スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿波しじら織を洗ってみた

5月ごろに書いた記事が発掘されたので、とりあえずアップしておきます。


-------------------------------------------------------------------


 阿波しじらの反物を買いました。

Img_1067.jpg
綿100%。正藍染め(天然藍で染めたもの)のようです。

Img_1095.jpg
縮みのようなシボがあり、透け感があって、涼しそう。
これで夏着物を作るつもり♪


 縫う前に、まずは水通し&地直ししなくっちゃ。

Img_1068.jpg
あっとその前に、長さを測っておかないと。
幅:約36センチ
長さ:約11メートル23センチ


Img_1073.jpg
水に漬けて揉んだところ。
藍染だから水が青く濁るかと思いきや、なんと、茶色に!!

Img_1084.jpg
水を替えてもう一度、揉み洗いしてみた。
あら、今度水が青黒く・・・。不思議~~!!


 どうしてこういうことになるのか調べてみました。

 どうやら最初に出た茶色は、「アク(灰汁)」のようです。水を替えたあとの青黒い水が、藍染の色落ちかな? でも何度も洗濯すれば、だんだん色落ちしなくなってくるそうです(参照:「藍染めの洗濯方法」)。




Img_1088.jpg
洗濯機で脱水をかけ、部屋の中に干しておいたら、2、3時間でカラッカラに。

Img_1092.jpg
アイロンをかけ(長いので、大変だったー!!)、もう一度長さを測ってみました。
幅:約36センチ(変わらず)
長さ:約11メートル10センチ(10センチちょっと縮んだ)

 もっと縮むかと予想していましたが、意外と縮みませんでした。あーよかった! ちょっと短めなので、足りなくなるんじゃないかと心配していたんです。この用尺があれば、なんとか足りそう。



 さて次は裁断。頑張ります^^。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。