スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての付け下げ

 身内にお祝い事があり、実家の両親と妹の一家、我が家とでお祝い会をしました。

Img_1278.jpg


 付け下げを着ていきました。付け下げなんて、わたしの日常では着る機会がない。今日はお祝い事なので、こんなチャンスを逃すまじと思い、着ました(笑)。


Img_1188.jpg
青海波の波間に浮かぶ裏鏡文の刺繍。
とっても気に入っています。


本日の装い:
 
Img_1181.jpg Img_1186.jpg
着物:綸子の付け下げ
帯:薄手の八寸名古屋帯
半襟:塩瀬の無地
帯揚げ:ぼかしの綸子の生成り色部分
帯締め:厚めの平組(一部丸組)

 帯は色と格の両方が着物に合うものがなく、すごく迷いました。礼装用の袋帯では大げさすぎるし、ちょうどいい感じの引き箔の九寸名古屋は色で却下。これならギリ合わなくもないかと思い、紫の八寸名古屋にしましたが、それでよかったのか?? ・・・よく分からないや。

 帯締めも、金糸の入った平組では大げさすぎる気がしたので、色も考えてこれにしましたが、それでよかったの?

 着付けも、いつもよりほんの少し長め、床ギリギリに着てみましたが、このくらいでいいのかなー?


 バリバリ礼装、バリバリ普段のアイテムは最近少し分かってきましたが、こういう、中間的なときって、一体どうすればいいんだろう~??

 着物や帯の合わせ方について、いろいろ読んだり見たりしてきたつもりでしたが、全然分かってないんだな、ということがよーく分かりました。ションボリ・・・;;



Img_1216.jpg
おもてなし館 きじま本陣」にて。とても美味しかったです^^。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。