つまみ細工で松竹梅の帯留め

 ちりめんでお正月用の帯留めを作ってみました。

Img_121487.jpg
正月 → めでたい → 松竹梅という短絡発想。

Img_121480.jpg
前から見たところ。


 つまみ細工を作るのは初めてなので、図書館で本を借りました。

Img_121456.jpg
つまみ細工の本―小さな布からはじまる美しい世界」。

 類似書の中で、一番たくさんの種類の花の作り方が載っていたので、これにしました。

 しかし図書館の順番待ちが大変だった・・・。待って待って待って待って、2ヶ月待ってやっと借りられました。借りているうちに愛着が湧いてしまい、結局購入することに(最初から買えばよかった・・・)。


 デザインは、ネットで「つまみ細工 松竹梅」で検索をかけて探し、自分の好みと能力に応じて適当にアレンジしました。


Img_121433.jpg
材料:
 化繊ちりめん各色
 ペップ(花芯)8本・ペップを束ねるための細い針金(#30)5センチ
 直径37ミリのくるみボタン1つ
 帯留め金具1つ

道具1(ちりめんを測って切る):
 定規
 ボールペン
 布切りハサミ

道具2(ちりめんを形にする):
 ピンセット
 でんぷん糊
 木工用ボンド
 木の板(まな板で代用)
 糊ヘラ(バターナイフで代用)

道具3(台を作る):
 ペンチ


 他に、塩素系漂白剤、アイロン、グルーガン、ボール紙、針と糸などを使いました。

 道具を揃えるのが大変そうに見えますが、実は、ちりめん、くるみボタン、ペップ以外はどれも家にあるものばかり。

 ちりめんは、ヤフオクで、こちらの出品者さんから購入。26cm×20cmが15色入ってなんと即決価格500円でした(+送料80円)。ダイソーの「ちりめん風カットクロス」と同程度の価格で、しかも色が一気に揃ったので大助かり。

Img_129018.jpg
ダイソーのより、光沢があってきれい。たくさんあるので、いろんなものがい~っぱい作れそう。


 くるみボタンはダイソーのくるみボタンキット超特大(直径38ミリ)を購入。5サイズあり、二番目に大きいサイズは「特大」で、直径27ミリ。

Img_121028.jpg
105円でなんと九個入り。

Img_121036.jpg
くるみボタンなので、ボタン裏には糸通し用の金具が。
帯留め金具をつけるとき、これは邪魔になるので、予めペンチで抜きました。



Img_121436.jpg
ペップは手芸店で1袋100円。
半分に切って先から1センチくらいのところにボンドをつけ、針金を巻いたら準備完了。




 ちりめん布は定規で測ってボールペンでしるしをつけ、布切りハサミでカット。これが難しかった。丁寧に切らないと、正方形にならない~><。けっこう気をつかいました。

Img_121438.jpg
土台(薄ピンク):直径38ミリ(布の大きさ:直径65ミリ)
松(緑):5枚(28ミリ角×1、26ミリ角×2、24ミリ角×2)・・・剣つまみ
竹(薄緑):45ミリ角×3枚(仕上がり寸法:40ミリ)・・・丸つまみ
梅1(赤):30ミリ角×5枚・・・丸つまみ(梅型)
梅2(白):28ミリ角×3枚・・・丸つまみ(梅型)



 竹は、より竹らしい感じに仕上げるため、一角を酸素系漂白で脱色。アイロンで乾かしました。これはわたしのオリジナル^^。

Img_121443.jpg

Img_121447.jpg
濡らすと布が縮むので、アイロン後、もう一度40ミリ角に切り揃え。
つまむときは、黄色い部分が内側にくるように。


 つまみ細工の基本的なつくり方は、you tubeでも見られます。
 ・丸つまみ1その2
 ・剣つまみ
 ・梅の花

Img_121448.jpg
作ったパーツは糊台の上で30分ほど休ませます。

 でも、この糊に花びらを置くところが、これまた意外に難しい。きれいに置いたつもりでも、時間が経つと、口がだらしなく開いてきてしまう。

 そこで足りない技術を浅知恵で補うことに。

Img_121454.jpg
針で串刺しにしておけば、口が開いてこないのさ♪
そのまま針を引けば、パーツごとに糸で繋がるのさ♪♪

Img_121461.jpg
パーツを台にボンドで貼り付け中。

Img_121466.jpg
梅1と竹は、ボール紙(ロールペーパーの芯)を裏につけて補強しました。
梅1はペップを先に台の中央にボンドで貼り、その周りを花弁で取り巻くようにつけました。

Img_121470.jpg
グルーガンで裏に帯留め金具(自作)をつければ完成♪


Img_121487.jpg
もう一度、仕上がり図。



 これで、一月の帯留めも完成。

 ついに12ヶ月の帯留めが揃いました。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ