大島紬ゲットーー!!

 ついに大島紬をゲットしましたーーー!!

 2月にニセ大島を掴まされてから苦節二ヶ月(笑)、ずっと本物の大島紬を着てみたくてオークションを中心に探していましたが、なかなか気に入った柄が見つからず、予算の都合もあって、なかなか手に入れられませんでした。


 でもついに先日、気に入った柄を見つけ、でも人気の泥大島だから無理だろうと思いつつ、ダメ元で入札しておいたら、なんと落札できた!!

 わーい、嬉しいよお・・・゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

 しかも、裄が短いのを承知で買ったのに、届いてみたら、マイサイズ! 裄直しの必要がありませんでした。ラッキー!!ヾ(@~▽~@)ノ


 今回はほぼ間違いないと思いましたが、ご報告も兼ね、早速大島Gメンに鑑定を依頼。無事、本物の大島紬であるというお墨付きを頂きました^^。


Img_0254.jpg
柄はこんな感じ^^。

IMG_0270.jpg
織り目が風車みたいな形になっている。
一元(ひともと)といわれる技法だそうです(大島Gメン談)。
泥で染めてあるので、糸は茶色っぽい色。


 虫眼鏡で見ると茶色っぽいのですが、遠目にはグレーっぽく見えます。これは帯の色を選ばなさそう!!

 黒、白、赤、茜、からし、クリーム、オレンジ、紫、水色、紺、柳色・・・。持っている帯、ほぼ全部合いそうです。そんな着物はいままでなかった。よく「着物1枚帯3本」というけれど、なかなか3本あわせるのは大変で、いつも似たようなコーデになってしまうのが悩みの種でした。

 それって、ファッションセンスがないせいだと思ってたけど、着物の色の選び方の問題だったのですね!(・・・って、結局同じことか(笑))

 先日読んだ本に「定番コーディネート4法則」というのが載っていて、色数の少ないシンプルな着物、とくにモノトーンだと、帯とのコーディネートがしやすいって書いてあったけれど、なるほど、こういう着物は帯を選ばないわ。こーれは楽しそう!!




 早速、着てみました^^。

Img_0271.jpg
帯は半幅帯。銘仙のリメイクです。


 大島紬は紬といいつつ、生糸を作って織られているからお洒落っぽく、普通の紬よりもTPOが広いように感じます。割と水にも強いという話も聞きます。そして何より軽いので、着ていてラク~。いろんな帯を合わせてたくさん着ようと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ