久留米絣

 初めての木綿着物に大喜びしていたのもつかの間、二枚目の木綿着物を手に入れました。

Img_119041.jpg
コレです。便宜的に「木綿絣第二号」と命名。


 入手コストは3000円。安いと思って買った先日の木綿絣第一号の1500円が、なんだかやけに高く感じる(笑)。今回のは身丈といい裄といい、ジャスト・マイサイズ。裄出しの必要もないし、状態も良好。洗濯ノリでバリバリだったりもしないので。本場久留米絣とのことです。


 木綿の着物はこれまで、探してもなかなか見つからず、見つかったとしても意外と値が張り、手に入れられなかったのです。だから先日の第一号を見つけたときは「一期一会!」と思い、賭けに出たのですが、ご縁があるとなると、立て続けに二つもやってくるのだから、世の中って分からないですね。



 とまれ、木綿絣が二つあると、比べられて楽しい。

 今回の第二号はとても柔らかく、綿ブロードを少し厚手にした感じの手触りです。ザックリ・ゴワゴワした先日の第一号とは違い、普通に木綿。糸の太さや模様の織り出し方はそっくりですが、触感が全く異なります。

 二号が久留米絣であるならば、一号はまた別の地方の木綿絣で、だから風合いが異なるのでしょうか。それとも、第一号も洗濯を繰り返し、糊が完全に落ちきれば、こんな風に柔らかな風合いになるのかな?

Img_119042.jpg
Img_119044.jpg
近影。上(藍染)が第一号、下(黒地)が第二号。




 しかし、こう写真に撮り、改めてよーく見直して笑っちゃったのが、縦糸と横糸のズレ加減です。

 一号も二号もズレズレ!!


 一号の例↓

Img_119053.jpg Img_119050.jpg
左は合っているところ。右がズレている例。
四角一個分ズレて、四角がほとんど四角になっていない(笑)。



 二号の例↓

Img_119061.jpg Img_119057.jpg
左は合っているところ。右がズレている例。
十字がT字になってしまっている。


 ちなみに、二号のほうが一号よりもズレる量がマシに見えるのは、二号のほうが模様が大きいからであって、ズレている量は変わらないと思います。

 これって、たまたまうちのが二枚ともズレ幅が大きいのか、それとも木綿絣というのは平均的にこれくらいズレているものなのか。どっちなんでしょう?

 確かに、染めと織りの過程で縦糸と横糸が多少ズレるからこそ、カスリが生じるわけであって、全くズレてなかったらそれは絣でもなんでもありませんが、しかし、あの人間技とは思えない大島紬の精緻さと比べると、なんともおおらかというか、大雑把というか・・・(笑)。これが、絹モノと木綿の着物の違いなのかなー?と思ったりもして。

 木綿着物はやはり、紬と比べても、一段と普段着なんだなあ、と納得したのでありました。




 ちなみに、久留米絣の久留米市といえば、松田聖子の出身地というイメージしかなかった(あと藤井フミヤとブリジストン)ので、聖子ちゃんが久留米絣着ている画像とかないかな、と思って探したのですが、残念ながら見つかりませんでした(※ これはひょっとしたら久留米絣かも?)。

 でもその代わり、こんなページを見つけた! 久留米絣を着た女性ばかり十数人が一堂に会しています。圧巻ですねえ~。

 あと、久留米絣の振袖も! 奄美大島では近年、大島紬を着て成人式を迎える新成人が増えているというから、久留米市でもあるかな、と思って検索かけてみたら、本当にあった! いいですねえ~。素敵!

 なんだかすっかり久留米気分(どんな気分だw)に浸りました。着物っていいな。着物を通して、いろんな世界がどんどん広がります。

 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ