食の歳時記

 近所の和食屋さんに定食を食べに行ってきました。

Img_095997.jpg Img_096002.jpg

 このお店は、わたしにとって「食の歳時記」です。なぜって月ごとに定食のメニューが変わるから。

 9月メニューはきのこが豊富で、「柿の串揚げ」なんてのがありました。甘くて、とても美味しかったです。



 思えば、和食にしろ、着物にしろ、俳句にしろ、日本文化のキーワードは全て、「季節感」ですね。日本人は、季節によって、使う食器まで変えてしまう。夏はガラス器を多用し、冬は土モノをメインにもってくる。

 着物や帯の柄を季節に合わせたりする遊び心も、任意である分には、とっても素敵♪ ただそれが義務みたいに言われたりするからイヤなんだけど。たとえ楽しいことでも、義務になると、遊びでも愉しみでもなくなってしまう。

 季節によって服を着わけ、床の間の装飾を変え、食器を替え、だから日本の家はモノで溢れかえるわけですが、四季ある国だからこその遊び心は、簡単には捨てられないですねえ。



 本日の装い:

Img_095980.jpg Img_095987.jpg
着物:ポリエステルの単衣
帯:八寸名古屋帯(古代紫)
半襟:ポリの刺繍入り
帯揚げ:絞り入りの絽縮緬(?)(ブルー)
帯締め:若草色の三分紐
帯留め:ウサギと月の帯留め(自作)


 帯揚げは、絽縮緬?? 絽目はあるけれど、普通の絽みたいにスベスベしていなくて、シワシワした感じの生地です。夏前に買ったのに、一度も使っていなかったので、いまいち色が合わないけれど、使ってみました。むしろ昨日のコーディネートにぴったりだったのに・・・、なぜ使わなかったんだ?>自分。

 この着物は、近所をブラブラするには、雰囲気がお出かけっぽすぎたかも。洗えるから、食事には気楽!と思って選んだのだけれど、紬にすればよかったかなあ?

Img_096028.jpg
近場だからと油断して日傘を持たずに行ったら、日差しが暑かった。
日陰を探し、民家の壁や塀にひっついて歩きました。




 ところで、今日はと~っても着付けが上手く行きました。

 カテゴリを分けたいので、その話は別記事にて。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ