スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親娘で着物

 長女と鎌倉に行ってきました。

Img_2757.jpg Img_2667.jpg
二人とも着物で行きました^^。

 今回も、テーマはアジサイとハナショウブの開花状況偵察。行き先はまたしても拝観料200円の東慶寺(笑)。


 Img_2677.jpg
27日はまだまだだったホンアジサイもだいぶ咲いていました。
でもこの程度では、明月院に500円払うのは、まだ惜しい(笑)。


Img_2693.jpg

Img_2695.jpg
紫色のハナショウブも咲き始めました。1分咲き、くらいかな~?
白っぽくみえるのは蕾です。これが咲いたら見事でしょうねー。



 でも今日は、花より楽しめたものがあります。それは、たくさんの着物姿!!

 とにかく今日の東慶寺は着物の人が多くて、驚きました。全体的に見ても、2、3割、場所によってはなんと、半数近くが着物姿でした!! いやー、鎌倉って、日本だわ~~(笑)。 

 一口に着物姿といっても、若い方から年配の方まで、年齢はさまざま、中には男性も。着物のテイストもさまざま、気候への適応の仕方もさまざまでした。袷の羽織姿もいれば、浴衣姿、絽着物の人もいました。

 着丈もすごく様々、帯はもっと様々。半幅帯、兵児帯からお太鼓、銀座結びまで。衣紋の抜き方も超~様々。着物の着方って、こーんなにバリエーションがあるんだ~!って初めて知りました。


 実は昨日、ネットサーフィンしていたら、こんなブログ記事に出会ったんです。

もう5月から単衣を着ている方も多いかと思いますが、
この時期、袷だったり、単衣だったり、
袷用の帯、単衣用の帯と、みなさんさまざまで、
季節の変わり目ならではの、多彩な着こなしが混在する自由な感じ、けっこう好きです♪♪

きものショップあずま5/31より



 わーそうなんだ、そんなの見てみたい、って思ったら、1日もしないうちに望みが叶った^^。・・・ひょっとして、神様って存在するのかも??

Img_2733.jpg Img_2734.jpg



Img_2765.jpg
北鎌倉駅近くの「花鈴」にて。
娘はみたらし団子のセット、わたしはあんみつを注文^^。



 本日の装い:

Img_2653.jpg Img_2654.jpg
着物:しじらっぽい単衣紬
帯:薄手の八寸名古屋帯(金茶色)
半襟:薄手の綿ローンで自作
帯揚げ:鶯色の綸子
帯締め:若草色の三分紐
帯留め:金色の鳳凰を象った鋳物(岡重コレクション)

 帯回りは帯の柄に色を合わせました。帯揚げは絽ではなく、綸子。色の合うのがこれしかなかったので


長襦袢:麻
羽織:楊流の単衣
足袋:通年用
履物:エナメルの草履(白)

 今日は涼しかったので、麻+単衣+単衣で、寒すぎず暑すぎず、ちょうどよかったです。


 娘の着付けもわたしがしました。

Img_2657.jpg Img_2658.jpg
着物:信州紬の単衣
帯:薄手の八寸名古屋帯(古代紫)
半襟:刺しゅう入りのポリ絽
帯揚げ:三色ぼかしのナチュラルカラーの綸子
帯締め:レースっぽい夏用の丸組

 娘の帯揚げも綸子。出掛けに慌てて着付けたので、なんとなくこれにしてしまったのですが、今から思えば、絽帯揚げの、緑を出して使ったほうがよかったかも。

長襦袢:麻
羽織:透けるタイシルクのショール
足袋:夏用
履物:下駄

 髪は、娘が自分で考えて二つ分けの三つ編みに。本人曰く、「町娘」が今日のテーマなんですと(笑)。


 普段用の着付けアイテムが二人分あるかどうかも分からない状態で、いきなり取り掛かった着付けでした。わたしのほうはすでに朝から着物を着ており、余り物を探して娘に使うことに。着付けている途中で「あれがない」「これがない」状態。着物のまま、あっち探したり、こっち探したり。家中走りまわったので、さすがに汗をかきました^^;。

 ちなみに普段用の帯枕はなくて、結局自作。

Img_2930.jpg
梱包材をガーゼでくるみ、その上から帯揚げをかけてみた(笑)。

 すっかり着せ付けたあとになって、帯枕のボリュームが足りないのに気付き、あとから見えないように、梱包材を補充するという暴挙に出ましたw。

 また、最初は腰の補正を入れていなかったのですが、着丈の都合上、腰ひもをかなり下のほうにかける必要があり、着崩れを恐れ、一度着せた着物を脱がせ、長襦袢の上からタオルで補正をするという、これも荒技(笑)。

 そんなこんなで、いろいろ大変だった・・・。


 でも、人に着付けるのって、楽しい~~~!!

 自分で着るよりラク~!

 特に帯! 後ろが見えるって、快適~~~~!!



 帯も着物も小物も、全部わたしのものですが、まるで誂えたみたいによく似合い、わたしとしては、大満足、大感激でした^^。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。