法で妥協せず、自分にあったサイズのものを着ようと思いました。



 ・・・以上が私自身の感想。でも人によって、全く違ったものをこの本から得ることでしょう。アンティークきものが好きな人はきものの柄に目がいくだろうし、京都が好きな人は、京都のたたずまいや、京都の文化に関する記述い惹かれるだろうし。さまざまな読み方ができる本だと思います。

 ただし一つだけ、読み手を選ばない魅力がある。

単なるコーディネートではおもしろくない。着せるものによって変わる、生身の人間の表情こそが楽しいのだ。



 従姉妹に成人式の振袖の見立てを頼まれたときの楽しさを、著者はこう書いていますが、それはこの本の読者も同じ。着るもの、行く場所によって変わる著者の表情の変化が楽しい。それが、どんな読み方をする人にも共通したこの本の魅力では、と思います。



スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

羊毛フェルトで梅の帯留め

 羊毛フェルトで梅の帯留めを作ってみました。


羊毛フェルトで梅の帯留め
こんなの^^。


Img_7300.jpg
実は以前、一時期ハマったことがあるんです。
娘と一緒にこーんなの作ってました。



Img_7168.jpg
材料・道具はこんな感じ。
 ・色とりどりの羊毛
 ・羊毛フェルト手芸用針
 ・作業用パッド(梱包用パッキンを重ねて自作)
 ・ニンジンの型抜き(梅型)

全部もともと家にあったものです。
羊毛フェルト手芸は最近流行のようで、100均でもキットが売ってたりします。
安くて、とっても簡単^^。



Img_7170.jpg
まず最初に、ニンジンの型抜きに羊毛を詰め、針でガシガシ突き刺します。
何十回、何百回も針で突くと、羊毛が絡み合って、フェルト状になってきます。



Img_7172.jpg
梅の形になってきたら型抜きから抜いて、横や裏からも針で突いて、形を整えます。
「梅になれ~、梅になれ~」と念じながら刺すと、自然に梅の形になってきます(笑)。



Img_7173.jpg
真ん中に白い羊毛をちょこっと置いて、また刺します。



Img_7178.jpg
花だけだと寂しいので、葉っぱとつぼみも作ってみた^^。
テキトーに形を作って、「葉っぱになれ~、つぼみになれ~」と念じながら刺す(笑)。



Img_7179.jpg
できたパーツは、重ねて刺すと、くっつきます。



Img_7180.jpg
裏にテープとスナップで帯締めが通せるところを作ってみた^^。
専用の金具もあるみたいですが、近所では売ってなかったので。
化繊のテープはガス火であぶった焼きゴテを当てると溶けるので、端の始末が簡単^^。



Img_7184.jpg
・・・というわけで、もう一度出来上がり図^^。
ほこほこしてて、カワイイです^^。
製作時間は2時間くらい。




 そろそろ2月。梅の季節。最初は梅柄の帯や着物を買って季節感を出そうと思ったのですが、この時期限定の着物や帯になってしまいがちなので、小物で取り入れることにしました。

 帯留めって、小さい割に注目度が高く、これさえあれば、普通のきものが、旬のきものに大ヘンシーン! 帯につけて梅でも見に行こうと思います^^。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

ポリエステル帯の締め心地

 ここのところ、着物関連を買いまくったおかげで、だいぶ小物が揃ってきました。

 やっと黒い小紋に合う名古屋帯も買ったー。色の合う帯揚げも。

 ・・・というわけで早速自主練。ここしばらく箪笥にしまいこんでいた黒い小紋を出しました。


Img_7229.jpg
どうよ!
これがこの着物本来の姿よね。
あー、いままでゴメンよー、半巾に帯揚げもナシで・・・。
↑着物に語りかけている(笑)


着付けは衿元がダメですね。
実は、伊達締めしなかったらどういうことになるか、実験してみたの。
結果、「伊達締めしないとやっぱりダメ」ということが分かった(笑)。
いくら直しても衿が緩んできてしまう。

帯は、最後にグッと下に下げてみました。
友達が「もう少し帯を下げたほうがいいんじゃない?」ってアドバイスをくれたので。

たしかにこのほうがいいみたい。
胸元がスッキリしました。


 さて後姿。衣紋が全く抜けていないのはご愛嬌。なんせ伊達締めなしバージョンですから・・・。

Img_7247.jpg
帯、うまく行ったーーーーー!!
お太鼓の中が散らかってる感はドンマイだけど^^;。
でも形はきれい、と思う。



 ところでこの帯、素材はポリエステルです。ポリ帯ってスルスル滑ってすぐ緩んできてしまうと聞いていたので不安でしたが、そんなでもないみたい。絹みたいにシュビッ!キュキュッ!って感じではないですが、帯締めしてるし、そうそう解けてくるってことはなさそう。

 エンジ色の利便性と、あんまり主張しない優しい感じが気に入ったのだけれど、買って正解でした。いろんな着物に合いそう。

 ただ、先日購入した国籍不明帯(とわたしは呼んでいる^^)も赤系で、「いくつも持ってないのに、なんでそんな似たような色を買うの?」と娘に言われました。「いいの、いいの。色は似てても、私的に、用途が違うのよー」と言ってみたけれど、暖色系につい惹かれてしまうのは確か。気をつけないと、赤っぽい帯ばかりになってしまうかも。

Img_7253.jpg

 次に買う帯は、黒とか白とか、とにかく赤系以外にしよう。ウン。





テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

紅茶・コーヒーで帯揚げを染めてみた

 帯揚げを紅茶とコーヒーで染めてみました。

Img_7141.jpg
元はこんな感じ。実際の色はもっとショッキングピンク。
着物のオマケについてきたものですが、色が鮮やかすぎて使えない。
部分的に入った絞りも使い辛い。このままだとタンスの肥やしに・・・。



 木綿のレースなら、紅茶やらブドウの皮やら玉ねぎの皮で染めたことがありますが、絹は初めて。絹を水に漬けたり熱湯で煮るってどうなのよ?と思いましたが、どのみちこのままでは使えないので、ダメ元で実験してみることに。

 染めるにあたって参考にしたのは「自分でできるきもののお手入れ&お直し」のp40「草木染」のページ。ダイロンを使ったちりめんの染め方も載ってます。

 あとこちらのページで、色止めの触媒に塩を使うというヒントを頂きました。これでミョウバンを買いに行く手間が省けた(笑)。


 さてさて。では染めもの開始。


Img_7152.jpg
あとで比較できるよう、端っこをちょっぴりハサミで切り取り。



Img_7154.jpg
まずは水で洗いました。
乾いたままいきなり紅茶液に漬けるとムラになるので。


水に濡らしただけで、色が変わるのが不思議ー。
あと、絞りのシボの突起がシュワシュワーっと平らに。
本来、絞りのものは絶対水で濡らしてはいけないんですね。
でも今回は使いづらい部分絞りを伸ばす意図もあるので、ノープロブレム。


Img_7157.jpg
予め作っておいた紅茶液(熱湯)に浸したところ。
どうでもいいけど、紅茶はブルックスのアッサム(テトラパック)。
塩の分量は適当~。パスタゆでるときくらい?(笑)



火を止め、そのまま30分くらい放置。
あー熱を帯びた絹の匂いって、めまいしそう~@_@


じっと待っているのもイヤなので、ランニングに行っちゃいました^^。


Img_7161.jpg
ランニングから帰ってきたあと、水で洗い、アイロンをかけました。
下がアイロンをかけ終えたところ。上はまだ濡れている部分。
なんだよー、全然色変わってない~!


・・・というわけで、今度はコーヒーで染めてみることに。
どうでもいいけど、コーヒーはマイルドカルディを使用。
今回はちょっと煮てみました。



じっと待っているのもイヤなので、夫とコーヒーブレイク。
こちらは鈴木正美の^^。
大変おいしうございました。


10分くらい煮て、そのあと30分くらい放置。
さて結果は・・・。



Img_7164.jpg
仕上がった生地の上に、元の端切れを置いてみたところ。


・・・って、ろくに変わってないですね;;

「ショッキングピンク」が、「紅色」になったくらい??
エンジ色を狙っていたのですが、それにはもうちょっと浸すか、液を濃くするかしないとダメみたい。
白いものを生成りに染めるとかならすぐ染まりますが、もともとあった色を濃くするには、相当気合を入れないとダメかも。



でもよかったのは、洗ったり煮たりしても、絹の風合いは残ると分かったこと。
綸子の光沢と柔らかな風合いは変わりませんでした。



Img_7165.jpg
光の当たり具合で、色が違って見えます。
蛍光灯の下だと紅色っぽく、白熱灯の下だと茜色っぽい。




 しばらくはこのままにしておいて、使えないようならもう一度色をかけてみようと思います。次は抹茶使ったらどうかしらん??

 実は他にも染め替えたい帯揚げあるのよねー。またそのうち挑戦してみます^^。





 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

「日々、きものに割烹着」

日々、きものに割烹着
日々、きものに割烹着
猪谷千香著 筑摩書房 2010年刊


 品の良いおばあちゃまが二人、きものに割烹着姿で座っている表紙に魅せられて、この本を手にとりました。

 著者は東京生まれ、東京育ちの新聞記者の30代の方のようです。内容はきものエッセイで、文章も素敵ですが、写真も素敵。この本には、戦前からきものを着続けている70~80代の女性の姿がたくさん収められているのです。

 みなさんの着こなしぶりを飽かず眺めてしまう。なんど眺めてもいい。みなさんその着こなしから、お人柄が滲み出るよう。凛とした着こなしの方もいらっしゃれば、ゆ~ったりと着ている方も。

 シチュエーションによっても違う。おでかけ帰りの写真は割ときちんと、普段の写真は襟元が超ゆったり。首元って、こんなに空けちゃっていいんだー!と思ったり。

 帯もね、ちょっと曲がっているくらいが粋なのだそうで、お太鼓を結び終えると、わざわざそれを傾げる人もいるそうです。洋服でもお洒落な人はわざと、どこかハズしたりしますよね。それと同じかな?

 何が基本なのかも分からない今、どこかハズす、なんて芸当は、まだまだずっと先の話ですが、帯が曲がっててもいいんだ、と思うと気がラクです。


 きもの姿がゾロリと並んだ昔の写真では、首の空き具合も、帯の高さもおはしょりの量も、みんなそれぞれ違う。帯締めも横真一文字ではなく、右に傾いだり、前が落ちていたり。どれが正しいとか間違っているということもなく、みんな当たり前に着物を着ていた。オシャレな人も、そうでない人も。

 そしてそれは、何百年も昔のことではなく、昭和30年代の写真だそうですから、わたしはもう生まれていたかもしれない。



 
 この本の著者である猪谷千香さんは、箪笥4棹分もきものを持つ着道楽の祖母と暮らし、歌舞伎がお好き、子供の頃にはお琴も習われていたようです。つまり平均より相当きものに縁の深い方。それでもある日思い立ってご自分で着物が着られるようになったのは割と最近、30歳過ぎてからだそうです。

 50年前には誰もが当たり前に着ていた着物。でも今は、わざわざ思い立たないと着方すら知らずに終わってしまう。すごい変化ですね。


「普段着を広めないと、着物はだめになる。日常に着なければ、フォーマルも着なくなってしまうでしょう?」

(p80)



 ・・・そうですね。まずは普段着から始めないと。

 50年前に返ろうとは思わないけれど、わたしも、衣服の選択肢の一つに着物を残しておけたらいいなと思います。




 ※ 拍手、システム上、こちらから返信やお礼が返せないのが心苦しく、コメント記入欄は表示しない設定に変更しました。
   これまでコメントをくださった方、どうもありがとう!
   とても励まされ、また参考にさせていただきました。

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。