スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物で日本体験

 昨日、ここ2ヶ月かけて準備してきた大きなイベントが一つ終わりました。通訳案内士の試験を受けてきたのです。

 通訳案内士って、外国人を外国語で案内する仕事です。つまり通訳を兼ねた観光ガイド。仕事としてこうした観光業務を行う場合、この資格を持っていないと違法になります。


 着物で、外国人を鎌倉に案内できたらいいな、と思い、スペイン語で受けてみました。外国の方にも貸衣装屋さんで着物を着てもらい、みんなで鎌倉・着物散策なんて、うわー楽しそう~



 鎌倉へ行くと、ときどき外国人の着物姿を見かけます。だいたい着物姿の10~20人に一人は外国人、くらいの比率かな?? けっこうちょくちょく見かけます。

 みなさんとってもきれいに着ていらっしゃる。着物は日本人しか似合わないかって、そんなことないですね^^。日本人のような寸胴でなくても、脚が短くなくても、着物は素敵。・・・いや、むしろ、わたしの好みからいうと、胸元がふっくらしていて、帯の下が長い着姿のほうが好きなくらいです。

 たぶんそれは、洋服文化で育ってきたからでしょう。きっと洋風の美感覚に慣れてしまっているのね。着物の形は昔から変わらなくても、それを見る人の目が変われば、「こういうのが着物の形」という概念も変わってくる。



 わたしも海外旅行へ行くと、その地の民族衣装を試着させてもらったり、買ってきたりしますが、そういう体験ってと~っても楽しい^^。外国の方にも着物で「なんちゃって日本体験」をしてもらいたいな、と思います。「ああ、こうやって着物って着るんだ~」って、体験を通して知ってもらえたらいな、って。

 富士山など、日本の名所が世界遺産に登録され、人類全体の財産として大事にされているように、着物も日本の、というより、世界の文化のうちの一つになればいいと思う。

 京都に行くほど日程に余裕のない人でも、鎌倉なら東京から日帰りできるので、多くの外国人に、気軽に着物で鎌倉散策を楽しんでもらえたら、なーんて夢見ています。



 まだ今はただぼんやり夢見ている段階ですが、でもとりあえず夢に向けて一歩踏み出そうと思い、ガイド試験を受けました。今回の受験はほんのお験しですが、チャレンジしてよかったと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。