燃焼実験

 先の絣着物のその後。


 大量の色落ちに辟易し、すっかりイヤになって洗濯機の中に置きっぱなし。でもいつまでも放置しておいてもしょうがないので、ベランダに干しました。

 濡れたまま干して手でパンパン叩いたら、またしても手が真っ青になったのにウンザリし、そのままベランダに放置。


 数時間後、見にいったら、やたらぶあつい衿の部分以外、カラッカラに乾いていました。

 ・・・っていうか、これまだノリが全然とれていないんじゃ?? 生地が固くてガバガバ。あーもー、どうしてこんなの買っちゃったんだか・・・。




 でも。この手触り、やっぱり木綿な気がする。

 頬にスリスリ、生地を摺り寄せてみましたが、やはり木綿だと思う。

 念のため、まだ出していなかったウールを4枚、たんすの上から下ろしてきて、肌触りを比べてみました。

 やっぱり違う! ウール特有の、ザラザラな感じが、この絣にはない!!

 ゴソゴソしてはいるけれど、チクチクしない。これ、やっぱり木綿なんじゃ??




 そこで、糸を燃やしてみることに。

 勢い良く燃え、わずかな灰を残し、すっかり燃えてしまいました。やっぱり木綿なんじゃ・・・。



 比較対象のため、ウール(娘の純毛のセーターの毛玉(笑))と木綿(古タオルの糸)も燃やしてみました。


 ・ ウールはよく燃えず、燃えても、燃えカスが残る。それに、燃やしたあと、イヤーな匂いがいつまでも残る。

 ・ 木綿は勢い良く燃え、ほとんど灰が残らない。燃える匂いはするけれど、イヤな匂いではない。


 特に一番違うと思ったのは、火から離したとき、燃え続けるかどうか。

 ・ ウールは、火から離した途端、火が消え、燃えなくなる。

 ・ 木綿は、火が繊維に燃え移り、火から離しても、燃え尽きるまで燃え続ける。


 絣着物の燃え方は、完全に後者。やはり木綿だということがこれで判明しました。



 ワーイ♪ これで木綿絣、ゲットーーーーー!!

 ウールだと思い込み、ヤケを起こして捨てなくてよかった~~。

 こんな一発逆転な展開もあるのねー。





 但し、ここでまたしても、思わぬ問題が・・・。

 乾いたところで測ったら、身丈が10センチも縮んで、140センチしかない;; これでは対丈で着るしかない。

 袖丈も、48センチくらいあったのが、45~46センチくらいになっている・・・。

 ただ有難いのは、横幅が縮んでいないこと。よかった!! 裄出しすれば、裄は足りる~~!

 ・・・いや、正確に言うと、もともと、最大限に裄出ししても1センチくらい足りないんですが。でもそれは承知の上で買ったのだし、そのくらいは誤差ってことで^^。

 身丈は、どうしても長くしたければ、方法はあるし、とにかく、木綿だったってことだけで満足です。



 問題はこのゴワゴワ感と、藍の色落ちですが、まあこれは、何度も洗ううちに収まってくることを祈ろう。

 ・・・というか、それもまた経験のうち。そういう問題も含め、木綿絣が試せるなんてラッキ~!



 
 今年中に予定していた宿題が、これで一つ、片付きそうです^^。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ