もう墓穴を掘らない!

 いつものことながら、昨日の着付けもやはり大変でした。

 当日の朝になってバタバタしたくなかったので、前々日、前日と二日かけて、着る予定の着物、帯で予行演習。

 ところがそれでもうまくいかなかった。

 まず着物、夏なので少し短めに着ようと思ったら、裾から長襦袢がチラ見え。長襦袢の丈を長く出しすぎたようです。しょうがないから着物も丈を長めに着なおしました。


 あと、長襦袢の衿がうまく決まらなかった。これは理由がわかっている。いつも使うコーリンベルトを使わなかったからです。ポリの着物って滑るから、着物の衿を安定させるため、コーリンベルトを使ったほうがいいのでは?!と突然思いつき、いつも長襦袢に使っているコーリンベルトを着物に使ってしまった。

 脇のシワ取り以来、着物にコーリンベルトは使わないようにいていたのですが、なぜか突然宗旨替え。おかげで着物の衿は落ち着きましたが、やっぱり脇にシワが寄り、長襦袢の衿は着物に隠れがちになってしまった。


 ・・・あー、ダメじゃん。当日違うことやってるんじゃ、予行演習の意味ないじゃんね・・・。




 帯に関しては、お太鼓柄を出すのが難しそうなので、今回は作り帯にし、予め帯枕の位置を決めて作っておきました。当日は、これを背負うだけだー。

 ・・・と思ったのですが、実際はそううまくは行かず、帯締めまで締めて、ヨシッ、カンペキ!と思って仮紐をはずしたとたん、お太鼓のタレがパラリ。しょうがないからもう一回やり直し。でもゴチャゴチャやってるうちに帯枕の位置がズレてきて、カンペキに決めたはずのお太鼓柄がズレてしまった・・・。


 帯締めは、前帯の模様を邪魔しないよう三分紐にし、左右逆に裏返しに締め、最後にひっくり返して紐の端が元の紐の下に隠れるようにしたつもりが。

 気付いたら、帯締めの左右が逆になっていた・・・(汗)。

 「トイレかどっかで締めなおす~~!!」といきまくわたしに、友達が「大丈夫だから! やり直さなくていいから!! 全然分からないから!」と、やけに力を込めて力説。


 友達のその一言で、帯締めを締めなおすのはやめたのですが、今となっては、つくづくやめておいてよかったと思う。

 出先で帯締めを締めなおすなんて、リスクが大きすぎるもんね。もしかしたらまたお太鼓が崩れてとてつもなく面倒なことになっていたかもしれない。




 今日学んだことは、コレですね。

「ヘタなやり直しは、墓穴を掘るに等しい」

 忘れないように、特大文字で書いておきます。



 これは、先日のスペイン語試験でも学んだこと。直さなくていいところをわざわざ直して墓穴を掘ったところが3箇所くらいあった。

 先日の帯でも学んだ。やり直したからと言って、よりよい結果が得られるとは限らない。

 ・・・なのにどうして懲りないんだ、自分。



 もし帯締めをやり直していたら、どうなっていたか分からない。友達に止めてもらえて良かったです。

 これからも、わたしが無謀なことをしようとしていたら、全力で止めて! ヨロシク!





 わたしは道を歩いていても、駅で電車を待っていても、しょっちゅう手で着物をあちこちチェックします。帯の位置、おはしょりのヨレ、帯揚げの出方、衿のうちあわせを手で探って確認したり、人差し指をを立てて左右のお太鼓のタレの長さを確認したり。そういうチェックを四六時中やっている。

 そして不具合を発見すると、今すぐなんとかしなきゃ!と焦ってしまう。


 でも友達見てたら、全然着物をいじらないの。堂々としてる。

 うちの娘がやはりそうで、全然着物を気にしない。着付けたこっちは「そんなにわたしの着付けを信用して頂きましても」って感じなのですが、とにかく外で全く着物をいじらない。まあこの子の場合、そもそもどこをどうチェックしたらいいのかもわからないからだと思っていましたが、昨日見てたら、友達も何もしないので、意外でした。

 でもたぶんそれは、着物暦が長いからだと思う。着物暦が長いから、気も長く、「ちょっとココが・・・」って思っても、今すぐ慌てて取り繕おうとせず、次回への宿題にできる。だから頻繁なチェックも必要ないんだと思う。

 わたしはとにかく、少しでもマシじゃなくては、っていうのが強迫観念のように常にあって、あちこちチェックして直さずにはいられない。でもそうやって焦るから、却って墓穴を掘るのよね。

 でがけの着付けもそう。うまくいかないと焦り、いつもやらないことを突然思いついてやりだしたりするから、余計墓穴を掘るんだ。

 先日学んだ「重点目標を作る」にも通じることですが、今すぐ全てを解決しようと焦らず、次回に持ち越すって大事ですね。気長にいこう、気長に^^。

 これからはわたしも友達に倣い、今すぐ取り繕おうと焦らず、次回への宿題と思うよう心がけたいと思います。





 本日のまとめ:

・ 出かけるとき、突然いつもと違ったやり方をしない

・ 重点目標を一つ作って、そこがうまくいったらヨシ

・ ヘタなやり直しは、墓穴を掘るに等しい

・ 今すぐ取り繕おうとせず、次回への宿題にする





 以上4点、紙に書いて、部屋の壁にでも貼っておきます。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ