スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、コスプレです

 8年ほど前から常に何らかの言語にハマってきました。そしてその間ずっと悩まされてきたのが、「なぜその外国語を学ぶのか」という質問です。

 なぜこれが悩みかというと、なぜ学んでいるかなんて、自分にも分からないからです。ただ好きだから、面白いからというだけで、「じゃあどうして好きなのか」と突っ込まれると、もう何も答えられない。

 だからこの質問はすごく苦手なのですが、しょっちゅう人にきかれ、曖昧な答えではなかなか釈放してもらえない。苦労して学ぶからには、何か崇高な理想、或いは野心を秘めていると思われてるらしい。

 辟易して、いっそのこと「文化の架け橋になるため」とでも答えたろか、と思うのですが、そんなクサいセリフは死んでも言いたくない。



 ところが1年前、この悩みは一瞬にして解決しました。

 なぜかというと、もっと大きな十字架を背負い込んだからです。「着物を着る理由」という。

 「なぜ着物を着るのか」という一大命題を前に、「なぜ外国語を学ぶのか」なんて問いは、正直、どうでもよくなりました。「神のご意思に従っているまでです」とか答えて煙に巻きつつ、心の中で「好きだからだよ、悪いか」と一蹴して、ハイおしまい(笑)。



 ところが、人間というのは、・・・いや、わたしだけかもしれませんが・・・、応用力が不足しているのですね。

 「好きで着物を着て何が悪い?!」と啖呵を切れないところが悲しい。「いい年して、目立ちたいのかしら?」「新手のコスプレかしら?」という怪訝そうな視線に、この一年、いつもビクビクしていました。

 とはいうものの「文化の架け橋」と同じレベルで絶対言いたくないのが、「日本古来の伝統を守るため」という理由です。一体なに様だよ、って感じ。そんな大義名分、背負いたくない。「着物を着るのは、伝統を守るためですか、それとも何かのコスプレですか」と二者択一を迫られたら、迷うことなく「コスプレ」を選びます。

 まあ、わたしが着物を着る動機のひとつに「せっかく世間には中古の着物が溢れかえっていて、安く買えるのだから」という「もったいない精神」があるのは確かなので、広義ではこれも「伝統を守る云々」に入るのかもしれませんが、伝統がどうとか、和の心がどうとか、日本人だから・・・とか言われると、体中がかゆくなる。

 逆に「コスプレ」という言葉は妙にイメージが悪く、これはこれで居心地が悪かったのですが、最近次第に「コスプレ」というのもあながち間違いではない気がしてきました。

 「コスプレ = 漫画・アニメ・コンピューターゲームなどの登場人物の衣装・ヘアスタイルなどをそっくりそのまままねて変装・変身すること(※goo辞書より」と聞けば、着物とは全然関係ない気がしますが、根っこの部分で共通するものがあるからこそ、そう思われるのでは。



 以前「着物を着る理由」に、

1.着物を着ていると、いつもの風景が違って見えるから

2.着物を着ると、いつもとは違った出会いがあるから

という理由を挙げました。


 1の理由をもっと突き詰めると、結局わたしは、いつもとは違ったものを身にまとうことで、いつもの自分とは違ったモノになり、いつもとは違った世界に身を置きたいのだと思います。

 それはまさしく「コスプレ」の動機と同じもの。つまり「変身願望」です。「着物」というキーを使って、この世にいながらにして、別の世界に飛び込みたいんだと思う。

 わたしにはもともとそういう血が流れていて、大正後期か昭和初期に撮ったと見られる、祖父の女装や歌舞伎役者のモノマネ写真が、今でも残っています。

 わたしの祖父に限らず、もともと日本にはそういうルーツがあるのかも。桜や梅の枝を帯に描いて背中にしょってみたり。これって、西洋の感覚からすると、相当ヘンですよね。オマエは紅天女か、ってカンジ。でもそのヘンテコさを愛し、これを「日本の伝統」と人は呼ぶ(笑)。


 また2に関して言えば、わたしは外国人にウケたい。つまり「目立ちたい」んです。

 「日本に行ったら、ホントに着物の人がいたよ」って驚いてもらいたい。面白がってもらいたい。自分が外国で民族衣装の人を見かけると嬉しいから。そしてあわよくば、話しかけてもらいたい。

 相手が日本人でも同じです。街で着物を着ている人を見かけるとわたしは嬉しい^^。話しかけたいな、って思う。でも勇気が出なくていつも素通り。だから自分が着物を着て、誰かに話しかけてもらえたら、すごく嬉しい。



 ・・・あ! いま突然分かった。わたしが苦手な「お出かけですか?」という質問。あれって、着物の人に何か話しかけたい。でもなんて言って話しかけていいか分からないから、そういう質問になっちゃうんだ!!

 そうか、せっかく勇気を出して話しかけてきてくれた人に、わたし、今まで困惑した顔を見せてしまっていたかもしれない。話しかけられるのを心待ちにしているクセして、実際話しかけられると、何言われるかと身構えちゃってた。うわー、もったいないことしちゃった。申し訳なかったな。ごめんなさい
 


 これまでずっと、着物を着ていると、「目立ちたいの?」と思われるのが怖かった。「コスプレ」と言われるのがイヤだった。「目立ちたがり」と「コスプレ」、この二つが恐怖で、ビクビクしていました。

 でも今から思うと、全くの見当外れではなく、自分でも心のどこかでそんな気がするからこそ、よけいに怖かったのかも。

 「ええ、目立ちたいんです。コスプレなんです」と認めてしまえば、怖いものは何もない。「なぜ着物を着たいの? 目立ちたいの?」という問いに、「うん、そう。目立ちたいの」と、笑顔で答えられたらいいな^^。


 コスプレでも何でも、理由なんかどうでもいい。文化とか、伝統とか、そんな大げさな理由でなくていい。理由なんて、なくたって構わない。いちいち理由なんて考えてたら、なんにもできないよ。

 だからこの悩みは今年でおしまい。来年はもう、こんなことで悩みません。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。