スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの薄物

 ちょっと気が早いのですが、憧れの薄物を一通り、揃えてしまいました。


Img_0726.jpg
麻の長襦袢3枚(うち1枚はリメイク用)、美容衿1つ
紗着物1枚、絽帯1本、夏用帯揚げ2本、三分紐2本、絽帯揚げ1枚、絽半襟2枚、
絽着物1枚(羽織にリメイク予定)

着物・長襦袢・帯は中古、小物類は新品を購入しました。

Img_0725.jpg
ピンクと薄紫の帯締めは夏用のものを購入。
グリーンと古代紫の三分紐は手持ちのものから、夏向きの色をピックアップ。
帯揚げは出す場所よってピンクとグリーンの2通りに使えるものを購入。


 これだけあれば、とりあえず薄物体験ができるでしょう。「幸田文のきもの帖」を読んでからというもの(過去記事参照)、盛夏に着る紗や絽など薄物なるものを体験してみたくてしょうがなかったんです。まだ肌寒い日もあるというのに、コタツにハマって真夏の算段。我ながら滑稽だ(笑)。


 こだわったのは3点。

1.費用

 オシャレ度の高さゆえ、どれほど着るかも分からないので、お試しのつもり。通年使えるもの(三分紐・美容衿)を除き、薄物体験費用として予算1万円を計上。ほぼ予算通りで揃いました。着物以外は、単衣や浴衣にも合わせて活用するつもりです。


2.色

 色を考えて揃えないと、数が必要になり、結局高くついてしまうので、慎重に選びました。

 黒だから地味だろうと思って買った紗の着物、羽織ってみたら、すんごい地味派手で、まるで極妻(汗)。しまった、これじゃ着られない、と思ったので、帯と小物は一般市民らしく(?)おとなしめの色を選び、雰囲気を和らげることにしました^^。


3.素材

 何事にもガマンが足りない性分なので、暑いのもきっとガマンできないと思い、長襦袢は麻、紗着物は正絹にこだわりました。ポリエステルは蒸れて暑いとよく聞くので。

 ピンクの絽はポリエステルですが、確かにこれは蒸れそう~~。どのくらい暑いか、試してみたい気もしますが、一応これは今のところ、冷房対策用に羽織にリメイクする予定です。色物の夏羽織ってなかなかないので。

 ちなみにこの絽着物、白だと思って買ったんです。届いてみたら、地色がピンク。こりゃ派手だわー、どうしよう?と思っていたところ、羽織にする案を思いついた、というわけです。怪我の功名?(笑) 羽織にしてもまだ派手そうですね。もしかしたら色も染め替えるかも。
 

 薄物がとりあえず揃ったと思うと、安心~! これでいつ盛夏が来ても、大丈夫♪


 ・・・って、実はまた、やることがたくさん残っているのですが^^;。

 とりあえず忘れないうちに、ここにリストアップしておこう。


 ・長襦袢1の身丈出し・裄出し
 ・長襦袢1と2に美容衿をつける
 ・紗着物の裄出し
 ・絽着物のリメイク


 わー大変!! 頑張ります!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。