スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻の長襦袢の着心地

 5月の半ばから、本麻の長襦袢を愛用しています。

 これを纏った最初の1、2分はいつも、硬くてガサガサゴワゴワして、肌が負けるんじゃないかと心配になります。

 でもほんの1、2分経つと肌に馴染んで柔らかくなります。

 この感じがとっても気に入っています。着るまではゴワゴワとよそよそしかった襦袢が、着たとたんに体に馴染んでくる。これって、何度経験しても、いい気分です。

 体の水分を吸収して生地が柔らかくなるのでしょうか。麻は、完全に乾いているときはすごく硬くてゴワゴワしているんだけど、ほんの少しでも水分を含むと柔らかくなるんですね。

 
 他の長所は、着崩れにくいこと。絹やポリエステルの襦袢のようにスベスベしていないので、ズレてこない。

 洗濯機でザブザブ洗えるし、カラッとして体にまとわりつかないので爽やか。

 シワになりやすいかも、と心配していたのですが、意外と気にならず、アイロンの必要もなし。手間要らずで、ほんと、気に入っています。



 麻の襦袢との付き合い方は人それぞれのようです。一年中麻の襦袢しか着ない人もいるという一方で、「麻の長襦袢は麻の着物にしか合わせない」という記述も見かけます。

 最初はこれ、「決まり」なのかな、と思ってビビったのですが、どうもそうじゃないみたい。オシャレの観点で「そのほうがベター」程度の意味では、と今は思っています。

 たとえばこのページ(教えてgoo)にはこんな指南がありました。

(麻の襦袢は)おもに夏紬、紗紬、絹紅梅、綿紅梅、しじらや縮み、夏塩沢、上布、といった夏のカジュアル着物の下に着るのに向きます。


麻の襦袢自体が、麻や絹ものでも紗紬や絹芭蕉のようなハリのある着物でないと、沿いにくいようです。



 確かに先日、ポリ絽の着物を合わせたときには、柔らかい生地の着物の下には、柔らかい襦袢を合わせたほうが着物の線がきれいかな、と思いました。



 でもじゃあ、他にどんな選択肢があるかというと。

  汗ジミを覚悟の上で、絹の長襦袢。

  あせもを覚悟の上で、ポリの長襦袢。

  邪道は承知で、木綿(袖だけ絹・ポリ)のうそつき襦袢。

  シルエットを犠牲にして、麻の長襦袢。

 どれも一長一短。なので、わたしは、絽だろうが何だろうが、夏の長襦袢は麻でいいや、ってことにしました^^。
 


 

 ところで、単純に「麻」と書いてきましたが、

麻という言葉の定義は、「茎や葉から繊維が採れる草本の総称」

なんだそうです(※ 亜麻Q&Aより)。

 つまり、「麻」っていうのは、ほぼ「草」って言っているのと同じくらい、意味が広いってこと??

服などの繊維名が記載してあるタグに麻100%とあれば、これは亜麻か苧麻の繊維100%という意味です

だそうです(同ページより)。

 てことは、わたしの長襦袢も、亜麻(リネン)か苧麻(ラミー)なのかな?

 とはいえ、この二つ、全く違う植物のようで、亜麻は比較的寒冷な地方で栽培される一年草の植物、苧麻は熱帯、亜熱帯地方で成育するイラクサ科の多年生植物だそうです。

 亜麻にはテーブルリネンやベッドリネンでよくお目にかかります。苧麻という表示にはあまりお目にかかりませんが、一度だけ、「ラミー」と表示されている着物を見たことがあります。光沢があり、上等な感じのする生地でした。小千谷縮(おぢやちぢみ)や上布なども苧麻だそうです(※ 日本麻紡績協会HP参照)。

 さて、わたしの長襦袢は亜麻、苧麻、どっちなのでしょうね??




 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。