スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き抜き結びで8通りの帯結び

 タレだけ色が違う帯に憧れていました。たとえばこういうのとかこういうの。紅型の帯にはよく、タレだけ鮮やかな色の無地というのがありますよねー。そういうのに憧れていましたが、まだ持っていません。

 また、昼夜帯とかリバーシブルの帯で、タレだけ裏を出す、というのをよく本で見かけて、あれはどうやって結ぶのだろうと、ずーっと知りたいと思っていました。結び方の名前が分かるといいんですけどね。結び方の名前が分からないと、検索をどうかけていいのかも分からない。

 でも頑張って調べ、やっと分かりました。「引き抜き結び」という結び方をすると、帯の両面が使えるらしい、と。

 早速、やってみました。リバーシブルの帯は持っていないのですが、裏も使えそうな袋帯を1本持っていることを思い出したんです。

Img_122215.jpg Img_122207.jpg
① こういう帯です。裏は紺色の細いストライプ模様。



 引き抜き結びの参考にさせていただいたのは、はんなりくらぶ(ひぐまさん)の「帯の傷まない引き抜き結び」。引き抜き結びの結び方は他にもいくつか見つけましたが、このページが一番わたしには分かりやすかった。

Img_121000.jpg Img_120997.jpg
② 早速やってみました。

 見事、タレだけ裏が出て、違う色になりました! 良く見ると、実はお太鼓模様も上下逆になっていますが、幾何学柄なので、気にならない。この帯は柄がうるさいので、これくらいのほうが、すっきりしてていいかも~!

 面白いのは、このひぐまさん考案の結び方だと、前帯の模様も変わることです。一見、ここも帯の裏が出ているように見えますが、実はこれは六通帯の柄のない部分。すっきりしているので、帯留めが目立つ^^。

 帯留めを目立たせたいときは、柄のない部分をわざと出せばいいのですね! 目からウロコ!! 前柄がうるさすぎて帯留めが目立たない~!という悩みがこれで解消されました。



 尤も、前柄を出したいときもある。そんなときはひぐまさんの「引き抜き結び」に、中ざくらさんの「簡単帯結び」を応用すると、

Img_121014.jpg Img_121017.jpg
③ お太鼓のタレには裏が出て、前帯は柄が出る~~!


 逆に、お太鼓は普通で、前帯だけ六通の無地場を出したいときは、中ざくらさんの「簡単帯結び」に、ひぐまさんの「引き抜き結び」の、胴帯の巻き方だけ応用すればいい。


 つまり、この二つのやり方を組み合わせると、お太鼓二通り×前帯二通り=四通りの結び方が可能になるわけ。 

 更に、前柄つきの昼夜帯なら、裏返しにしてそれの倍の組み合わせがある。つまり、

1本の帯で八通りの結び方が可能!!


お太鼓 たれ 前帯 写真
表    表  柄あり ①
表    表  柄なし    
表    裏  柄あり ③ 
表    裏  柄なし ②
裏    表  柄あり ④
裏    表  柄なし
裏    裏  柄あり
裏    裏  柄なし




Img_121022.jpg Img_121027.jpg
④ たとえばこんな結び方もできてしまう^^。

 こんな柄の出し方は、実際に出番があるとは思えないけれど、でもこんな可能性もあるんだと思うと、なんだか楽しい^^。



 まだ結び慣れないので、あっちがゆるみ、こっちがゆるみ、うまく締められませんが、練習して、上手に締められるようになろう~!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。