銘仙の裄出し

 今年最後の裄直しをしました。正月に、娘に着せようと思っている銘仙です。袖と身頃からそれぞれ1.5センチ出しました。

Img_121782.jpg



 あー疲れた。なんやかんやで足掛け4日、合計5時間くらいかかりました。

 相変わらずグズだなあ。着物を直していると、1、2時間がアッという間。


 銘仙にしては生地の状態が良く、縫い直すにも危なげがなかったのは有難いことでしたが、今回の着物は元の縫い方が摩訶不思議すぎた・・・。

 縫い方の順番が普通と違っていたり、曲線でもない部分にミミの切れ込みが入っていたり。縫い方も割と雑で、縫い目が若干ツレていたりもするので、もしかしたら、あんまり上手でない人が縫ったのかも。

 裾がかぶり気味なのも、経年変化のせいなのか、はたまた縫い方のせいなのか・・・(謎)。でも袋まで直していたらきりがないので、今回は諦め。気になるところだけアイロンをかけてごまかすに留めました。


 何かと勝手が違い、それも面食らいましたが、何より一番大変だったのは、元の糸を解いたときです。生地と縫い糸が一体化していて、糸を引っ張ると、キシキシ言う感じ。糸が抜けなくて抜けなくて、閉口しました。

 この状況からして、やっぱりこの銘仙、古いものなのかなあ?? 生地の状態からすると、戦前のアンティークには思えないのですが。

 糸が抜けにくいのは、銘仙の特徴、とも考えられるな。他の絹物よりも目が詰んでいて、縫いにくい(糸がひっぱりにくい)ように感じました。

 筋消しにはそれほど苦労しませんでしたが、平織りなだけに、あんまりギュウギュウかけると、当て布をしていてもそこだけペッタリ平らになりすぎるので、アイロンには気を使いました。良く見ると元の筋が残っていますが、ま、いっか。

 裏地の縫い合わせは今回珍しく、ほとんどクケで処理。ヘタクソですが、とりあえず繋がりました。



 まあなんであれ、年内に無事直すことができてよかったです。

 今年一年、中古着物の裄直しに追いまくられ、一時はこのブログもほとんど「裄出し日記」と化していましたが、今年の裄出しはこれでもうおしまい。来年はもう着物は買わず、裄出ししなくて済む人生を歩みたいです。



 ・・・って、ハッ、そうだ。夏までに小千谷縮と絹紅梅の裄出しをしなくちゃならないんだった;;



 そうか・・・。来年もまた裄だしが待っているか・・・ガックリ。

 まあ、糸を解いたり縫い直したりで生地に触れていると、着る以上に生地の性質がよくわかるので、あとあと考えれば裄出しは、とても良い経験ではあるのですが。

 でも作業している最中は、上手くいかなくて、時間ばかり食って、もう泣きそう~。何度やっても慣れない。上手く行かない。

 縮んでしまった木綿絣第一号はもう裄を出さず、テーブルセンターにでもリフォームしようと思います。いくら洗っても藍の色落ちが止まらず、帯を汚しそうで怖いので。


 とにかく、来年はもう着物を買わない! これ以上裄出し作業を増やさない!!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ