ガラスで渓流の帯留め

 ガラスを渓流に見立て、涼しげな帯締めを作ってみました。

ガラスで渓流の帯留め
出来上がり図^^。



 材料はこんな感じ:

Img_085145.jpg
ガラスの箸置き(ヤフオクでこちらの出品者さんから購入)
ネイルエナメル各色
エナメルトップコート
お名前ペン(油性)
楊枝

Img_085125.jpg

 ガラスの箸置きにネイルエナメルで絵を描き、お名前ペンで魚の目を入れました。

 楊枝は細いところを描いたり、はみ出したところをふき取ったりするのに使いました。

 マニキュアは、乾く前なら簡単に消せるので、ちょっと失敗しても描き直せるのでラク。乾いた後でも、スポンジでゴシゴシこすればおちます。


 魚はいちおう、鮎のつもり。でもニジマスでもメダカでもなんでもいいや。何か渓流に住む夏っぽい魚のイメージ(笑)。

 最初に白を塗り、上半分だけグリーンのラメを塗り足しました。

 すっかり絵が描きあがり、エナメルが乾いたところで、全体にトップコートを塗りました。

 トップコートが完全に乾くと、ちょっとやそっとツメでカリカリしたくらいでは落ちなくなります。




 ・・・ここまではよかったのですが、問題は帯締めに通す金具。帯留めが透明なので、金具が見えちゃう。

 ここが思案のしどころ。何かいいものはないかと家中探し、見つけたのがコレです↓

Img_085132.jpg
ボールペンレフィルの透明ケース。


Img_085136.jpg
フタの部分を切り、ここに帯締めを通すことにしました。
そのままだとちょっと幅が広すぎるので、下半分だけ折り曲げ、セロテープで固定しました。



Img_085167.jpg
帯留め本体との接着は、毎度おなじみグルーガンで。
グルーガンて、乾いてもほぼ透明なところが神ですね!!
はみ出たグルーは固まってから、カッターでカットしました。

Img_085166.jpg
・・・というわけで、もう一度、完成図^^。
透明で涼しげな帯留めができました。




 これで無事、8月も帯留めが完成です^^。

 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ