「JIN-仁-完結編」 大沢たかお

 勢いで「JIN-仁- 完結編」を見終えました。

jin2.jpg
JIN-仁- 完結編 DVD-BOX

(2011/09/16)
大沢たかお、綾瀬はるか 他

 いよいよ動乱の時代。前作以上に悲惨な場面が多く、見るのがしんどかったです。これ、もしテレビで毎週見ていたら、続きが気になりすぎて、生活に支障が出たんじゃないかと思う。全部終わってから一気に見られてよかったです^^。

 何しろタイムワープモノなので、いまいち???なところもありますが、この手のものとしては比較的納得できる終わり方でした。薬のビンがなぜあそこに?というのはありますが^^;。んー、これも一種の歴史の修正力なのかな??


 わたしがこのドラマを通じて感じたのは、何より、和することの大切さです。主人公は、医術を通して、どんどん人の輪を広げていく。最初は西洋医学の別の流派と和し、次に東洋医学。牢獄の中でさえ。そして、戦いからは何も生まれないと坂本竜馬が悟った瞬間、日本の未来は決まったのだと思いました。


 人間の本質は変わらずといえども、日本人は歴史から学び、徐々に進化してきたと、わたしは夏に日本史を学んでいたときに気付きました。古代史あたりはもう、ウンザリするほど親兄弟間の骨肉の争いばっかり。民衆の犠牲の上に、国のトップが個人的な恨みや私利私欲の争いを繰り広げていた。

 ところが兄弟げんかの複合体だった保元の乱のわずか3年後、平治の乱は家同士の戦いとなり、親族の強い結束の元に家同士が争う源平合戦時代の幕開けとなりました。戦国時代は国同士の戦いとなり、聡明な領主は民衆を味方につけることを覚えた。更に明治維新では、方法論は違えど、日本という国を外国から守ろうという思いは幕府側にも薩長側にも共通していた。

 日本史の3大転換期である源平合戦・戦国時代・明治維新では、家、国、日本全体と、連帯の範囲が一段階ずつ広がっているのです。いまだに戦争はこの世からなくならないけれど、日本人はこれでも、長い歴史の中で一歩ずつ、勝利への道は和することだと学んできた。第二次世界大戦という教訓を経た今、日本人の連帯の範囲は更に広がっているはず。そう信じたいです。



 着物に関しては、完結編では、仁友堂の切り盛りをする咲の着物が、その経済状況を如実に物語っていました。

 実家にいたころ華やかな小紋をとっかえひっかえしていた咲は、仁友堂が逼迫すると、家から持ってきた染の着物を売り、一枚の紬を着たきり。帯も染め帯。さすがに大奥に上がるときだけは柔らかものを着ていましたが、それもたった一枚。

 でも松平家の奥方を治療してからは、褒美を頂いたと見えて、紬のバリエーションが増えました。

 また、武家のお嬢さんだった頃は、半襟は白でしたが、紬を着るようになってから、淡い色の半襟に変わりました。これが可愛かった^^。わたしは、ベージュの紬にベージュの半襟という、着たきり時代のコーデが、優しくて一番好きです。鈍いピンクに薄紫の半襟というコーデもありましたね。

 色のはっきりした華やかな小紋には真っ白な半襟もいいけれど、紬に白の半襟は強すぎ、着物が半襟の白さに負けてしまう。紬にはやはり、少し色のついた半襟が素敵だな、と思いました。わたしも咲を真似しようと思います^^。

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ