鎌倉ぼんぼり祭

 下の娘と一緒にぼんぼり祭に行ってきました。毎年、8月7日~9日(年によって若干異なるらしい)に鶴岡八幡宮で行なわれるお祭りです。

Img_588862.jpg

 8日の夕方に行きました。大勢の人でにぎわっていました。

Img_588782.jpg Img_588854.jpg

 着物・浴衣の人もたくさんいましたよ。中高年の夏着物姿や、若い浴衣カップルも多かったです。なんとなく、10人に一人は和装だったような。


 素敵なぼんぼりの列が、メインの参道だけでなく、源頼朝・実朝を祭った白幡神社のほうまで続いていました。なんでも9日は源実朝の誕生日なのだとか。ぼんぼりの絵や書は、鎌倉にゆかりのある文化人が奉納するのだそうです。

Img_588790.jpg Img_588791.jpg Img_588813.jpg Img_588805.jpg
夕方6時半頃まではまだ明るく、ぼんぼりには火が入っていませんでした。


Img_588814.jpg Img_588816.jpg
6時半ごろ、巫女さんたちが一斉に、ぼんぼりに火を灯し始めました。


Img_588848.jpg Img_588842.jpg Img_588850.jpg Img_588847.jpg
瞬く間に日が暮れていき、辺りは幻想的な雰囲気に。


Img_588865.jpg Img_588870.jpg Img_588872.jpg
夜7時からは、舞殿で、「すずむし奉納の儀」と日本舞踊が始まりました。


 帰り際に見た明かりの灯ったぼんぼりは、行きに見たときとはまた違った表情でした。

Img_588798.jpg Img_588901.jpg Img_588783.jpg Img_588917.jpg Img_588787.jpg Img_588912.jpg Img_588777.jpg Img_588924.jpg


【着物】

Img_588940.jpg Img_588943.jpg


 わたしは麻の着物に三重紗の九寸名古屋。帯留めは涼しげなガラス製。ラピスラズリの帯飾りをつけました。万一落とすとイヤなので、根付を安全ピンで帯に固定。

 娘は浴衣。しまった、後ろの帯結びの写真を撮り忘れました。を見ながら自分で「リボン結び」という結び方で結んでいました。蝶々結びみたいに見える結び方です。帯は昨年わたしが気に入って娘用に買っておいたもの。


 お祭りでも最近は意外と大人の浴衣姿がなくて寂しいのですが、今回のぼんぼり祭りは大人の浴衣、夏着物がたくさん見られて楽しかったです。来年以降も夏着物か浴衣を着て、ぜひ行きたいです。

 Img_588934.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ