スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一万円コーデ

 よく考えたら、昨日の着物コーデ、上から下まで一揃いで、ほぼ一万円でした。

Img_096051.jpg Img_096074.jpg
着物:信州紬の単衣(正絹) 2700円
帯:八寸名古屋帯(正絹) 1850円 
半襟:先染め縞模様(木綿) 材料費:約60円
帯揚げ:絽(正絹) 1000円
帯締め:三分紐(正絹) 580円 
帯留め:天然石 材料費:160円
長襦袢:単衣(本麻) 1600円
草履:エナメル(合皮)1800円
足袋:ポリエステル  350円
―――――――――――――――――――――――――――――――――
合計: 10100円

 ちなみに価格は送料込み(送料がかかった場合)。ああ悔しい。あと100円安ければ、ジャスト1万円だったのに・・・。

 着物・帯・長襦袢は中古、他のものは新品で購入しました。長襦袢には使用感があり、洗濯機で洗いました。着物と帯はたぶん、未使用ではないかと思います。

 ・・・あ、でもここに着付け道具を入れると、もう少しかかっていることになるな。このほかに、伊達締め1本、コーリンベルト1本、ウェストベルト1本、美容衿1枚、帯枕1つ、前結び用帯板1枚使っています。この6点で5000円くらい?

 先日見た着物ビデオで、「いま着物は、上から下まで一式、頑張れば1万5000円で揃います」と言っていましたが、だいたいそのラインですね。上から下まで全部、気に入っているものばかりです。

 ちなみに、これまでにかけた最高金額は、着物一枚7000円、帯一本4100円です。まだ初心者なので、着物は1万円、帯は5000円、帯揚げ・帯締め・帯留めはそれぞれ2000円までと決め、予算に合わないものは見送っています。この予算でもけっこう選択肢が広く、価格で妥協しなくても、気に入ったものが入手できています。



 たまたま今回は、もらい物の着物や、もとからある帯など、タダで手にいれたものを使っていないコーデだった(着付け道具以外)ので、過去の購入記録を調べ、計算してみました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。