マイ・ファースト・カフェぞうり

 菱屋カレンブロッソに出向くこと三回目、ついにカフェぞうりをゲットしました!


Img_110470.jpg
↑これです。
台:ベージュ、天・鼻緒:象牙、
先坪:枯野、本天:紫

 色オーダーはせず、先週見せて頂いたものを購入しました。どなたかのオーダーミスだそうです。台の色が、意図していたものと違っていたのですと。

 でもわたしはなにより、この台が気に入りました。その理由は二つ。

1.カフェぞうりで一番の定番色だから

2.柾目が非常に美しいから

 台の柾目には個体差があり、気に入ったこの柾目を逃したら、いつまた会えるか分からないと思い、決めました。実をいうとこの草履、自分がオーダーしたわけでもないのにオーダー料込みで、そこが最初腑に落ちなかったのですが、でもとにかく「この個体」が欲しかった。

Img_110472.jpg
ベージュの台はカジュアルな雰囲気。
でもこんな生真面目な柾目だと、「きちんと感」が少し上がる気が。


 また、全体の色バランスが絶妙。

3.上品でありつつ、同時に粋

4.先坪と本天が汚れの目立ちにくい色

5.本天の紫の主張が強すぎず弱すぎず、ちょうどいい

というわけで、わたしのニーズにピッタリ!

Img_110475.jpg
履いてみたところ。

 本天が臙脂の草履を試着したときは色のコントラストが強すぎると感じたのですが、この紫は若干渋めだからか、そこまで主張しない。


6.手持ちの着物に合わせやすい

 ◎ 柄に紫が入った着物には、文句ナシに合うと思う。

Img_03x.jpg Img_06x.jpg Img_07x.jpg Img_08x.jpg Img_13x.jpg Img_12x.jpg Img_29x.jpg Img_35x.jpg Img_02x.jpg
柄に紫が入っている着物、数えてみたらなんと、こーんなにあった!!


 ◎ 天と鼻緒が穏やかなアイボリーなので、中間色の着物にも合いそう。

Img_36x.jpg Img_19x.jpg


 ○ 紺・藍色系統の着物にも、黒や茶の草履よりは合いそう。

Img_05x.jpg Img_11x.jpg Img_34x.jpg Img_21x.jpg


 △ モノトーン系にも、合うというほどではないが、合わなくもないと思う。

Img_01x.jpg Img_04x.jpg Img_10x.jpg Img_17x.jpg


 × 唯一いまいちなのは、黒×赤のパッキリした着物。

Img_32x.jpg Img_30x.jpg Img_14x.jpg

 でもこれらには当面、今履いている黒い鼻緒の草履を合わせればいいし。


7.現物なら待たずに手に入る

 実はこれも大きな魅力でした。憧れのカフェぞうりを早く履いてみたくて仕方がなかったから。


8.現物を見て買ったほうが安心

 最初はカラーオーダーというのをやってみたかったのですが、この草履を見た瞬間、自分ではなかなかこんなに絶妙な配色はできそうにない、と悟りました。部分ごとの色見本は見られても、それが全部合わさって草履になったときの姿が想像できなかったし、ネットのカラーシュミレーションも、実物とは多少色の見え方が違って不安だし、なので初心者らしく、手堅く目の前の現物を買うことにしました。



 
 もっともらしい理由をズラズラ書き並べましたが、実は理性的に考えて決めたわけではなく、直感的に「欲しい!」と思って買った、というのが本当のところです。先週見て、一目惚れした^^。

 あんなにいろいろゴチャゴチャ考えたのに、結局直感で決めちゃった。ハハハ・・・、人間ってそんなものだよね?!

 さあ、大物を買ってしまったからには、仕事、頑張らないと~!



 ちなみに今回の店員さんは、最初のときと同じ方で、白の台に藍色のエナメル、江戸小紋の鼻緒のついた草履を履いていらっしゃいました。伊勢丹オリジナルなのですと。

 着物はデニム着物。デニム着物、マネキンさんが着ているのは見たことあるけれど、生で人が着ているのは初めて見た~! 帯は蕪村庵の半幅だそうです。ポリでも蕪村庵のものは緩まないっておっしゃってました。

 店員さんの着こなしを見るのが毎週楽しみでした。草履はもう買っちゃったけれど、学校のついでにまた寄ろうかな^^。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ