12ヶ月の帯留め

 毎月一つずつ挑戦してきた12ヵ月の帯留。一年かけてやっと十二ヶ月分が揃いました。

 やったこともないクラフトに次々挑戦しつづけた一年間でした。「これ、本当に仕上がるんだろうか」と実は毎度不安だった(笑)。とりあえず仕上がって、しかも一年間続けられて、本当~によかったです。

 また、材料費をかけずに済んでよかった。新しい手芸に挑戦するときって、まずは特殊な道具を揃えないと、という気がするじゃないですか。でも帯留め一つ作るのにいちいち特殊なクラフト用品揃えていたらきりがない。第一、立派な道具を買ってしまった日には、一生そのクラフトをやり続けなくてはならない羽目になる。家にもともとあるものや100均商品などで代用し、「ほんのお験し」でいろんなことを少しずつ体験できてよかったです。



 季節限定柄の着物や帯を揃えるには資金が足りない。でも季節に乗る醍醐味は体験したくて始めた帯留め作りです。月ごとに一つずつ作ったことで、いい歳時記になりました。

 今月はどんな帯留めを作ろう?と考えると、自然に季節を意識する。季節ごとのモチーフを用い、自然と、夏は涼しげに、冬は暖かみのある素材に目が向く。石やガラスなど、固い素材は涼しげに見え、羊毛、布など、柔らかい素材は暖かみを感じるようですね。

 また、こう並べてみると、見事に夏場は寒色系、冬場は暖色系を多用しているのが分かります。やはり季節ごとの色って、なんとなくあるんですねえ。



 帯留めってこんな小さいものなのに、意外と目立つ。会話のきっかけになってくれることもしばしばで、だから帯留め大好き♪

 決して出来はよくありませんが、一目で手製と分かるイビツな帯留めしてるのも愛嬌のうち、と思っています。



1月:つまみ細工で松竹梅の帯留め 2月:羊毛フェルトで梅の帯留め
1月:つまみ細工で松竹梅の帯留め
2月:羊毛フェルトで梅の帯留め


3月:はまぐりで桜の帯留め 4月:ワイヤーアートでクローバーの帯留め
3月:はまぐりで桜の帯留め
4月:ワイヤーアートでクローバーの帯留め


5月:陶器+ネイルシールの帯留め 6月:真珠でアジサイの帯留め
5月:陶器+ネイルシールの帯留め
6月:真珠でアジサイの帯留め


7月:天然石で千鳥の帯留め 8月:ガラスで渓流の帯留め
7月:天然石で千鳥の帯留め
8月:ガラスで渓流の帯留め


9月:ちぎり絵で十五夜の帯留め 10月:折り紙で薔薇の帯留め
9月:ちぎり絵で十五夜の帯留め
10月:折り紙で薔薇の帯留め


11月:牛革でもみじの帯留め 12月:木彫りで椿の帯留め
11月:牛革でもみじの帯留め
12月:木彫りで椿の帯留め


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ