スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもと違う前結び

 裄だしを終えたのがそもそも夜だったので、夜中にやっと、祖母の絽を着ることができました。

Img_092040.jpg Img_092042.jpg

 左は通年使える半幅帯、右は一度しまった名古屋帯の夏帯をまた出してきました。帯揚げも絽。

 帯留めは、夏に自作して使い損ねていたガラスの魚模様。これも夏の心残りだったので、すかさず投入。

 半襟以外は、盛夏仕様(笑)。



 帯結びはちょっと前にいつもとは違う前結びの動画(You tube)を見つけたので、今日はそれを参考に、前結びで締めました。

 いつも参考にしている前結びの動画と一番異なるのは、帯(手先とたれ)をからげないこと。

 帯をからげない分、長さが稼げ、短い帯や、前柄の位置の悪い帯でもこの前結びなら結べるんじゃないか、と思いました。

 その特長を生かし、長めの名古屋帯を二重太鼓にしてみました。

Img_095970.jpg
折りジワはひどいけれど、一応、二重太鼓^^。


 長すぎてどうしていいか分からず、いつもユルユルにしか結べなかった帯が、初めてキュッと結べました(形は悪いけど)。




 ・ 着そびれた祖母の絽の小紋

 ・ 使いそびれたガラスの帯留め

 ・ うまく結べなかった夏帯


 自分撮りまで終えたら、もう真夜中だったけれど、これで、やっと夏の宿題を終えた気分。

 これからは秋に気持ちを向けよう。


 でもこの着物、暑くなく寒くなく、着心地がいいのでビックリ。真夏にポリエステルの絽はムアッと蒸しましたが、今の季節はとっても快適。着心地で言ったら、この着物は、今の時期の着物なのかな、と思いました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。