スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アミサンノキモノ」 鳥羽亜弓

 鳥羽亜弓著「アミサンノキモノ」シリーズのvol.1とvol.2を続けて読みました。

新版 浴衣の次に着るきもの (アミサンノキモノ)
新版 浴衣の次に着るきもの

(2003/10)
鳥羽 亜弓
暮らしのきもの歳時記 (アミサンノキモノ)
暮らしのきもの歳時記

(2003/10)
鳥羽 亜弓


 100%着物生活で、2、3歳の幼児二人を育てる通称「アミさん」が書かれた本です。この本が書かれた当時はホームページをお持ちだったようですが、今はもうないみたい。



 この二冊、最初に出版された時期が2年違い、その二年の差が本の内容に顕著に現れているのが興味深かったです。

 一冊目「浴衣の次に着るきもの(vol.1)」は、「着物ママの子育て奮闘記」という感じ。まさに現在進行形で子育て中の着物母さんの日々が赤裸々に綴られた本です。突然手作り裏技紹介が始まったり(※ ウールの裄が足りないときはバイアス方向にアイロンで思い切り伸ばす(p.73)なんて裏技まで!)、章ごとに文体が違ったりと、次のページの展開が読めない。手作り感満載でした。

 二冊目「暮らしのきもの歳時記(vol.2)」は、「ハートフルな着物エッセイ」という感じ。vol.1よりも完成度が高く、きれいに纏まっていました。書かれている内容そのものはvol.1とそんなに変わりませんが、おそらく、子育ての一番大変な時期が過去のものとなり、美しい思い出となってから書かれたのでしょう。どこか臨場感が薄い。

 わたしも子育てを経験したから分かるのですが、子育てというのは、喉元を過ぎると美しき良き思い出に変化してしまう。苦しかったことも熱かったことも、全部忘れて、いい感じにセピア色の写真に仕上がってしまうんです。まさにその現象をこの本で目の当たりにした気がしました。

 で、どちらが良かったかというと、わたしには、圧倒的にvol.1が良かったです。vol.2は大人の配慮や遠慮が感じられ、歯切れが悪い。それに引き換え、vol.1にはソウル(?)が感じられるから。

 ただでさえ大変な幼児の子育て、ただでさえしんどい着物初心者。それを同時に経験したのだから、それはそれは大変でしんどかったことでしょう。その熱さが痛いほど伝わってくる。この著者にしか書けない、それもこの時期にしか書けなかった貴重な本だと思います。子育て経験者として、また着物初心者として、共感する部分がたくさんありました。

 それが私の、自分の財布に正直な範囲で着物暮らしを楽しむ着物、「いいものはいいけど、凄くなくてもいいんだ」と、考える基盤になってます。(p.23)


大事なのは礼を尽くそうとする心。それを各自のお財布の事情にあわせてけんめいに装うのが礼装であって、全国共通の制服ではないという事だと思うのです。(p.24)




 おおっ、と思ったのは以下の箇所。

 さて、長襦袢って、何の為に着るのでしょうか。(中略)

 私の場合は「愛する旦那様との楽しいひとときの為に、着ます!」そう、私にとっての襦袢は女として一番気合の入る所なんです。それが襦袢です。

 何故昔の人はあれだけ襦袢に凝り、お金をかけ、個性豊かな襦袢を残してきたのか? それはひとえに〈情事の勝負服〉だったからでしょう。(p.44)


 私も、同じ着物でも何種類かの着方をする。子供連れの場合、着付ける時に足を肩幅に開き、下前は股ではさめるくらいに浅くあわせ、腰紐を腰骨の上で締める(中略)。これだと子供を抱えて買い物袋を持ち、階段を駆け上がることも可能だ。

 一方、両親に子供を預かってもらい、夫とデートする時は、左足を気持ち引いてスタンスを狭くとり、足元にかけてすぼめぎみに着る。優雅に見える。優雅だが瞬時にダッシュができない。でも大丈夫。子供がいないから(笑)。(p.113)


 女性ですねえ~。ママだけど女性。子育ての渦中にあってもママに終始しないところが素敵。片足を引いて裾すぼみに着る裏技は、わたしもぜひ真似したいと思います。



 一番良かったのは「着崩れ」と題する一節です。

 「着崩れしない為には、どうすればいいのでしょう?」(中略)
 「動かないことです。お姫様や仏像のように、動かなければ着崩れはしません」(p.108)


 着崩れるのは自然な事。そしてそれを〈直す〉事。このくり返しがあって着物だと、思うのだ。

 動けば崩れる胸元をちょくちょく直す仕草が、これまたいいのじゃなかろうか。それが着物独特の色っぽさを醸し出すから、着物っていいねぇ、という感覚が今でもあるのだと、私は思うし、思いたい。

 着崩れするから、危ういから、だからたえず気にする・・・・・・というこの〈はじらい〉がいいのである。(p.109)


 市川昆監督の「細雪」を思い出しました。次女・幸子を演じる佐久間良子の着物を直す仕草の美しかったこと。演技というより、それが身についている。そう感じました。



 たぶんこの本を読んで、「100%着物生活」に憧れる人は少数なのでは、と思います。むしろ現実を見せてくれる本。少なくともわたしは、「わたしには無理っ」と感じました。うちの子たちはもう大人だし、子育て中のアミさんより、はるかにハードルは低い。それでも無理だと思った。

 でも「じゃあ、自分はどの程度着物と付き合いたいのか」。そういう問いを、この本は投げかけてくれました。


 また、「今、初心者の時期にこのブログを書いていて良かった」と思いました。アミサンノキモノvol.1と同じで、わたしも今、きっと今のこの時期にしか書けないことを書いていると思うからです。


 
 
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

自分なりのスタイル

 素敵!と思えるブログに出会うたび、「あら、こういうのもいいわね」と、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ~。

 わたし、気が多いんだと思う。素敵なブログや本を見ると自分との違いそっちのけで憧れてしまい、真似したくなる。

 でもやっぱり、キャラとか、年齢とか、容姿とか、いろいろあるじゃないですか。「人がやって素敵なことは自分が真似してもやっぱり素敵」なんて保障はどこにもない。なので、自分のスタイルは、やっぱり自分で探さなければならないのであります。ウン。

 自分のスタイルが決まると、余計なところで悩む必要がなくなり、もっとシステマチックに着物を選んだり着たりできるようになって、その分、余裕が生まれるのでは、と期待しています。



 今日は、自分の定番が固まってきた部分と、まだ迷ったり分からないこと、矛盾を孕んでいる部分を点検してみます。


 固まってきたこと:

・ 裄の長さ
 これだけは最初から頑固にこだわり、全部自分でマイサイズに直しています。


・ お太鼓の結び方
 まだ完全には固まっていないけれど、このやり方の前結びをすることが多くなった(動画は二重太鼓だけれど、一重太鼓も)。


・ 着物
 普段着物が好き。紬や小紋。ウールや木綿、麻など、洗える天然素材のものも好き。


・ 半幅帯
 博多小袋帯が好き。軽くて薄くて結びやすく、季節を選ばないから好き。あんまりカジュアルになりすぎないところも好き。
Img_106506.jpg


・ 三分紐
 こういうタイプ↓が、薄くて結びやすく、緩みにくくて使いやすいと分かってきた。しかも洗うとますます柔らかく、締めやすくなる。色数豊富で比較的安価なので、これからはこれで色を揃えていくつもり。
Img_119040.jpg


・ 半襟
 ベージュなど、淡い色無地が一番無難と最近分かってきた。真っ白は顔が黄色く見えてしまうし、柄物や刺繍は着物合わせが難しいので。素材は、伸縮性のある縮緬がきれいにつけやすい。



 まだ固まっていないこと:

・ 裾の長さ
 どのくらいの長さに着たらいいのか分からず、日によって裾の長さがバラバラ。


・ 衿の角度
 半襟の角度、半襟を出す量、衣紋の抜き方など、同じに着ようと思っても仕上がり具合は日によってまちまちだし、そもそもどの程度を目指したいのかも、よく分かっていない。


・ 名古屋帯
 三分紐+帯留めというスタイルが好きなのに、持てる名古屋帯はどれも柄がうるさすぎて帯留めが活かせない。数はけっこうあるのに、使う帯はいつも決まっている感じで、何か揃え方を間違えたとしか思えない。


・ 帯揚げ
 ペラペラの綸子はシワになりやすく、きれいに結びにくいので、縮緬か、綸子でも少し厚手のものを選ぶとよいことが分かってきたが、まだ帯揚げの色の利かせ方がよく分からず、いつもなんとなく帯や着物と同系色を持ってきてしまう。


・ 草履・下駄
 普段着物にはどの程度のグレードの、どんな形を履けばいいのかが、根本的に分からない。下駄と草履の使い分けもよく分からない。

 

 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

裾の補強

 古い着物の裾を、テープで補強しました。裾の裏地がだいぶ傷んでいたので。

Img_107748.jpg
補強前。
        ↓

Img_107751.jpg
補強後。



 「なんで豹柄なの?」と娘。

 んー、それは、厚みと強度と値段がたまたま気に入ったテープが、豹柄だったから。柄には特に意味はありません^^;。裾の裏だもの、どうせ見えないしね。




 中古着物には時々こういうテープがついてることがあって、それは酷使が予定される着物に予め補強のためにつけておくものだと聞いたことがあります。それを真似てみました。

 薄く、しかも強度のありそうなテープを探してつけました。普通はガロンテープとかいう、端が波型になってるピコレースをつけるらしいけど、近所に売ってなかったので、とりあえず普通のテープで代用σ(^_^;)。

 縫い方は自己流。縫い目を表に出さないように気をつけながら、裏地と表地の折り返しをすくってまつりました。もうちょっと外に出さないと、効果薄いかな?? でもまあ何にもついていないよりはマシでしょう。


Img_8120.jpg

 この着物は、わたしにとって、マイ・ファースト紬です。この紬が、紬の着易さと、着心地の良さを教えてくれた。これに出会ったから、紬にハマりました。

 元の持ち主にも愛用されたようで、わたしの元にやってきたときすでに、だいぶ傷んでいました。表地はしっかりしているものの、裏地がかなり弱っていて、着るたびに裾がどんどんボロボロになってゆく。

 なんででしょうね? 着物の裾を地面に擦って歩くわけでもないのに、どんどん擦り切れていく。それほどまでに裾って擦り切れやすいんですね。だから表地を守るために、着物の裾はほんの少し裏地のほうが長くなってるのかしらね。


 また、もともと袋になっていて、これも自分で直しました(※ 過去記事「かぶりを直してみた」参照)。着物が古びると、どんな問題が起きるのか。それを教えてくれた着物でもあります。



 今回つけたテープも、いつまで持つことやら。

 これが擦り切れたら、洗い張りに出し、単衣に仕立て直そうと思っています。仕立てはできれば、自分の手でやりたい。

 2000円くらいで手に入れた中古の着物に、そこまでする意味があるかって・・・?

 うん、あるんです。だってとっても気に入っているから。軽くて着易くて、気取りがなくて、もう大好き! 幾何学柄も南米っぽくて気に入っています。



 それにね、たぶんこれ、結城縮なんです。結城紬は3代使えると言うし、結城縮は単衣向きの生地だと聞くので、その程度の労力とお金をかけるだけの価値は充分あるのでは?と思いました。

 もうしばらくは、袷として頑張ってもらい、いよいよ裏地がダメになったら単衣に変身。なんだかとっても楽しみ~!


 でもそれまでに、和裁ができるようになっておかなくてはね^^。




2014.01.06追記:

 やはりかぶりが出ていた銘仙を正月に娘に着せたら、それまで全く破けていなかった八掛けの裾が、たった一度でビリビリになってしまいました。

 これと全く同じ状態。どうやら、かぶりが出ている古い着物をそのまま着ると、ただでさえ弱っている八掛けがひっぱられ、やぶけてしまうようです。見た目そんなに目立たなくても、かぶりはちゃんと直してから着たほうが、着物の持ちがいいみたい。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

浮気な真似っこ

 ゴミ捨てに行ったら、ゴミ置き場の前で6、7才の子どもたちが遊んでいました。

 「ヤダー! なんでマネすんのッ!

 一人の女の子が黄色い声を発したので思わず振り向くと、女の子が二人でピョコピョコ跳ねている。

 真似したほうの女の子が平然と言いました。

 「いいじゃん。人のいいとこは取って真似していいんだよ

 すると相手もそれっきり何も言わず、二人でしばらくピョコピョコ跳ねていました。



 なんだか思わず、ほんわかしちゃった。なるほどー、と思ったのです。そうよねえ、人のいいとこは取って真似していいのよね。なにか、ストンと落ちるべきところに落ちました。



 ・・・というのも、着物初心者のわたしが今やっていることは、ぜんぶ人真似だからです。

 そもそも着物を着始めたこと自体、着物ブログを見て、いいなと思ったから。

 本や動画のお手本を見ながら着付けや帯結びを練習し、帯と着物の色あわせも、本やブログを参考に。着物スポットも大抵よその着物ブログの受け売りで、みんながやっているから、自分撮りもやってみた。

 真似・真似・真似。真似尽くし。



 そうやって一年を過ごしてきて、まだまだ真似し足りないことばかりですが、最近、一番真似したいのは、スタイルの作り方なのだな、と気付きました。

 本でもブログでも、わたしが好きなのは、一人の人の着姿が繰り返しでてくるもの。いろんなモデルさんが出てくる雑誌や本も嫌いではありませんが、図書館で借りて一度パラパラページをめくれば満足してしまう。買って何度も見返すのは、一人のモデルさんが季節により、シチュエーションにより、様々な着物や帯をまとって何度も登場する本です。

 登場する方がどんな年齢であれ、また着物の趣味がわたしの目指すテイストと違ったとしても、そういう本やブログは必ず参考になる。

 なぜかというと、

1.その人ならではのスタイルがあることの素敵さを教えてくれるから

2.「わたしならどうするか」を自分に問うきっかけを与えてくれるから

3.どの程度バリエーションに幅を持たせ、どの程度定番を守るか、そのバランスを垣間見られるから

です。

 だから、同じ人の着姿をいくつも見比べて、どこがいつも変わらない定番で、季節やシチュエーションにより、どこにどの程度の変化をもたせているかをじっくり眺めるのが好きです。その方のこだわりの「肝」を探すのが楽しい。

 上から下までいつも同じ恰好じゃつまらないけれど、でもどこかにいつも同じポイントがあるのはカッコいい。たとえば、いつも日傘を持っているとか、いつも同じ作家のバッグを持っているとか。そういう、トレードマークになるようなこだわりって素敵♪

 もっと地味なこだわりでもいい。たとえば「半襟と足袋はいつも白と決めている」とか、逆に「絶対白足袋は履かないと決めている」とか。

 「何を着るか」のみならず「どう着るか」も、人それぞれ。衣紋の抜き加減、衿合わせの角度や、半襟を出す分量。毎日同じ角度で衿元が決まっている人、すごくカッコいい。自分の基本が決めてあるところがまずカッコいい。なおかつそれを正確に再現できるところがカッコいい。


 今着物を着る人はとても少ないから、着物を着ているというだけでアイデンティティにはなりますが、それだけじゃあつまらない。一口に着物といったってテイストは様々。「あ、着物姿」というだけでなく、一目見て「あ、あの人だ」とわかるような着こなしに憧れています。


 そういうマイ・スタイルの素敵さを教えてくれたのが、着物の本でありブログであり、一年間いろんな方のブログを拝見し、いろんな人を少しずつ真似し、いろんなスタイルを試してきたおかげで、わたしにも自分なりのルールや定番が少しできてきました。

 いろーんな、全く違ったテイストのブログを多数拝見したことで、「わたしだったら」と考えるきっかけを頂いた。

 誰か一人を徹底的にお手本にするほうが楽だったかもしれませんが、人はそれぞれに違うもの。他人をカンペキにコピーしても、それが自分のアイデンティティになるとは思えないし、ある日そのギャップに気付いて方向転換を余儀なくされることを思ったら、浮気性な真似っこで、細かい失敗を重ねつつ、自分のスタイルを探していけたのも、あながち悪くなかったかな、と思っています。





テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

長谷寺の夜紅葉

 鎌倉の長谷寺で紅葉のライトアップが始まったというので、行って来ました。


Img_119936.jpg
3時ごろ、まだ昼間のうちに長谷寺に到着。
様々な色が入り混じった、まだ変わりかけの紅葉がきれいでした。

Img_110109.jpg Img_110329.jpg Img_119993.jpg Img_110118.jpg
花もきれい。でも、なぜ今の時期に石楠花が??

Img_119995.jpg
梅もどきの実。

Img_110011.jpg Img_110110.jpg
境内のあちこちにおわす和み地蔵。見てるとほんとに和やかな気分に


Img_119980.jpg Img_110054.jpg
ライトアップの始まる日没まで、寺まんじゅうと暖かいおしるこで暖をとりました。
「寺まんじゅう」というのは、言うなれば肉の入っていない肉まん。長谷寺オリジナルだそう。




 さていよいよライトアップ。昼間とはまた一味違った、幻想的な風景が見られました。

Img_110398.jpg Img_110282.jpg Img_110406.jpg
池の水面がまるで鏡のよう。「夜桜」ならぬ「夜紅葉」見物ですね^^。



Img_110299.jpg



 本日の装い:
Img_119746.jpg Img_119758.jpg
着物:マルチカラーストライプの信州紬
帯:八寸名古屋帯(金茶色)
半襟:ベージュストライプの木綿(自作)
帯揚げ:橙色のちりめん
帯締め:古代紫色の三分紐
帯留め:牛革で自作した紅葉の帯留め

Img_119954.jpg Img_110086.jpg
先週のコーデと違うのは帯くらいで、ろくに変わっていない でもいいの。着物も羽織も、この時期に着るのが一番合うから、なるべく何度も着ておきたい。せめてバッグを変えようと、娘の部屋を物色。このバッグを見つけました。

 寒いと思い、手袋と耳あても投入。これは正解でした。午前中から別の用事で出かけ、丸一日この恰好でしたが、9分袖のヒートテックと裾よけも投入して寒さを防ぎ、おかげさまで暖かに過ごせました(天候:晴れ、最高気温17.1度、最低気温7.2度)。



 ちなみに午前中は、夫が所属する社交ダンスサークルの発表を見に行きました。夫の仲間に紹介してもらい、また、地域センターの総合文化祭だったので、クラフトの展示もあって、珍しい技法の手作りをたくさん見ることができました。

Img_119783.jpg Img_119796.jpg Img_119806.jpg Img_119809.jpg
左上:「練込」という技法の陶芸。寄木細工のようなタタラ板から成形するのだそう。
右上:バードカービング。あまりに素敵で、帯留め用にブローチを一つ買いました。
左下:カンバスの側面まで使った油絵。広がり感がありますね。
右下:額に入れた刺繍作品。これは作品のほんの一部。素敵でした。

 
 こういう場に着物、というのは悪くない感触でした。何か夢中になるものを持っている人って、他の人の興味にも理解があるんですね。こちらも好意的に受け入れてもらえたし、おそらく向こうにも、人の趣味に対して寛大であること、特に和文化には興味があることを、それとなく知らせることができたのでは、と思います。

 会話のきっかけにもなり、初対面の方とも話せたので、着物で行ってよかった、と心から思いました。






テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。