頑張ったご褒美

 先日の日曜はスペイン語の検定試験でした。

 さすがに着物は着ていきませんでした(笑)。

 モチベーションの高いときだったら、着物で行ってたかもしれませんが。今はテンションが低いので、チラッと考えはしたものの、普通に洋服で行きました。


 わたし、語学系の検定試験をよく受けるのですが、試験を終えたあとはデパートに寄って、頑張った自分へのご褒美を探すのがいつものパターン^^。普段はあんまりデパートで買い物しませんが、たまのご褒美くらい、ちょっといつもより贅沢してもいいかな?って思って、このときばかりはデパートに行くんです。


 今回もそんな感じで、そごうへ。さあて何を見ようかな?と思いつつ、エスカレータを上がったら、その脇に、浴衣を着た二体のお人形さんを発見。女性と男性でした。

 わー素敵!と思って値札を見たら、なんと浴衣だけで3万円!(汗)

 ・・・いや、いくらご褒美でも3万円の浴衣は買えない・・・;; さすがデパート、値段が高級すぎる・・・。


 でもいちおう、目の保養くらいしても悪くなかろうと思い、浴衣売り場へ。



 そしたらなんと!! 見つけちゃったんです~。買える値段の浴衣を~!


 しかも。本麻ではないと思うけど。手触りからいって、たぶん綿や化繊との交織だと思う。でも透け感といい、シャリ感といい、麻の特長がよく出ています。



 ・・・あ、ちなみに、新品じゃないです。中古の浴衣。


Img_063712.jpg
コレです。淡い薔薇模様^^。
身丈は充分、裄も出せる、しかも美品。
手縫いです。


 正確に言うと、正規の浴衣売り場ではなく、浴衣売り場近くの和小物エリアでたまたまやってたアンティーク着物フェアで見つけたんですけど^^。ブービー最終日だった(って意味分かる?)らしく、帯・着物・長襦袢を合わせても、もうほんの10枚くらいしか残っていなかった。

 なのにそのわずかな売れ残りの中にこれが!! よく売れなかったものだ。



 実は、着物としても着られそうな麻の浴衣をここしばらく探していました。でも気に入るようなものはなかなか安くは買えず、ネットだと風合いが分からずリスキーなのでなかなか踏み切れず、もう諦めかけていた。そこにこの出会い。値段を尋ねたらそこは1000円均一(税込)のコーナーだというので、迷わずゲット~!


 「デパートで買った麻の浴衣」って聞いて、1000円だったとは思わないよね、フツー(笑)。

 「浴衣」と聞くとまず5千円~1万円くらいの価格を想像し、「」というキーワードで1万円加算、「デパート」でさらに1万円アップ、結局やはり3万円近く、というのが通り相場でしょう。



 ついでに(といっては何ですが)、染め帯も一枚、ここでゲットしました。刺しゅう帯はいくつか持っていますが、塩瀬に絵が描かれた狭義での染め帯(といえばいいのか?)って今まで一枚も持っていなくて、これでやっと染め帯デビュー^^。

Img_063711.jpg
コレです。
たぶん正絹、たぶん手描き。
おまけに美品。長さも充分。
そりゃ買うでしょ(笑)。

 季節限定柄ですが、ツバキにもサザンカにも見えるので、その都度、都合のいいほうに解釈して、秋冬長く使おうと思います^^。



 とどのつまり。昨日はたった2000円で、麻の浴衣と正絹の帯をゲットしたわけです。

 ・・・むう、デパート、なかなか侮れんな(笑)。

 しかし今回のご褒美はずいぶんと安く上がったものだ^^。ドイツ語検定のときは、3万くらいのカーディガン買っちゃったのに。前回のスペイン語検定のときは、サマンサのバッグだったような・・・?


 今回も、この浴衣に出合うことなく浴衣コーナーを訪れていたら、3万の浴衣に手を出していたかも??

 ・・・いやいや、カシミアのカーディガンには3万出しても、綿の浴衣に3万は、着物初心者のわたしには贅沢すぎる。年初に「今年は一枚1万円まで」という縛りを作っておいてよかったわ。


 でも2000円で帯と浴衣をゲットしたあと、まさしく3万円の浴衣が並ぶ浴衣コーナーにもちゃんと行きましたよ。目の保養に。

 そしてそこでもまた、素晴らしい出会いがあったんです。


 ちょっと長くなるので、続きはまた明日、書きます。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ