スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物から夏羽織のリフォーム

 二重紗の夏着物をリフォームして、夏羽織・第二号を作りました。

Img_568271.jpg
気に入ってるものの、いまいち着るチャンスのない極妻風(?)着物を利用。


 作り方は基本的に、二年前に作った夏羽織・第一号と同じ。ただ今回は、元の着物の衿が短く、身丈100センチの羽織の衿にするには足りなかったので、おくみと衿を途中ではぎ合わせました。

Img_568248.jpg Img_568268.jpg
ビフォー(左)とアフター(右)。

 わざわざ斜めにはぎ合わせたのは、そのほうがデザイン的にかっこいいかな、と思ったから。でもバイヤスなので縫うのが大変~! どうしてもズレたりヨレたり思うように縫えず、何度もやり直しました。

 おくみと衿が着物についている状態のままはぎ合わせたのもよくなかったかも。おくみを着物から一旦全部はずし、斜めに衿とはぎ合わせたあと再度縫いつけたほうが、むしろラクだったかな。急がば回れ(笑)。

 今回は背当てがついていないのはラクでしたが、掛け衿を外したら、衿まで外れかけ、慌てて縫い直し。

 内揚げのほうが背中心より先に縫ってあって、内揚げをおろしたら、背中心まで縫い直さなくてはならなくなったり、しかも別布でくるんであり、面倒くさいったら・・・。

 また、衿の裏に白い接着芯を買ってきてつけたら、やたら透けて白が目立つ。そこで、せっかくアイロンで接着した芯をバリバリ剥がし、黒い接着芯を買いなおして付け直しました。


 ・・・そんなわけで細かい部分にてこずり、仕上げるのに足掛け三日、8時間以上もかかってしまいました。裁縫は若い頃からずいぶんやったんですが、それでこの手際の悪さ。呪われているとしか思えない・・・(涙)。

 まあでもとにかく、形になってよかったヾ(*´∀`*)ノ 着るのが楽しみです♪
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。