スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然石で千鳥の帯留め

 夏らしく、天然石で、ちどりの帯留めを作りました。

天然石で千鳥の帯留め
こんなの^^。



 作り方は簡単。

Img_074498.jpg
天然石に


Img_074499.jpg
油性ペンで目と足を描いただけ(笑)。


 これだけで、ただの石が鳥に見えてくるから不思議^^。






Img_074543.jpg
石は、行商に来ていた半貴石屋さんで買いました。

 店頭でためつすがめつ眺めること約30分。手ごろな重さ・大きさで、三角っぽく、薄めの、千鳥が宿っていそうな石(?)を選びました。

 お値段は、一つ160円~210円。ブラジルのアマゾナイト(緑)、同じくブラジルのムーンストーン(白)、マダガスカルのローズクオーツ(ピンク)を一つずつ。この価格なのに、一つ一つ別の袋に入れて、石の名前と産地を書いてくれた! ・・・あ、屋号聞いてくるの、忘れた~><



Img_074551.jpg
目と足を描くのに使ったのは、0.1ミリのサクラのお名前ペン「マイネーム」。

 石の表面がスベスベなので、すぐ落ちちゃうかもと思いきや、意外に落ちませんでした。気軽に試し書きしたら、消すのが大変だった。スポンジに洗剤つけてゴシゴシ洗い、やっと消せました。



Img_074564.jpg
裏はこんなふう。

 帯締め通しは毎度おなじみの自作。3つ折りにした化繊のリボンをグルーガンで石に貼りました。

 化繊のリボンは、ほつれ止めのため、端をガス火であぶりました。いつもはスナップですが、今回はマジックテープを縫い付けてみました。





 千鳥にこだわって始めた帯留め作り、いろいろと試行錯誤がありました。

Img_074518.jpg
試作品第1号:

 やはり夏は透明感よね、と思い、透明なプラ容器のフタを切り、マニュキアで着色してつくったアクリルの帯留め。娘たちの「チープすぎ!」の一言でボツになりました。


Img_074516.jpg
試作品第2号:

 今度は和紙で作ってみた。カッサリと軽い感じが涼しげかと思ったけど、これも「チープすぎ」と言われ、あえなくボツに・・・。


Img_074522.jpg
試作品第3号:

 石は上で作ったもの。ダンボールで台を作り、穴を開けて石をはめ込んでみた。けっこう手間かかってます。


Img_074526.jpg
試作品第4号:

 更に、波も描いて、「波千鳥」にしてみた^^。

 ・・・が、いずれにせよ、自分で却下。大きすぎて、仮面ライダーの変身ベルトみたいだったので。




Img_074550.jpg

 ・・・というわけで、結局コレ。

 シンプル・イズ・ベスト^^。



 「鳥? これ鳥なの? ウーン、見えなくもないけど・・・」という意見もありますが・・・。

 素材の持つ硬質感と透明感で、涼しげにできたので、満足です^^。

 これで無事、7月も帯留めができました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。