「おとうと」 市川昆

 幸田文原作、市川昆監督の「おとうと」(1960年公開)をDVDで見ました。


おとうと [DVD]
おとうと [DVD]

岸恵子主演 (2007/09/28)


 原作は、幸田文の自伝的作品といわれていて、実話のようです。時代は大正後期と考えられます。

 映画のキャストは17歳の姉を演じる岸恵子が当時28歳、14歳の弟を演じる川口浩が24歳と、ちょっと無理がありましたが、とにかく岸恵子が素晴らしかった。一癖ある役をやらせたら天下一品の岸田今日子もいい味を出していました。

 この映画では「銀残し」という特殊な技法が使われているのだそうで、カラー映画とモノクロ映画の中間のような色調でした。時代や話の内容に合っていたと思います。

 ストーリーについては触れませんが、見てよかった。印象に残る作品でした。原作もぜひ読みたいです。




 以下はきものに関する覚書。服装の時代考証がどこまで正しいかは分かりませんが、映画が作られたのは今から50年以上前、作品の時代から40年しかたっていないので、大正時代の様子は、実際こんな感じではなかったかと。



 ・デパートの男性管理職、一人洋装、二人和装。街では男性のほうが女性より洋装率が高く、軍服姿も。

 ・一家は普段は全員着物姿。女性のきものの袖は長い。

 ・中学生の弟君は、学校はガクランに学帽。家に帰ると浴衣に着替える。

 ・姉を含め、女学校の生徒たちはエンジの袴、上は地味めの小紋。

 ・普段は紬、小紋、家では浴衣のことも。帯は半巾を貝の口や小さい文庫に。帯も色が地味。半巾にしては幅の広い帯も。

 ・羽織の丈は長く、色は地味。家の中でも出かけるときも。

 ・リウマチ病みの母は、浴衣・紬+兵児帯。襟元が決まっておらず、衿の見え方も不均一。やつれた印象。

 ・気丈な娘はきもので弟と取っ組み合いのけんかをしたり、下駄で走ったり。

 ・娘も母も、衣紋も抜かず、首にぴったり。前の衿あわせは縦に長い。後ろの首からも半襟が見える。

 ・家事をするときは、きもの+たすき掛け、割ぽう着、小さな前掛けなど。

 ・近所の買い物は、浴衣のように丈が短く、足首を見せていることも。帯も半巾。

 ・尋ねてくる母親の友人は、小紋に紋なし黒羽織。やはり衣紋は抜かず。でもアールデコ風の髪型で、服もずいぶんと改まった印象。

 ・同じ着物でも、髪を整え、長羽織を羽織ったり、日傘を持ち、全幅の帯を締めるとつと、だいぶお出かけな印象に。 

 ・美容院で髪を島田に結ってもらったときは、衣紋をまんまるく抜き、前の襟元はきっちり詰め、半襟をぽってり幅広くたくさん見せて。着物も華やかなフーシャ色の銘仙ぽい小紋。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ