スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱・アスファルト化

 以前、「アスファルト化して都会のカメレオンを目指す」と書いたんですが、やっぱりアスファルト計画、やめることにしました。

 都会に紛れる色を目指すの、や~めた!

 土曜日に、娘に白・白コーデを着せて思ったんです。これ、ユーレイみたい、って。特にバックが竹林だったりすると、「写ってはならないものが、写ってしまった写真て感じ」(娘曰く)。

 下の写真は横向いているからまだいいんですが、こっち向いてると、けっこう怖いです(笑)。

Img_095714.jpg


 曖昧模糊としたグレーがかかった淡い色で全身をまとめ、都会の保護色に同化すれば、着物姿でも集団に埋没して、目立たないのでは?と思ったのですが、それは初心者の浅知恵でした。

 影が薄すぎて、逆に目立つ(笑)。それがよーく分かりました。

 やっぱり何を着ていても、着物は着物っていうだけで、目立つ。悪あがきはやめて、そういうものだと思うことにしました。

 そんなに目立ちたくなきゃ、洋服を着ればいいのよ、ウン。




 あと、娘に着せてみて、こういうコーディネートは、若くてスラッとした子だから似合うんだ、と分かったのも理由の一つ。わたしが着ても似合わないと思いました。

 一般的には、若い人は明るい色で、年をとったら地味な色、みたいに思われているけれど、実際は必ずしもそうとは限らない。このユーレイルックは、地味な色ですが、わたしより娘のほうが似合うと思う。

 娘が着ると、この色だからこそ、清楚でかわいかった。ま、清楚すぎて、幸薄そうですが(笑)。でも似合っていたとは思います。


 わたしが同じ着物を着るのなら、帯はもっとパンチのある色を持ってきたほうが、全身が引き締まり、痩せてみえるかな、と思いました。

 スタイルのいい人は、せっかくのプロポーションを帯で区切ってしまっては勿体ないけれど、スタイルの悪い人は、柄だの色だので、シルエットを霍乱したほうが、プロポーションの悪さが目立たない気がする。


 ・・・というわけで、アスファルト化はやめて、これからは、自分の似合う色や、帯と着物の組み合わせを探そうと思います。

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。