粋で大人な文庫結び

 先日のデパート、実は3万円の浴衣が並ぶ浴衣コーナーでも、素晴らしいものを発見したんです。


 それは、店員さんの帯結び。呉服売り場だから、和装の店員さんも多かったのですが、そのうちのお一人が、見たことのない形に半幅帯を結んでいた。

 とっても粋な感じがして素敵だった!!

 どういうふうに結ぶんだろう? それがもう、気になって気になって、行きつ戻りつした挙句、思い切って尋ねました。そしたら、「ただ普通に文庫に結び、片方の羽根を巻き帯に入れるだけです」ですと。

 なんでもこれは、踊り(日本舞踊?)をやる人がよく結ぶ結び方だそうです。


Img_063708.jpg
すぐやる課^^。早速わたしも結んでみた^^。

 なるほど、カーンタン!!

 ただ、バランスが難しいですね。店員さんの帯はこんなカジュアルな浴衣帯ではなく、もっとシックでモダンな帯。それに上の羽根の出し方ももっと少なかった。こんなおきゃんな感じではなく、もっとずっと粋だった。

 同じ帯結びでも、帯の持つ雰囲気とちょっとしたバランスで、表情が変わってくるから難しい。けど面白いですね^^。

 安定していて崩れにくく、文庫結びより大人っぽいので、重宝しそう。もう少し研究して、定番にしたいです^^。



 しかしデパート、なかなか侮れない(笑)。どうせ買えるような値段のものは売ってないしと思い、これまであまり近づかなかったけれど、たまに行くと、いいことあるな^^。

 他の店員さんの話では、この方はよく、ご自身で考案された結び方もしておられるそうです。店員さんの帯結びをウォッチするだけでも、そごうに足を運ぶ価値、あるわー、と思いましたとさ(笑)。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ