スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸のシワとり

 およそ努力なんてものには無縁だったわたしが、最近曲がりなりにも努力することを覚えたのは、頑張っているときのほうが、気がラクだということに気付いたからです。

 ただただ悩むことに専念していると、自分の存在は無駄なような気がして、でも手や体を動かし曲がりなりにも何かをしていると、こんな人生にも意味があると思えてきて、健やかな気分になれるのです。



 だから今日、朝スペイン語のレッスンを終えたあと、そのまま着付けの練習に突入したのは当然の流れで、写真を撮りながら、半日かけて自分の着付けをチェックしました。

 鏡に映った自分の姿は主観的に見るけれど、写真はなぜか客観的に眺める。鏡の中の自分はまだ自分の延長。でも写真の中の自分は写しに過ぎず、完全に自分とは別物。写真に撮ると、鏡では分からなかったことが山ほど分かるんです。

 昨夜見た自分の写真のどこが一番気になったかって、胸や背中のシワです。特に胸のシワ。だからまず、そこをなんとかしてみようと思いました。

Img_0371.jpg
たとえば2週間前、チューリップを見に行ったときの写真。
そのときは満足していたが、今見ると胸の辺りにシワが目立つ。


 最初はとにかく丁寧に着ようと思い、気をつけるべきチェックポイントを一つ一つ意識しながら、時間をかけて着てみました。胸の補正が足りないのがシワの原因かも、と思い、いつもより余分に盛ってもみた。


 でも結果は芳しくなく、帯を締める前の段階で、すでに胸の脇にはタックのような大きく深いシワが入っていて、一体このシワを、どう誤魔化せばいいの?って感じ。

Img_0908.jpg


 帯で隠れるかな?と期待をしても見たけれど、そううまくは行かず、やっぱりシワシワ。これでも、脇から大きくベロンと出るよりはマシかと思い、奮闘努力した結果です。

Img_0946.jpg



 こういうシワって仕方がないのかな?とも思ったけれど、でも実際、すっきり着ている人がいるのだから、なにか方法があるはずと思い、とりあえず一度、全部脱ぎました。



 第一これは、衿の打ち合わせが気に入らない。気負いすぎたせいか、衿が首近くまで詰まって、見た目窮屈。ただでさえ短い首が余計短く見える。衣紋も全然抜けてないし。二度目は、もっと打ち合わせを浅くし、首元を開けました。

 腰ひもを締め、おはしょりを整えたあと、ふと思い出したのが、1ヶ月前、友達が目の前でやってみせてくれた着付けです。わたしはいつもコーリンベルトを使うのだけれど、友達は胸にヒモをかけていた。へー、そんなやり方もあるんだー、と思いながら見てたっけ。

 そのときはなんとなく「ヒモは窮屈」という偏見があって真似しなかったけれど、ものは試し。コーリンベルトをやめて、友達がやってたみたいに胸の上部にヒモをあて、上から下になでおろすようにヒモをかけてみました。



 そしたら不思議・・・・!!

 ウソみたいにシワが減った!!

Img_0957.jpg

 ・・・想像するに、たぶんこういうことだと思います。

 コーリンベルトは左右一箇所づつでひっぱる。だからシワは集中して一箇所に大きく寄る。

 でもヒモを体に沿ってなでおろすと、シワはあちこちに分散される。そして、布の伸縮性に吸収されてしまう。・・・のかも??

 ・・・よく分からんけど、これからは着物にはコーリンベルトではなく、胸ヒモをかけよう。意外にも、全然窮屈じゃないし。

 友よ、ありがとう~~!!



 背中のシワはまだ懸案事項。衿の浮きも気になる。他にも問題はまだまだたくさんありますが、とりあえずこれで一つ解決。

 練習し始めた頃は泣きそうだった写真の中の表情も、だんだん晴れてきて、こんな風に、気付いたこと、できることから順に一つずつ、工夫して練習して、問題を解決していけばいいんだな、って分かりました。



 ダメでも頑張る。だって一年間、着物着るって決めたんだものね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。