今年の決算

 今年一年、着物にはずいぶんと楽しませてもらいました。

 もうすぐ今年も終わりなので、今日は今年一年を金銭面から振り返って見たいと思います。



 今年はよく着物を買いました。年間の着物関係への出費は概算で約22万円。総予算は24万円だったので、一応予算内。ただし、商品券や溜めたポイントで買ったものもあります。

 1月に決めた目安を守り、質より量を優先して揃えました。オークションを利用することが多かったです。

 買った枚数は、着物・帯、帯締めともに20~30本。帯揚げを12枚くらい。その他、前結び用帯板とか美装衿など、着付け用品も買いました。

 予め「着物は一枚1万円、帯は一本五千円まで、その他の小物は2000円くらいまで」と決めたとおり、一番高かった着物は7000円、帯は4500円くらい。帯周りの小物は、2000円をわずかに超えたものがいくつかあります。最後に買ったカレンブロッソの草履は別格で約2万円。今年最大の和装出費でした。

 ちなみに一番安かった着物は520円、帯は110円でした(※ 以上、金額はすべて送料・諸費用込み)。

 着物は、一枚あたりの金額を抑えて枚数を揃え、正絹、本麻、木綿、ウール、ポリエステル、人絹、混紡など、一通りの素材を試すことができました。袷、単衣、夏着物を揃え、大島紬や小千谷縮、久留米絣など、有名産地モノも一応試せました。

 帯や小物などは帯・小物一覧表を作り、それに沿って色を揃えたので、一通りのカラーコーディネートが楽しめました。




 今後は着物はもう買わず、むしろ減らそうと思っています。

 どんどんいいものが欲しくなり、あとから買いなおす羽目になるかと思いきや、意外とそうでもなかった。素材のお験しや一時しのぎに買った数枚を除くと、けっこう気に入っているものが多いので、今後も引き続き愛用するつもりです。

 すぐシミをつけたり汚したりのうっかり屋のわたしには、せいぜい数千円くらいの着物が分相応。何万円もする着物を買ってしまったら、中古であれ新品であれ、とても怖くて着られないと思うので(特に洗えない絹物)、今後も礼装用以外、一万円以上の着物には手を出さないことにしました。


 一方、帯のラインナップにはちょっと不満が残る。色を揃えることに必死のあまり、見切り発車で買ってしまったものもあり、整理が必要。色は一通り揃ったので、今後はじっくり腰を落ち着けて気に入ったものに絞って買い足し、充実させていきたいと思います。

 帯周りに関しては、帯締めはだいたい揃いましたが、帯揚げはもう少し色のバリエーションが欲しい。また、一番欲しいのは帯留め。小物は2000円の予算では厳しいと実感したので、予算をもっと広げて、気に入ったものをじっくり揃えていきたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ