スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリ着物を染めてみた

 ポリエステルの絽着物を染めてみました。

Img_1406.jpg
↑コレです(元の状態)。

 てっきり地色は白だと思ってオークションで落札したところ、届いてみたら可愛らし~いピンクだったという展開;; 娘が「わたしがそのうち着るかもしれない」というので返品しませんでしたが、そんな、使うかどうか分からない不確実なものを無期限にタンスにしまっておくのはやっぱり嫌~!

 ・・・ということで、自分で着られる色に染め替えることに。


 使ったのは、「ベストカラー」という染料です。簡単に入手できる染料で、ポリエステルが染められるのはコレしかなかった。

Img_1409.jpg
小さな箱に、液体染料と洗浄剤と使用説明書。
色はアクアマリンをチョイス。地色がピンクだから、水色かけたら紫になるかな、と思って^^;。


 他に用意したものはこんな感じ:

Img_1417.jpg
大きな鍋、酢、キッチンスケールなど。


 薄く染めたかったので、どれくらい染料を使うか、どれくらいの密度にするか、全然分からなくて困りました。そもそも、染まり具合を決めるのは、染料の量なのか、密度なのか、煮る時間なのかが分からない。

 しょうがないから、まずは薄めにして、薄いようならあとからまた染め直すことにしました。規定の7.5分の1である染料10g、酢8gを、鍋の大きさの都合上、規定7.5リットルのところ、4.0リットルの水でうすめました。


Img_1418.jpg
アクアマリン色を買ったのに、なぜか水が紫っぽい。


 時間は説明書に30分と書いてあったので、最初30分の予定でしたが、ポカをやりまして、ムラになってしまったので、染めムラをなくすため、結局1時間煮ました。

 ポカっていうのは、最初にちょっとかき混ぜただけで、放置してしまったことです。なんでそゆことしちゃうかなあ・・・。しっかり説明書読んで、その通りにやろうと意気込んでいたのに、よりにもよって、赤いアンダーラインを引いてある一番重要なところをすっぽかしてしまった。ちゃんと「30分かき混ぜる」って書いてあったのに・・・。

 15分くらい放置したら、1、2箇所だけが染まっていて、他が全然染まっていなかったので、慌ててかき混ぜ始めました。そこから延々45分、かき混ぜ続けたので、ムラは目立たなくなりましたが、やっぱりちょっと残ってしまった。


Img_1421.jpg

 これは1時間煮たあと、水で洗った後の状態です。この写真だと分かりづらいですが、けっこうしっかりブルーグレーっぽく染まりました。ほんとは薄紫を狙ってたんですが・・・^^;。仕方ないか。パープル色ってなかったんだもの。

 まあこれはこれで悪くないので、よしとしましょう。



 ちなみにソーピング(洗浄剤を使って、余計な色を落とす作業)はしませんでした。ソーピングで失敗することもあるみたいなので(ネットからの情報)。薄くしか染めていないからか、水で洗っても色落ちしないみたいだったし。

Img_1433.jpg
洗濯機で脱水し、アイロンをかけたところ。少し色が薄くなりました。遠くから見ると、完全にブルーグレーです。

Img_1434.jpg
でも近くで見ると、まだピンク系に見える。不思議~~。


Img_1407.jpg
Img_1426.jpg
染める前と染めた後の色の変化。



 紫に染めるつもりが、ブルーグレー・・・。

 まあ、当初の予定と色は違うけど、まあまあかな?

 これはこのあと、羽織にリメイクするつもりです^^。 




 ※参照: 着物で夏羽織を作ってみた



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。