着物でらい亭@鎌倉山

 友達と、着物で鎌倉山のらい亭に行ってきました。

Img_107504.jpg

 とてつもなく広大な敷地の古民家のお蕎麦屋さんでした。上の写真は敷地のごくごく一部。敷地が5万平米あるそうです。門の傍らに受付があって、そこで敷地内の地図を貰います。この地図がないと、レストランの建物までも行き着けないかもしれないくらい、広い!

 5万平米ってどういう広さか、調べてみました。あの「うかい鳥山」(6500坪≒2万1450平米)でさえ、ここの半分以下。なんと東京ドーム(4万6755平米)より広い! 公園とかなら驚かないけれど、レストランとしては、やはり驚くべき広さ!


Img_107491.jpg
しかも山のてっぺんにあるので、相模湾が一望できる。

Img_107495.jpg
お料理も美味しかったです。器も素敵。


 でも、一番楽しかったのは、食後の散歩です。広大な庭には、不思議なものがいっぱい!



Img_107537.jpg
道の両脇に、仁王が立っていたり。

Img_107608.jpg Img_107606.jpg
敷地内に神社があったり、二宮さんがいたり。

Img_107562.jpg Img_107612.jpg
竹林の葉陰に、ユニークな表情のお地蔵さんが潜んでいたり。

Img_107628.jpg Img_107484.jpg
木の化石でできたつくばいがあったり、震災で倒れた塔があったり。




Img_107522.jpg Img_107463.jpg
八角堂や手入れの良い松などもありましたが、どちらかというと、野趣あふれる雰囲気。


 これだけ自然に囲まれていると、秋らしい風情も満点。

Img_107457.jpg Img_107462.jpg
ホトトギスの花・カラスウリの実

Img_107471.jpg Img_107631.jpg
柿の実・ワレモコウの花

Img_107565.jpg Img_107524.jpg
アザミ・フジバカマ

Img_107618.jpg Img_107561.jpg
足場の悪いところを、二人とも、草履でガシガシ歩きました^^。

Img_107550.jpg
竹林の中はヒンヤリ涼しくて、気持ちがいい^^。



 らい亭のあと、もう一軒、カフェにも行きました。

Img_107655.jpg
長谷にある、てぬぐいカフェ一花屋(いちげや)というお店。

Img_107646.jpg
ここも古民家。薄暗く静かで、懐かしく、ま~ったりした雰囲気でした。


Img_107649.jpg Img_107651.jpg
友達は抹茶オレ、わたしは杏仁豆腐を注文。
杏仁豆腐にはイチジクや、レッドキウイが入っていました。珍しい^^。
器も凝ってますね。わたしはこういうのに弱い。



 友達の装い:

Img_107583.jpg
古代紫色の小紋に、アザミ色の帯。
着物も帯も、表面に凹凸のある、風合い豊かな生地。
着物は洗える素材。まだ洗ったことはないそうですが、いざとなれば洗える、と思うと心強いそう。


Img_107582.jpg
帯周りをクローズアップ。
帯と袖口布の色が合ってる! アザミの色も同じ~。
長襦袢の色柄まで合ってて、オシャレ~!

Img_107514.jpg
着物とバッグの色も合ってます。

 バッグは、特にこの着物に合わせようと思って買ったものではないそうです。紫が好きなので、つい集まってしまうのだそう。けっこう「紫」っていっても幅広いのに、色調がピッタリって、すごい^^。



 わたしの装い:

Img_107413.jpg Img_107430.jpg
着物:大島紬(横総)の袷
帯:八寸名古屋帯(金茶色)
半襟:刺繍入り化繊の縮緬(サーモンピンク)
帯揚げ:綸子(サーモンピンクの江戸小紋)
帯締め:若草色の三分紐
帯留め:折り紙で自作した薔薇の帯留め

 着物はこの秋初めて、袷を着ました。日中、日向は暑かったです。日陰はちょうど良かった。夕方は少々肌寒く、羽織が欲しかった。羽織、持っていったんだけれど、車の中に置きっぱなしだったんです。同じ日でも、時間帯や日向・日陰によって、ずいぶんと気温が違うんだなあ、と分かりました。

 帯と着物が同系色。無難すぎるコーデですが、着物と帯留めを決めたら、帯はこれしかなかった。他の帯は、色が合わないか、前柄がうるさくて帯留めが目立たないか。この帯は地味すぎてイマイチ好きじゃなかったのですが、着物が派手な分、帯はこれくらい地味でちょうどよかったかも。

 帯揚げは、祖母のタンスから物色してきたもの。てっきり帯揚げだと思って使ったら、アラ、長さが短い・・・。しかも生地がやたら分厚い。どうやらこれ、帯揚げじゃなく、反物の切れ端だったらしい(笑)。

 両面テープで金具に貼り付けただけの帯留め、早速落としました。やっぱり両面テープじゃダメか。また折りなおして、今度はグルーガンでつけよう。


 
 着物で出かけるのって、ほんっと、楽しい! 行っている間も楽しいけれど、こうして写真を見返すと、また新たな発見があって、楽しさが蘇る。やっぱり写真て大事ですね^^。


 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ