スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズレ

 3月に予定している家族写真撮影時の着付けの打ち合わせに、着付け師さんのところに行ってきました。わたしがきものを着るきっかけの一つを作ってくれた方なので、「おかげさまで毎日着ています」というところを見せたくて、着物で行きました。

 でも、当日の下準備のため、長襦袢を見せたら、半襟つけや衣紋ぬきのつけ方、すべてがなってなかったみたいで、あきれられてしまい、「きものは衿が一番大事。今着てるみたいなグズグズな着方は、昔のどうでもいいような、普段も普段、ほんっとの普段でしかない着方」といわれてしまいました。

 そんなこと、百も承知。「ええ分かってます。だからこうして写真撮影の着付けのお願いに上がってるんです」と応えました。すると「あら、そうよね」と急に先方の態度は優しくなりましたが、とても傷つきました。

 でもヘタで当たり前の初心者に、感想を求められてもいないのにわざわざそんな指摘をするのは、「ヘタだから」だけじゃないと思うのです。そもそも着物で来たことが気に触ったのだろうと思いました。「プロのところにわざわざ着物で来るとは、ずいぶんと自信があるのね」、そう思われたのだと思います。



 それは、いつも感じている世間と自分とのズレと本質的に同じものです。

 きものを着ていると、「自信があるのね」と思われていると思う。着物で出かけると、男性はとても親切。全く知らない人が、ニコニコして親しげに話しかけてくれることもよくあります。でも女性の中には、露骨に嫌悪感をあらわにする人がいます。

 「よっぽど容姿に自信があるのね」

 「よっぽど着付けに自信があるのね」

 「よっぽど高価なきものがご自慢なのね」

 そう思われているんだと思う。「わざわざ着物を着るからには、何か誇示したいものがあるのだろう」と思われ、反感を買うのだと思います。



 でも実際のわたしは、容姿に自信があるわけでも、着付けに自信があるわけでも、特別裕福なわけでもない。若くもない、美人でもない、似合うわけでもない。器用なわけでも、ファッションセンスがいいわけでもなく、やっと覚えた自己流の着方で、数千円の中古のキモノを、ものすごい勇気を振り絞って着ているんです。

 「そんなに大変なら、着なきゃいいじゃない」そう思われるかもしれない。でもそう言う人には逆に聞きたい。「何か障害があったら、あなたは簡単に好きなことを諦めてしまうんでしょうか」と。プロのテニスプレイヤーのような実力がなかったら、テニスをしないんでしょうか。プロ棋士のように強くなかったら、将棋を指さないんでしょうか。人の目を引くような際立つ才能、人に誇示できるような何かがなかったら、趣味は成立しないんでしょうか。


 ブログも同じ。自信があるから自分の着物姿を公表してるんじゃない。少しでも進歩したら嬉しいから、自分の成長を綴っているのです。以前は外国語ブログをやっていましたが、それを辞めたのは、成長日記をつける必要がなくなったから。自信がついたから逆に、ブログをやめたのです。



 でも実際どうであろうが、「自分のきもの姿がさぞかしご自慢なのね」。そう思って嫌悪する人は必ずいる。もし似合っていれば「やっかみ」、似合っていなければ「嘲笑」。

 だからブログのコメント欄は閉じているのです。好意的なコメントの中に、たった1つでもそんなコメントが混ざっていたら、着たい気持ちがきっと萎えてしまうから。



 きものは楽しい。ほんとに楽しい。こんなに楽しい世界をどうして今まで放っておいたんだろう、と思うくらい楽しい。毎日毎日が新しい発見の連続です。


 でもときどき、今まで買った着物、全部はさみで切り裂いて、すべて終わりにしてしまおうか。そんな気持ちに駆られます。



スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

道行コートの裄丈直し

 道行コートの裄出しをしました。

Img_7760.jpg
こちらです。裄出し前提で買った、総絞りの黄色^^。

 道行と着物、袖つけの部分になんら違いはないので、先日のきものの裄だしと同じ本を読みながら、全く同じやり方で裄出しをしました。



 ただ今回は、解くのが大変だったーーーーー!!

 先日直した着物の縫い目は全体的にアバウトで解きやすかったのですが、今回はキッチリガッチリ。特に肩山や袖付けの止めなどの要所はものすごい細かさで縫ってあって、ヘタにひっぱると生地が破けそうで怖かった。解くのにかかった時間、片袖につき30分以上。ほんと大変でした。

 縫い方の違いって、何に起因するんでしょうねえ? 仕立てた人の性格の違い? それとも使用生地の違い?? それとも着物とコートの違いでしょうか。
 
 きものは解いて洗ってまた仕立てて・・・というのが前提だから、解くときのことを考えて、ゆったり縫い、コートはあんまり解かないからきっちり縫う、とかあるのかなあ??

 でも、たとえば袖付け止め、前回のきものはかんぬき止めナシ、今回はかんぬき止めありでしたが、ほかのを見てみると、かんぬき止めつきの着物もあれば、ナシのコートもありなので、きものとコートの違いというよりは、縫った人によるのかなあ、と思ったり。




 こういうのって面白いですね。一つしかやったことないと「きものの縫い方はこういうもの」と思いこみがちだけれど、違った着物で何度も経験すると「こんなやり方もある」「あんなやり方もある」って分かる。経験を積めば積むほど、寛容になっていく。同じように見えても、違う経験だからなんでしょうね。

 そういえば外国語もそうだな。同じ本を10回読むのと、似たようでも違う本を10冊読むのとでは、キャパの広がり方が違う。




 今回は絞りだったので、水は剣呑。シボをアイロンで潰さないよう気を遣いながら筋を消すのは大変で、前回同様、とても時間がかかりました。どうして一度経験したことなのに、全然ラクにならないんだろうと、泣きたかった。

 でもこうやって、いろんな着物に触れ、少しずつ違ったバリエーションを経験していくと、あるときフッと見通しが利くようになるかもしれない。


 そのときを目指して、泣きながらでも、ガンバロウ。



Img_8030.jpg
片袖だけ出したところ。
身頃から3センチ、袖側から1センチ、合計4センチ出しました。

Img_8047.jpg
きものの袖がすっぽり。苦労が報われた思い^^。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

「着物あとさき」 青木玉

 図書館で借りて約ひと月。延長返却期限も近づいた今日、やっとこの本を読み終えました。

着物あとさき
着物あとさき (2006/05/19)青木 玉

 こんなに時間がかかったのは、最初のうちは正直、あまり面白いと思えなかったからです。

 青木玉は、幸田露伴幸田文青木玉青木奈緒と続く、4代にわたる文筆家一家の3代目。このエッセイには祖父の露伴、母の文の思い出話がちょくちょく出てきます。露伴や文のファンであれば大いに楽しめるのでしょうが、いずれも読んだことのないわたしには、魅力に感じられませんでした。



 でもほとんど読み終える頃になって、気付きました。

 著者の青木玉は1929年(昭和4年)生まれ。昭和7年生まれのわたしの母とは、ほぼ同世代です。

 また著者の母、幸田文は1904年(明治37年)生まれ。明治38年生まれのわたしの祖母と同世代。

 そして著者の娘、青木奈緒は1963年(昭和38年)生まれ。わたしと同い年なのです。


 それに気付いたら、この本は急に面白くなりました。つまりこれは、母の目から見た「きもの」の姿なのだ。実は著者は、きものを着なくなった最初の世代なのです。



 先日、当年80歳の母に聞いたところ、子供の頃から今まで、きものを日常的に着ていた時期は、人生の中で一度もないそうです。たしかに、先日伯父の葬式で見た戦前のスナップ写真でも、小学生の母はセーラー服を着ていました。

 また母は「着付け教室」に通ったことがあります。つまりきものの着方を、知識として頭から入れた。

 ちょっと前まで「おばあちゃん」というのは、日常的に着物を着ている人のイメージだった。でも今の80歳というのはもう、着付け教室世代なのです。



 この本の著者も、そういう世代の人。それに気付いたら、この本の内容がすとんと腑に落ちました。

 「こんなきものが箪笥から出てきた」というような記述が、この本にはよく出てきます。・・・ということは、つまり、そのきものはそれまで箪笥にしまいっぱなしになっていたわけです。

 日本全国津々浦々、着ない着物が詰まった「開かずのたんす」は、どこの家にもよくあること。でも最初は、「きもの」の著者として名高い幸田文の娘であるということと、表紙のきもの姿に騙されて、著者を「特別きものに造詣深い人」として読んでしまっていたから、どうしてそんな箪笥があるのか、そもそもそこが理解できませんでした。

 著者は母と同世代と気付いたことで、やっと分かった。むしろ幸田文の娘であるからこそ、著者はおいそれと着物を着ることができなかったのかもしれない、と。

 そしてそれはそのまま、戦後の日本人がたどってきた道。日本人であるからこそ、おいそれと着物が着られない。



 この本には、著者が母親のきものを箪笥から取り出し業者に頼んでメンテナンスや作り変えをしてゆく様子が描かれています。つまり「きものの再生」が描かれている。

 でもそれは同時に、「きものが死にゆく姿」に思えてならない。

 瀕死の白鳥の、最後の力のひと絞り。そんな印象を受ける本でした。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

きもので梅見

 着物で梅を見に行ってきました。


Img_7974.jpg
行き先は大船フラワーセンター。植物園です。
まだ6分咲きでしたが、きれいでしたよー^^。

Img_7972.jpg
Img_7967.jpg
Img_7964.jpg

Img_7979.jpg
しだれ梅もありました。まだあんまり咲いてないけど。
着物、またしても短すぎ。写真で気付き、直しました。




Img_7854.jpg Img_8020.jpg
着ていったのは、昨日直した幾何学模様の黒い紬です。

 頑張ってお太鼓にしていきました。夫にちょっと直してもらいました。最近の夫、お太鼓の構造を完全に把握。どこをどうひっぱれば整うか、分かってきたみたい

 帯揚げ、ちょっと出すぎ 帯、帯揚げ、帯締め、帯留め、ちょっと同系色でまとめすぎたかな?

Img_8029.jpg
帯留めに加え、実は半襟も梅の模様入り^^。これも自作。綿生地を切って作りました。



 「着物や帯の柄を季節に合わせる」という一方で、「満開のときは、本物の花に譲って、その花の柄を着ない」とかいいますが、それってちょっとひねりすぎだと思う。

 通ならともかく、わたしは初心者なんだから、可愛らしく直球で、梅の時期は梅、桜の時期は桜を身につけて楽しもうと思います^^。



 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

かぶり(袋)を直してみた

 外キモノ(外出用の着物)の中で今一番気に入っているのは、、幾何学模様の黒い紬です。

 でも裾回し(八掛け)がほころんでいるので、直さなきゃ、と思っていました。

Img_7773.jpg
これです。八掛の生地が弱って破けてしまった。



 ところが、他にも、直さなくてはならないところを発見! 裾がとんでもない状態になっていたのです。



Img_7821.jpg
コレです。裾がたるんでいる・・・というか、ダブついている・・・!!


 こういうの、袋(かぶり)って呼ぶんだそうです(「ふくろ」じゃなく、「かぶり」と読むらしい)。

 こういう状態があることは知っていましたが、まさか自分のキモノでお目にかかるとは・・・!

 どうしてこういうことになるかというと、袷の着物だから。裏と表、二枚の生地を縫い合わせてあるので、歳月を経て、いずれかが他方よりもよりたくさん収縮してしまうと、長いほうが短いほうに引っ張られて、こういうひきつれた状態になるのだそうです。たいてい裏地のほうが縮むそうです。

 平らに置いていたときは気付かず、鏡で自分の姿を見たり、写真を撮っても気付かず、衣紋掛けにかけて初めて、キモノがこんな状態になっていることに気付きました。



 きゃーコワイ;; どーしよ、今までこんなキモノで外をぶらついていたとは・・・!! 近所とはいえ、このキモノで3回も外出しちゃった・・・(汗)。


 とにかく直さなきゃ・・・!!



 ・・・というわけで、取りいだしたる針と糸。裾をほどいて縫い直そうと思いましたが、ふと上のほうを見たら、八掛(エンジ)と胴裏(白)の縫い目があるではないか(下の写真参照)。もしかして、ここを縫い直したほうが、早いんじゃ・・・??

Img_7825.jpg

 念のためネットで調べたら、やはりここを解いて縫い直すのが、正解のようでした(※「和裁の部屋 袋直し」参照)。


 八掛と胴裏の縫い目を、前身頃――後身頃――前身頃とグルッと解き、裾がつれないように加減してマチ針で留めました。場所により、吊れてる量はまちまちで、一番大きかったのは背中心。2センチ近く出しました。

Img_7831.jpg
エンジの八掛側にうっすら残る線が、元の縫い線。


 左右の衽(おくみ)だけは、八掛けと胴裏の縫い目が上のほうにあり、衿にもかかわってきそうで怖かったので、裾を解いて縫い直しました。身頃に比べると、ここはそんなに収縮率が大きくなく、5ミリくらい八掛の縫い代を出しただけで済みました。

 八掛と胴裏の継ぎ目は、表地をつままないように気をつけながら、上から並縫いで縫いました。ほんとはくけるんだろうけど、くけはちょっと苦手なので^^;。

 八掛けの破れと綻びも、テキトーに修復しました。

Img_7840.jpg
直したあと。

 んー、まあまあかな? ビシッと、って感じではないけれど、裾のモッタリ感はなくなり、なんとか着られそう。

 ちょっと自己流っぽいけれど、とりあえず関門一つクリア。また一つ、できることが増えました。




 関連記事 裾の補強



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。