スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きものんの着付け動画

 心がほっこりする着物動画(you tube)を見つけました。

・ 『きものん』着物の着方

 このほかにも、「二重太鼓の結び方」とか、「名古屋帯の結び方」とか、31もの動画をアップされているようですが、何か癒される感じで、全部見ました。気に入ったものは何度も見ています。

 この方、女優さん・・・なのかな? アナウンサー出身で、こばやしあきこさんとおっしゃる方です。公式ウェブサイトとかブログも複数お持ちの様子。

 この着付け動画のどこが魅力って、とにかく声と話し方が素敵なんです。京都の方のようで、どことなくイントネーションが京風。それに声がとてもきれい!!

 「鈴を振るような」とか「玉を転がすような」という形容がありますが、それはこういう声のことを言うのだと腑に落ちました。ほんとにまさしく玉を転がすような、鈴を振るような、華やかでまろやかな、もう、ほんっっとに素敵なお声なんです。その声で京都風味な言葉を話すのだから、たまらない~~!!

 実はわたし、着物にハマり始めた頃から京都弁にもハマり、実は京都弁の会話集まで持っていたりします^^。

Img_106503.jpg
旅の指さし会話帳 KYOTO」。


 ついでに沖縄(ウチナーグチ)も^^。

Img_106502.jpg
旅の指さし会話帳 沖縄」。

 ・・・って、関係ないですが(笑)。

 このシリーズの出版社のサイトでは、無料で京都弁の音声のダウンロードもできるので、それをiPod touchに入れて、電車の中とかで聞いたりもしています。もうビョーキ^^;。

 ・・・あ、ちなみにこの音声を、京都出身の友達に聞かせたら、いつも標準語しか使わない彼女が、突然釣られて京ことばになってしまい、すっごく可愛かった^^。思わず、萌えました(笑)。

 とにかく京都弁、大好きなんです。京都の柔らかなイントネーションが好き。それを玉をころがすような声で話されたら・・・。萌えます!! 女でも!!




 ・・・というわけで、声を聞きたくて、何度も動画を見ています。

 動機は不純ですが、動画を見れば、やはり着付けの勉強になります。

 この方の着方で一番新鮮だったのは、下前の折り上げ方です。おはしょりのところの。わたしが知っているのと左右が逆! 衿先のほうを残し、右に向かって折り上げる。これは下前の衿が安定しやすくていいな、と思いました。

 但し、欠点も。結果として、上前のおはしょりより、下前のおはしょりの出ている部分が短く、不揃いになってしまうんです。でもこばやしさんはそれを全く気にされていないご様子。え、それでもいいの?って、目からウロコでした。

 あと、着物の背中心はなんとなく、首の付け根から床まで、背中の背中心にくるようにするのがきれいな着付けだと思っていたのですが、こばやしさんによれば「背中心のラインが、下(腰ひもより下)は、右側のお尻くらいにきていると、きれいだといわれています」だそうで、これも目からウロコでした。

 帯も、名古屋帯の結び方は、お太鼓が相当傾いでいて、「ええっ?! 大丈夫?」と思ったのですが、出来上がってみると、多少傾いでいるものの、そんなに違和感ナシ。お太鼓の傾ぎをそんなに気にすることはないんだ、と気付きました。

 帯揚げの結び方もそう。結び目をギュッと結び、そんなに形を神経質に整えないので、雑誌の着付けのようにきれーいではない。でも、全体として、とてもきれいな着姿なんです。



 なんだかこの動画見ていたら、わたしは本質ではないことにこだわりすぎているかも、と思いました。そしてその分、一番の基本がおろそかになってしまっている気がしました。

 おはしょりの長さだとか、左右が完全に水平かどうか、そういうことより、全体としてピシッとしていることが一番大事なんだ、と気付きました。

 9月の終わり、自分の着付けに少し満足できるようになったのは、この動画の影響も大きいです。着付けの技術は大して変わっていない。ただ意識が変わったんです。細かいことにこだわらなくなった分、基本に気持ちをかける余裕が生まれました。

 着付けには様々な流派がありますが、どんな着方でも、きれいな着姿はきれい。それは、細部は違っていても、押さえる基本は一緒だからなんだな、と思いました。

 今まで、人からダメ出しされないように、ヘタクソと思われないように、あそこを気をつけて、ここを気をつけて・・・と、人の目ばかり気にしてビクビクしながら着ていた着物。それは違うのよ、とはんなりした京都のイントネーションで教えてもらったような気がします。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。