小千谷縮が着てみたい

 今回の二次試験では、ご褒美は何も買いませんでした。お腹がすいていたので、家で冷たいお蕎麦でも食べたくて、すぐに帰ってきてしまったのです。

 でもいちおう、前から行って見たいと思っていた新宿の福服には寄ってきました。

 小千谷縮があったらいいな、と思って見に行ったんです。残念ながら売り物はありませんでしたが、店員さんが一人、着ていらしたので、見られて満足^^。これが今回のご褒美、と思うことにしました。




 ちょっと前のことになりますが、別の中古着物屋さんで、年配の店員さんがやはり、涼しげに麻の着物を着ておられるのを見たことがあります。

 尋ねたら「小千谷縮」とのこと。それがわたしの小千谷縮とのファーストコンタクトでした。

 一目で本麻と分かる和紙のような風合い。軽くシワシワで独特。それをゆったりとした衿まわりで着てらして、思わず見惚れてしまいました。



 その店員さん(女将さん?)は、たぶんわたしより年上。還暦くらいかな? 決してお若い方ではありませんでした。また、特別ものすごい美人ってわけでもなかったと思います(失礼(汗))。

 でも華奢で折れそうで、支えてあげたい、なんだかギュッって抱きしめたくなるような感じで、とても素敵だった。


 あとねえ・・・、脱がせてみたい、と思った。

 ははは・・・キケーン(笑)。でも本当にそう思ったのです。


 そういう色気(?)はもちろん、小千谷縮を着ているからではなく、その方が本来お持ちの個性や雰囲気によるものなのかな、とは思うのですが、でも、体と一緒に、空気まで軽くかっさりと包み込むような生地の風合い、襟元の浅い掻き合わせが、中はどうなっているんだろう?って興味をそそる感じ。

 たとえるならば、楊柳のような風合いの和紙でゆったりと包まれた和菓子の包みのような感じ? 硬いデパートの包装紙にピシッと包まれた包みはなんとなく近寄りがたい感じがするけれど、和紙の包みは開けて、開けて、って言ってるようで、開きたくなる。そんな感じかなあ??




 もしかして、あんな感じで小千谷縮を着たら、自分ももしかしたらはかなげになれるかも、・・・なんて大それた幻想を抱いてしまった^^;。最近、着物ブログでも、よくみなさん、小千谷縮を着ていらっしゃって、見るたびに、ああいいなあ、素敵だなあ、羨ましいなあ、って憧れてます。

 ネットで写真見たくらいでは、生地の風合いまでは分からないけれど、実際に間近で見た小千谷縮の風合いのイメージを思い出すのよねえ・・・。写真で分からない部分は、想像を補って見る。そして憧れる。


 ・・・ああ~、小千谷縮、着てみたい・・・。





 ・・・って、やっぱり、いいかも・・・。幻滅したくないから。自分にも、小千谷縮にも。

 いざ自分が着てみたら、ちっとも似合わなかった、なんてことになったら、自分に幻滅すればいいの? それとも小千谷縮みに幻滅すればいいの? ・・・いずれにしてもガッカリなことに変わりはないから。



 着てみたいけど、着てみたくない。すくなくとも3キロ減量するまではやめておこう・・・。



 夏着物って難しいですね。冬は体型がどうでも顔がどうでも、着るものさえ選べば、けっこうキャラで着こなしてしまえるってところがある気がしますが、夏は魅力の体型依存度がグッと高まる気がする。

 夏は涼感が命なのに、お腹が出てるとどうやってもその涼感が出ない。ほんとに体型って大事。

 ああ、夏だというのに、全く食欲が落ちず、何でも美味しく食べられてしまう自分が憎いわ・・・。



 まあ小千谷縮は人気で、どのみち今年の上限一万円では買えそうにないし。

 少し痩せて、姿勢を良くして首を伸ばし、肩をなるべく下げ、そうやって今より少しは涼しげな体型になったら、そのうちいつか、ご褒美に、自分に買ってあげようかな。




 幸い、年齢はあんまり関係がない気がするので、ゆっくりいこう、ゆっくり^^。



 いつか小千谷縮を着られるよう、頑張ろうと思います^^。
 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ