スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のテーマ

 7月は浴衣を含め、手持ちの夏着物を一通り着るチャンスに恵まれ、素材の違いによる体感温度の差を体験しました。

Img_18x.jpg

 6月にフライングで着た化繊の絽。薄い割にムアッとする感じで、蒸しました。


Img_01y.jpg

 でも化繊の絽は、夏のエアコン対策には最適。着物からリフォームしたこの化繊絽の羽織は、かさばらない割に、しっかり冷房から体を守ってくれて、重宝しました。


Img_14x.jpg

 外国語の口述試験に着て行った正絹の紗。化繊の絽に比べると涼しい着心地で、日なたはともかく、木陰では非常に快適でした。


Img_24x.jpg

 父母会に着ていった麻+化繊の浴衣。見た目は涼しげですが、意外と蒸れて暑かった。化繊の割合、どれくらいなんだろう?? 端を少し切って燃やしてみたけど、分かったのは交織ってことだけでした。


Img_25x.jpg

 夫と一緒に地元の夏祭に着ていった有松鳴海絞り(綿)の浴衣。夕方だったのでもともとそんなに気温が高くなく、快適でした。カッコよく着るのは難しいけれど、生地が柔らかく、とても着心地が良い♪


Img_26x.jpg Img_27x.jpg Img_28x.jpg

 家で着ている浴衣。左からそれぞれ綿紅梅、綿コーマ、綿絽の浴衣。右の白は、下の娘が平塚の七夕祭りに着ていきました。




 手持ちの夏帯(なごや帯)は二本だけ。

Img_02z.jpg

 正絹の三重紗(九寸)。芯は入っていませんが、生地が三重になっているので、胴回りが暑く、帯の下に汗をびっしょりかきました。


Img_01z.jpg

 化繊の絽綴れ(八寸)。頼りないくらい薄いカジュアルな絽綴れ。暑くなく、軽くてラクでした。



 着物の蒸し暑さ・涼しさは、生地の薄さより、素材によるところが大きく、化繊が暑い、というのは本当だな、と感じました。暑い、というより蒸す感じ、かな。

 一方、帯は、素材より生地の厚みによる影響が大きいと感じました。分厚い帯は正絹であってもやっぱり暑い。何度も巻くからかなあ?

 まだそれぞれほんの一度か二度しか着ていないし、着た日の条件も違うので、公平な比較とはいえませんが、今のところの感触としては、こんな感じでした。



 さて8月。なにしろ夏着物・帯はこれしか持っていないので、8月もこの布陣で行くしかない。すでに一通り着おえたので、なるべく小物や組み合わせを変えて着ようと思います。あと半幅帯も活用しようと思う。


 というわけで8月のテーマは、「組み合わせを変えて着る」です^^。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。