10月のテーマ

 9月は、極限まで下がった着物モチベーションがV字型に回復した月でした。

 モチベーションの下がりようも予想外でしたが、ここまで急速な回復も予想外。ヤル気って、自分のコントロール次第なんですね。何かきっかけを一つ掴みさえすれば、一度外れた軌道に乗り直せる。意欲の立て直しに成功したのは、着物に限らず、人生にとって、大きな収穫でした。

 とにかくブログやっててよかった。いつも読んでくださるみなさま、ありがとうございます。読んでくれる人がいるからこそ、ガンバロ!って思えました。

 過去の自分、ブログ書いてくれてありがとう。自分の過去記事に、ヤル気を貰ったよ(笑 でもホント)。



 9月は「秋単衣を着る」がテーマでした。そのテーマの通り、9月は単衣を着ました。

 でも結果として分かったのは、「暑さ寒さは彼岸まで」という言葉は本当、ということです。年にもよるだろうけれど、だいたい彼岸までは暑い日が多い。そこまでは暑さ対策が最優先だと思いました。

 今年は着物を着始めて初めての9月だったので、とりあえず着物ルールに従い、単衣を着ましたが、「きものカンタービレ」の浅香さんや「着物と猫とカネコ系」のあすかさんなど、大先輩の方々がまだ夏物を着ていらっしゃったことに、勇気を頂きました。

 来年はわたしも、着物ルールに盲目的に従うのではなく、気候に合わせて、柔軟に着物を選びたいと思います。



 10月も、「10月からは袷」と決め付けず、その日の気候に合わせて柔軟に対応しようと思います。わたしの体は温度調節機能が弱いので、袷の着物一枚よりは、単衣+単羽織のほうが、その場に合わせて脱ぎ着できて便利かも。

 7、8月は冷房対策に、羽織がマストアイテム、9月は冷房の心配がなくなり、羽織の必要がなくなりましたが、10月はまた羽織が活躍しそうです。


 いつの時点で袷に切り替えるのかは、実際やってみなければ分かりませんが、袷の時期になったら、大島紬など、生糸紬を重点的に着ようと思っています。

 具体的には、以下の4点です。

Img_10x.jpg
経緯絣7マルキの泥大島。繊細な柄で、とても気に入っています。


Img_19x.jpg
緯総(ヨコソ)の大島紬。色が優しく、薔薇模様がとっても華やか。


Img_17x.jpg
経総(タテソ)の白大島。あわせる帯で秋らしさを演出してみたい。


Img_05x.jpg
大島紬ではないけれど、これも生糸紬。藍色が10月の空に映えそう。



 ・・・以上、本場大島度が高い順に、並べてみました(笑)。

 10月のテーマは、「大島紬を着る」です。大島紬、薄くて軽くて大~好き! 本場大島紬・大島風、いろいろ入り混じっていますが、ザックリまとめて「大島紬」ってことで^^、10月はこれらを重点的に着ようと思います。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ