紅葉を見に鎌倉へ

 夫の予定が突然空いたので、ほんのちょこっと鎌倉へ行ってきました。鎌倉の紅葉シーズンは12月に入ってからが本番ですが、場所によっては紅葉が始まっているかな、と思って。

 鶴岡八幡宮を皮切りに、英勝寺 → 化粧坂 → 源氏山公園と回るつもりでしたが、英勝寺は、ちょうど出ていらした方が「紅葉はまだまだでした」と教えてくださったのでパス、化粧坂は土砂崩れで通行止めになっていたので予定変更、鶴岡八幡宮と海蔵寺へ行きました。



Img_119610.jpg
海蔵寺の門付近にて。ちょうど閉門時間で、中には入れませんでしたが、門の前の紅葉がとてもきれいでした。

Img_119590.jpg Img_119626.jpg Img_119634.jpg



 一方、鶴岡八幡宮の紅葉は、まだまだこれから。でもここでは菊の展示が見られました。

Img_119440.jpg Img_119416.jpg Img_119425.jpg
この羽織を着ていってよかった! 花とお揃い~!


 鶴岡八幡宮では、着物姿もたくさん見ました。七五三、結婚式、お茶会、紅葉狩りが重なったらしく、お子ちゃまをはじめ、花嫁さんの大振袖、留袖、訪問着、色無地、小紋、紬まで、ありとあらゆる着物姿が一堂に会していました。女の子の着物姿も可愛いけれど、男の子の袴もいいですね。女の子でも袴の子、大人の袴姿も見ましたよ。



 しかし鎌倉ってきれいですね。お寺や神社の中だけでなく、町全体に自然があふれていて、歩く道すがらも楽しい。夫もわたしも、上ばかり見て歩いていたので、後ろ首が疲れました。

Img_119489.jpg Img_119713.jpg Img_119375.jpg Img_119485.jpg
わたしの着物も秋の一部になれたかな?

 海蔵寺の前で写真を撮ってさしあげた女性が、からし色のプルオーバーを着ていらして、紅葉ととてもマッチしていました。洋装・和装を問わず、季節に合った装いって素敵だな、と改めて思いました。




 本日の装い:

Img_119286.jpg Img_119306.jpg
着物:マルチカラーストライプの信州紬
帯:秋模様の半幅帯
半襟:黄色系の綿ブロード(自作)
帯揚げ:橙色のちりめん
帯締め:洗朱色の三分紐
帯留め:牛革で自作した紅葉の帯留め

 帯は、菊・松葉・銀杏・紅葉満載の秋柄なので、「今の時期に締めなくていつ締める?」と思い、迷うことなく、これにしました。

 ただこの帯、ものすごーーーく地味っ!! 着物に合わせると、着物まで一緒に地の底まで地味になるので、帯揚げで鮮やかな橙色を挿し、三分紐も明るめにしました。あとは羽織の赤みが救ってくれたかな?

 天候は晴れ、日中の最高気温は16.9度。長襦袢の下にヒートテックを着ていったら、羽織を羽織ってちょうどよく、快適でした。
 



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ